スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんちゃん風

あんちゃん風

★私の町で夏に行うコンサートのポスターのイラスト部分です。
今年は市民の音楽家たちが出場するコンサートイベントが3回あるそうで、これからそれぞれに異なったポスターをつくっていかなければなりません。毎年のことですし、そう演奏楽器や内容が違うわけではありませんから、ポスターのイラストもそのうちネタ切れになりそうです。出場者のなかに例えば、スパニッシュダンスとか、タンゴ演奏とか、ちょっと毛色の変わったジャンルの方がおみえになれば、また新しいイラストも出来そうなのですが…。
この絵も、これからも相も変わらずのポスターになりそうです。

★ところで、ヴァイオリンのお兄ちゃんの髪型と顔、ちょっといいでしょ。これまで、毎年何枚もの音楽イベントのポスターをつくってきましたが、気にかけてあえてそうしていることがひとつあります。それは、クラシックであろうが、ジャズであろうが、演奏者のコスチュームや髪型や髪の色を出来るだけ、そこら辺りの街角のいるトッポイあんちゃん風にしていることです。

★音楽でも、絵でも、陶芸でも、アートと呼ばれるもの全般にいえることですが、別世界のものと捉える人がまだいます。
私の先輩がある野外音楽会で演奏する若者の激しいアクションに惹かれて、スケッチブックを鞄から取り出し、その若者の演奏する姿を描き始めたところ、前にいたご婦人がやおら振り返って『音楽を聴きに来たのだから、絵なんか描かないで!』と睨んだそうです。
私にも同じような経験があります。美術館である絵を観ながら友人と普通の声で感想を交えていたら、そこにいた多分アルバイトのコンパニオンのおばちゃんが『黙って鑑賞してください』とぬかしました。

★此奴らのような『アートはちょっとハイブローのものなのよ』と言わんばかりの輩がまだいるから、アートが社会のなかに自然にとけ込まないのです。と、そんなわけで、私のポスターの演奏者諸君は全て、町のあんちゃん風なのです。

ポチッとお願いします。!

コメント

boumamaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★見方や感じ方にまでルールがあるかのごとく、他人にとやかくいうのはこまったものですね。普段の社会生活が規制とルールのなかにあるからこそ、‘アート’という自由の世界があるのですから。
★またステキな水彩を楽しみにしています。

水無月さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★ほんとですね。せめて‘表現活動’ぐらいは、垣根を取っ払って自由におおらかにいきたいものですね。服装や態度や生活で、その人の表現まで判断されてはたまったものではありません。また、表現する方もいちいち気を遣って表現するのもゴメンですね。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★あんちゃん、懐かしくもどことなく温かい言い方でしたね、当時は…。
★さっき、私の町の各流派の生け花展を見てきたところです。艶やかでどれも素晴らしいのですが、各コーナーにそれぞれ‘○○社中’と大きな札が置いてあって、若干各流派のセクト意識を感じました。

たけちゃん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★ご紹介のお二方のページに訪問させていただきました。高橋さんの所へは前もたけちゃんのところからお邪魔したことがあるのですが、そのときも何とも言えない温かく優しい表情に感動しました。お二方ともお人柄がそのまま作品になっているのですね。

アート

この玉さんの意見にはとても賛成です。パチパチ。
何でも決め付けてしまうとなにも見えてこない。
自由な空気があるからこそ素晴らしいものが生まれる。素敵な意見にポチッ。

玉さん、こんばんは。
いいですねー、あんちゃん風!思わずニヤリとしてしまいました。
今で言う「ヤンキー」とは違って、彼らは結構、熱いハートを持っているんですよね。
私も音楽を聴きつつも、スケッチしちゃう人間です。
音楽や絵を楽しむのに、型にはめていたら心から楽しめませんよね。

こんにちは。
あんちゃん風、懐かしい言葉ですね。当時の庶民性を代表する言葉であったような・・。ところで、おっしゃるように、日本人、(それも歳の多い)は、アートを楽しむことが、苦手のようですね。それは、日本の芸事が○○道といったように、お家元の相伝によって育ってきたということと関係ありそうに思います。そういうものは、現代ではアートとは呼ばれないのでしょうけど・・。

そうなんすよねぇ!

>アートと呼ばれるもの全般にいえることですが、別世界のものと捉える人がまだいます

おいらが初めてブロ友になったアーティストは 気さくな玉はんでしたが
その後 http://blog.goo.ne.jp/shogyo-an こんな方や http://www.1-light.com/dollart.htm こんな方ともブロ友となりましたが 気さくな人柄でした
コメントのやり取りが出来ない プライド 敷居の高いアーティストの方も 色んな分野の方も居ましたが それもやはり人柄

おいらのワガママから 中休みしたにもかかわらず
また付き合いを始めてくれた玉はん響さん
これもまた人柄の成す事

人ってアーティストだろうが 一般人だろうが
障害者だろうが どんな分野の人だろうが 結局は人柄っすよね
この場を借りまして お付き合いを再会してくれた
玉はんと響さんに感謝です
縁と人柄なんすね 玉はん これからはじっくりずっぱり
ブロ友よろしくお願いします。。。

響さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★昭和40年代~50年代頃が‘あんちゃん’のピークかな…。街のあちこちでたむろしていた‘あんちゃん’、根は結構良いヤツが多かったように思います。

nabuyaさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★‘あんちゃん’懐かしい言葉の響きでしょ。小さな町の夏祭り、あんちゃんがいっぱいいましたね。日活の映画などにも‘あんちゃん’が画面のあちこちに登場していました。

そんな、町のあんちゃん風ハートな玉さんが素敵です。

あんちゃん風、懐かしい言葉です。
私の中高生の頃、田舎でもいました。ちょっと粋がって、ちょっと不良っぽく、でも意外とぬけてて人が良い。
このイラストのあんちゃん風はちょっと違いますね。あくまでもファッション、自由を満喫の方ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/165-dbb75fb0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。