スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古池や…

古池や…

★この作品も過去に使った別々のイラストを少し手直しして組み合わせたリサイクル作品です。まだ見ぬ宇宙、イメージはどんな勝手なイメージでもありです。

きょうの話題、ちょっと無理矢理ねじ込んだ感がありますが、イメージつながりです。

★先日、松尾芭蕉の生涯を辿った某局の番組を見ました。わずか17文字の表現で、それを読む人々に限りなくさまざまなイメージを広げてくれる芭蕉の偉大さを再確認させてくれた良い番組だった、と私は思いました。

★が、専門家とか、研究者というのは私たちに余分な固定観念を押しつけるところもある、と若干思うこともあります。
その番組の中で、例の『古池や 蛙とびこむ 水の音』の解説をしていましたが、こんなまとめ方をしていました。
『悠久の自然の中に見る 一瞬の生の輝きとはかなさを17文字の中に表現した』 だそうです。
なるほど、うまいことを言うとは思うのですが、絵でも、音楽でも、文学でも、名作古典と言われるものは長い歴史のなかでこねくり回されて、専門家や研究者たちの言葉の博識を披瀝する素材になっているのではないか、と思うことがあるのは私だけでしょうか。この『古池や…』も、『一瞬の生の輝きとはかなさ』と、ピシッと格好良く論評されると、俳諧界での名声を捨てて、全国をボロボロ姿で彷徨した旅姿の私の芭蕉イメージが遠ざかってしまうのです。
俳句には全くのド素人の私にでも、それなりにその時の芭蕉目線をイメージ出来る、それが芭蕉の俳句のステキなところと私はかねがね思っているものですから…。

★では、私のこの『古池や…』のイメージはこうです。この句で私がいつも想起するのは高校生の頃に見た、飛騨の某地区の入植部落の廃村風景です。農家の廃屋の横に、かっては鯉が泳いでいただろうと思われる石で囲われた小さな池があって、そこに浮かんでいる落ち葉が微かに動いていることで、いまでもわずかな山水が流れ込んでいることが分かりました。『古池や…』の句の活字を見るたびに、そのときの廃村風景が脳裏に浮かび、締め付けられれるような自然の静けさを感じるのです。

★絵でも、音楽でも、文学でも、表現されたものは全てそうだと思うのですが、自分の体験や経験、あるいは原風景と知らないうちにつながり、その心の琴線に触れた作品が「好き!」になったり、なんにも触れない作品が「嫌い!」になったり、あるいは「何も感じない…」になったりするのでは、と思います。
えらい先生の論評に左右されないで、自分のレベルで、自分の感覚で、自由に表現されたものと接したいし、表現したいと、その番組をみたあとに思ったのです。

ポチッとお願いします。!

コメント

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★作品を見て、あるいは読んで、印象に残る、感動する、ということは気がつかないうちに自分の原体験と何処かでかかわっているのでしょうね。
★評論家はそれを生業にしているので、まぁ『フーン』と思っていればいいのですが、同じ作家仲間で、他人の作品をとうとうと論評しているヤツ、嫌いです。

こんにちわ・・暑いですね。
個展の際に、友人の友人がじっと見つめる作品があったので、どうしてこの絵に関心があるのか尋ねてみた時、
或いは絵を買ってくれた人が、作品に対する思い入れを語った時、
まさに、玉さんの仰るとおり、彼、彼女らは自らの原風景を想起していたようです。
評論家の感想というのは、あくまでも一つの解釈でしかありませんから。
参考程度でいいと思います。

枯雑草さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★あれだけ多くの句が残っているのですから、なかには本人が気に入らないのも沢山あったでしょうが、後の人がいろいろ解説を加えて全てを名句として残していったように思います(皮肉れているようですが…)
★私の絵の場合は、自分の制作意図と全く異なったとらえ方をした人があったとしても、それだけ選択肢の多い絵だったのだろうと解釈して、むしろラッキーです。

外道sさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★全く同感です。作者が何を思ったかなんてことは分かるはずもないし、どうでもいいことですよね。それを読んだ人が何を感じたかを問うことの方が重要ですね。しかし、それも自分自身の問題ですから、なにを感じようと勝手ですけどね。
★私も、おっしゃるような国語の先生に習ったことがあります。授業の工夫のなく、面白くもないセンコーでした。

nanbuyaさん,こんにちは。

★ありがとうございます。
★あついですね~、芭蕉はこんな酷暑の夏をテクテクと歩いたんでしょうね。気構え、体力、とても我々には太刀打ち出来ません。
★彼、最初の旅は東北だったらしいですね。平泉での『夏草や…』は格好いい句ですね。

芭蕉の「古池や・・」の句、昔から多くの人が色々な解釈を行ってきたものですよね。俳句って短い言葉だし、それに芭蕉は直接自らを表現しない(ように私には思える)ためかもしれません。江戸時代にこの句を「古池や芭蕉飛び込む水の音」と一見ふざけたような解釈をしたお坊さんもいたそうですね。玉さんのおっしゃるように、芸術作品というものは、自分の体験や経験に拠って受けとめられ、解釈され、その人の心に入ってゆくものだと思います。ところで、逆に作者の方から見て、自分の作品を自分の思いとは別に様々な解釈をされるということがあったら、多くの作者は嬉しく思うのでしょうか・・、それとも・・。ちょっと興味があります。

私は学生の頃、国語が嫌いでした。(今でも文章力が・・・)
何が嫌いだったかは、「この時作者は何を考えて居たでしょう?」本人しか解るはずのない・本人にも解らないかもしれない答えを問題にしている事が嫌いでした。私なりの答えを考えて書くと何時も「ピン」です。納得いきませんでしたね。

でも私が変わって居るのかな?

芭蕉の句で思い出すのは我が古里、奥州街道の最初の宿場町、そこの明神様の境内に「風流の初めや奥の田植え歌」の句碑があります。(あれ、この事、誰かのコメントに書いた覚えがありますが、玉清さんではなかったけ。)
芭蕉で思い出すのは杉のうっそうと茂るこの苔むした境内の光景です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/174-897bd018

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。