スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分から

自分から

★このクジャクサボテンもう1ヶ月も前に撮ったやつなので、没にしようと思っていたのですが、最近の事件報道から、フッとこのクジャクサボテンが我が家に来た10年前のことを思い出したものですから、アップすることにしたのです。

★家内が花好きの友人と一緒にあるお宅を訪ねたときのことです。そのお宅にいくつもクジャクサボテンの鉢があって、花好きの友人が見とれていると、ご主人が『お気に入りでしたら一鉢お持ちください』と言ってくださったそうです。家内の車で訪問していたものですから、その鉢をトランクに入れて花好きの友人宅で下ろしてから、帰宅したあと、トランクに中に折れた10センチほどの葉(茎?)が転がっていました。

★家内は『もしかしたら…』と思いながら、そこの辺りのあった鉢にこの葉片を挿しておきました。その葉片が10年経った現在こんな見事なものになったのです。もう3鉢になって、この梅雨の時期にまた数鉢に分けなければなりません。5月半ばのほぼ1週間ですが玄関前を思いっきり華やかにしてくれます。

★クジャクサボテン、折れた小さな葉片でも、土と少々の水と厳寒時の養生さえしてやればいつかは見事に花開きます。

★『肥沃な土がなければ、十分な水分がなければ、自分に適した環境がなければ、俺は我慢できない、自暴自棄になって枯れ果てるしかない』と、言うことでは決してないのです。

★さて、おとなの人間ですが、自分の生き方や思いに周囲の社会環境から近づいてくれるなんてことは100%ありません。だから自分から周囲の社会環境にアプローチする以外にないと思うのです。自分の思いどおりにならないのを社会に責任転嫁して、キレたり、暴発したりするヤツらの心の脆弱さにあきれます。

★いま自分にある環境を足場にして、そこから歩み出す以外に道はないのです。うまくいけば花も咲くでしょうし、うまくいかなければ、またそこから出直しです。キレそうになる自分を必死に押さえながらやっていれば、いつかはきっと!…です。

ポチッとお願いします。!


コメント

枯雑草さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★毎年5月、この花を心待ちにしているのです。ほんの1週間ほどですが…、私のサボテン栽培の経験では冬に家の中に入れる以外は、外に放っておくのが最良のようです。手をかける程ダメみたい。なんか子育てと同じです。

こんにちは。
棄てられた一つの葉片から、こんなに立派な花を付けたサボテンの話。サボテンってほんとに、強い植物なんですね。でも、少々の人の手と、何といっても適した環境がなければ育たない。そう思います。意識を持った人間というものに置き換えると、とたんに話がややこしくなるよう・・。自分の置かれた環境をどう意識するか。自らを客観的に見れること、そして周囲に感謝する気持ち。難しいことですけどねー。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★凄い花でしょ、今日1日かけて結局6鉢に分けました。
★過去、どこかで間違っておれば自分だったかもしれない…、私も同じ思いをします。全ての人はタイトロープの上を歩んでいると思うのです。また、そう思いながらいつも自戒をしていなければいけないとも思います。

見事な花、色、原色の思いっきり自分の存在を主張する花ですね。蝶や蜂を呼び寄せるにはこうしなければ子孫を残せないのかも。
主張できる人はそれなりに道が開けるのでしょう。それができない人は内にこもるだけ、それが今回の事件に結びついたのでしょうか?一歩間違えば自分だったかもなどと、思ったりします。

たけちゃん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私、度量があまり大きくないものですから、普段の生活の中で「怒り」「怨み」のマイナス感情を持つことはいくらでもありますが、まぁ、一過性のものです。マイナス感情よりも若干でもプラス感情の方が上回っていれば良いのではないかと…。

おいら思うんだぁー

天は人にだけ 祈る気持ちと 感謝する気持ちをくれた

今 生きている! 生きてる事に感謝をするなら 一番感謝が伝わるのは なるべく人生を明るく楽しんで 生きる事かな っておいら思ってんねん

苦しみ悲しみは招かなくても 必ずやって来るから。。。

きらりんさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★1片の葉っぱの切れ端がこんなになるなんて、なんか全てのことに希望を持たせてくれます。
きっと良くなる、きっと立ち直れる、必ず良いことがある、と、つい思わせてくれるクジャクサボテンです。
★この花の赤色、なんともきれいでしょ!

へぇ~、へぇ~、へぇ~

サボテンって 逞しいんですね!!!
たま さん家のこのクジャクサボテンも何て運がいいのでしょう!!そして たま家の人たちも きれいな花を毎年見ることができて本当にいい拾い物でしたね。
運 というのでしょうか?運のいい人はきっとついてるついてる って思って 周りの人たちにも感謝している人なのですね。自分のことを人の性にして運がないとかついてないとか言う人は 本当にそうなってちゃうような気がする この頃です。
ア~ッ、そうだわッ、たまさん家にはかわいい緑色の葉っぱのフェアリー が住んでいましたね。現代の座敷わらしとでもいいましょうか・・。
そして 先生の絵とコメントも 生きることを勇気付けられています。感謝です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/169-7ef3f834

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。