スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

這っても黒豆

這っても黒豆

★先日、「過剰」の記事で見ていただいた作品の対の作品です。今回は2点しか出来そうにありませんので、二つの作品をB1の大きさに出力して秋の公募展に出そうと思っているところです。私のテーマはあるのですが省きます。、ご覧いただいた方々が自由に何でもお感じいただけばいいのです。ただ、不気味な鼓動が伝わってくる機械の表情(?)を描きたかったのは事実です。

★さて、少し前の新聞、コラム欄で〈這っても黒豆〉という諺を知りました。どういう出来事の例えにこの諺が使われていたかは忘れましたが、私、恥ずかしながら、この年になるまで、この〈這っても黒豆〉という諺を知らなかったのです。

★直訳すると、二人の男が道端に小さな黒い粒が転がっているのを見て、一人が『アッ、小さな虫が!』と言うと、もう一人が『虫じゃないよ、黒豆だよ』と言います。二人が『虫だ』『黒豆だ』と口論していると、その黒い粒がチョコチョコと動き出したのです。黒い粒は虫だったのです。『やっぱり、虫じゃないか…』と言うと、もう一人は悔しくて『いや、絶対に黒豆だ!』と動いている虫を見ながらも最後まで言い張ります。
この逸話が転じて、自分の非が明らかなのに、あるいは明らかな事実がそこにあるのに、それを絶対に認めようとしない負けず嫌いの厭なヤツのことを『〈這っても黒豆〉みたいなヤツ』と言うそうです。
確かに「頑固」とか「意地っ張り」とは少々異なった厭なヤツですね。

★ただ最近、フッと私たちの社会が〈這っても黒豆〉状態なのではないか?、とも思うのです。この調子で進んで行けば遠からず破滅がやってくることは全ての人類が分かっているのに、地球環境悪化の数々の要因も事実も明らかにされているのに、それでも尚、エネルギー消費の便利・快適社会への追求開発を優先させることを「正」としている社会そのものが〈這っても黒豆〉状態ではないかと…。

ポチッとお願いします。!

コメント

たけちゃん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★さだまさしさんの歌、じっくり聞かせてもらいました。とてもいい歌です。何度も聞きました。
★確かによく分かる歌詞ですが、戦後数年後にやっと引き揚げてきた体験の記憶がを微かに残す私は戦争への怒り、怨み、憎しみ、を忘れたことはありません。それこそが平和への強い願望のエネルギーになっていると思います。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★「這っても黒豆」…、遠い日本人の例えのうまさと感性の高さに感心するばかりです。
★現在の環境浄化の関する科学技術の進展は、一つの規制が出来て、それをクリアーしなければ、というところから生まれるといった、いわゆる後追い的なものが多いように感じます。人の快い生活の尊重が先になければ!

地球環境に一番いい事!

「それは人間がいなくなる」事だと 誰かが言ってたでやんすよ
地球あっての人間なんでやんすがねぇ

立場の主張、、、テロ対策 原爆問題 拉致問題、、、
立場は何であれ目的は世界平和なんすけんどね

最近知ったいい曲を玉はんにも♪
http://jp.youtube.com/watch?v=jQxhlFAaCZ8

「這っても黒豆」そんな諺、私も知りませんでした。
地球環境の問題、一部には科学技術の進歩に依存した「画期的な新技術の発見」を期待する楽観論もあるようですが、どうもそういうものではなく、我々の生きる姿勢そのものに係る問題のように思えます。では、掛け声だけで姿勢が改まるでしょうか。金、物第一の社会。それを基準とした勝ち組、負け組の峻別、そんな利己心を煽るような政治体制。それを変えてゆくことも重要な一要素に思えてなりません。この頃、そう思っています。

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★〈PCによる眼精疲労〉、気をつけてください。私も一度PCに向かったら、ずっと区切りがつくまで向かいっぱなしなので、随分、目をやられました。以前、PCなんかやっていない若いときスケッチブックを持って彼方此方に描きに行った頃が懐かしいです。私はダメですね、CGを覚えたら、もうそればっかりなんて…。

PCによる眼精疲労から眼を守るためにご無沙汰しておりました・・。
眼に悪いとわかりながら、現代人は目を酷使する機械を発明し続ける・・これも、「這っても黒豆」でしょうか?

人間が快適さを求めれば求めるほど、軟弱な肉体になってきているような・・

この絵のように、機械が強くなるに従って、人類の生命力が弱くなっていくような・・・。

Bokkasaさん,こんばんは。

★ありがとうございます。
★「這っても黒豆」、言われてみれば、結構こういうヤツいますよね。いや、私もカッーときたときに、こんな状態のときがあるかもしれません。自重!自重!
★今年、クジャクサボテン科の「月下美人」を知り合いからいただきました。来夏あたりには夜中に花開くことを期待してます。

「這っても黒豆」・・・私も知りませんでした。
う~~ん^^^なるほど、なるほど、よくあることですね。
今日も、こんな場面がありました。
内容は、内緒にしておきます。

♪ クジャクサボテン、お見事でしたね。
私も、よくさし芽をして花を育てますが、生命力を感じました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/171-2ce434a6

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。