スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将来

将来

★以前の個展にかけたイラストです。そのとき我が家のみんながお世話になっている病院の院長さんご夫婦が観に来てくださり、この絵ともう一枚の絵を待合室にかけたいからとおっしゃって、お買いあげいただきました。いまでも、他の絵とのサイクルでその病院の待合室に何ヶ月おきにかけていただいています。診療科の中に小児科もお持ちの医院なので、この絵がなにか患者さんたち、特に子どもさんたちの元気を呼び戻す要素があると、もし、その院長さんがお感じいただいてかけていただいているとしたら、これに勝る喜びはありません。

★さて、成長するほどに、大人に近づくほどに、夢がふくらむ。例え、実際は最初に抱いた夢がはずれても、その場その場で、その時々で、また自分の可能性や新しい目的を探すことができる…。そんな生き方の出来る時代を私たちは過ごしてきたように思います。

★でも、どうも今の時代はそれが困難なように感じられなりません。何故でしょう?
自分の将来にたった一つの選択肢しか持たなくて、それが出来ないと‘夢破れたり’と感じる脆弱な若者、破れてもまた次の夢を探せばいいのに…。あるいは、可能性の低い極めて狭き門のみをめざす親と子、もっと他にキミを最大に生かす道を探せばいいのに…。
私の周囲にも、こんな若者が結構います。

★しかし、彼らが悪いのではありません。大人社会の中に自分の輝ける未来を見いだせないから、成長すること、大人になることへの希望も見いだせないから必死になるのでしょう。もちろん、今が、どちらかと言えば暗い話題の多い社会であることは否めないのですが、でもキミたちの未来はもっといい社会になるという大人の気概が、先ず親に必要ではないでしょうか。ちょっと古風ですが、貧乏でも精一杯明るい姿を常に子どもには見せておきたいものです。自由であかるい環境の中で育った子どもたちなら、そんなに落ち込まず、悲観もせず、そのときどきに随所で自分を生かす大人に近づいていくのではないかと思いますが…。

ポチッとお願いします。!


コメント

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★〈レールから外れても、いくらでも別のレールに乗り換えられるという 安心感〉、全くおっしゃる通りだと感じます。それこそが「いい加減な将来展望」ではなくて「余裕を持った将来展望」だと思います。特に、自分にどんな可能性があるかなんてことは、40代頃までは探し続けてもいいんじゃないか、と思います。

昔の女性は夢をもっていても閉ざされていました。
今もまだ、可能性の芽を詰まれることはたくさんありますが、
それでも、夢を追うことが可能であり、
昔に比べてずっと夢がかなう確立も高くなっています。
だから、今の時代を昔より悪いとは感じてはいませんが、
しかし、ご老人を大切にしない政策、
様々なところでまかり通る年齢差別は若者に
未来への希望を失わせる原因になっているのではないかとも思います。
レールから外れても、いくらでも別のレールに乗り換えられるという
安心感がないのかもしれません。

私は、この絵のように、いつまでも、どこまでも夢を追い求めて生きたいです・・。
夢をもつことが、現実の厳しさを乗り越える原動力ですものね。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★自分が望まない仕事でも、そこに精魂を傾ければ、その仕事の中に自分の思いもかけなかった可能性が見つけられる、と今でも思っています。
私は現役のころ、現実を見据えないで、『自分のやりたいことの実現のために頑張れ!』などと言う、通り一遍の‘かけ声進路指導’は大嫌いでした。

リガサキさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★お久しぶりです。私の方こそご無沙汰で申し訳ありません。
★リガサキさんは、ずっと目指して来られたグラフィックデザイナーの仕事をスタートすることが出来て、ホントに幸せでしたね。それもこれもご自身の努力の積み重ねの結果です。
★お仕事の合間をみて、また覗いてくださいね。

響さん、こんばんは。

★この絵に良い印象を持っていただいてありがとうございます。
★ホントに大人は鼻歌まじりの余裕を子どもたちに見せていたいものです。その余裕の姿が彼らに安心と意欲と、ときには勇気を持たせるのだと思います。彼らをいじくり回していたのでは、知らず知らずのうちに彼らの中に不安を増幅しかねないと思うのですが…。
★どうぞ、私の絵でよかったら、いかようにもお使いください。

nanbuyaさん,こんばんは。

★ありがとうございます。
★私もnanbuyaさんと同じです。「成るようにしか成らない」と言う気持ちと「いや、まだ何か出来るはずだ」と言う、矛盾のせめぎ合いの中で、これまでも、これからも行くのだろうと思います。

この夢のような絵が、病院の待合に掲げてあるのですか。素晴らしいことですね。多くのひとに夢を与え続けてきたことでしょう。「その時々の随所で輝け」と上に書いてあるのですね。「平凡な人になれ」といった教師もいましたね。一見、逆の事と見えるかも。でも、現代は、人をあっと驚かせるような事を為すということではなく、自分に身近な人や自然の中で、その幸せのために生きる=輝くことが求められている。私は、この絵を見ながらそんなことを考えました。

ものすごくお久しぶりです

ここ最近ずっと訪問出来てなくてすみませんでした!必死で仕事を覚えている毎日です。

思えば、私は昔から将来の夢を持ち続けて、今も夢が実現してて、すごく幸せ者なんだなと感じます。もちろん進路を考える上で妥協しなきゃいけないこともありましたが、今も毎日が充実してます。しんどいですが(笑)

先行きの見えない世の中ですが、夢は失いたく無いものですね。

素晴らしいです。個展への絵ということで、ひときわ精魂込めたのでしょう。
私自身の状況もあるのですが、なんか応援をいただいてるようなきがします。
お子さんが元気になるのもわかります。
いろんなストーリーが、そのこそのこの頭の中に浮かんで止まらなくなるんでしょうね。そんな自由さがあります。
(私は、永遠の若者だしね。)

文章の方も このブログのテーマである『その時々の随所で輝け!』に即していますね。
現在の玉さんの、世の中に向けてのメッセージなのでしょう。

今の世の中に必要なのは、『メリーポピンズ!』なのかも知れませんね。サウンド・オブ・ミュージックの女性とか。
(どちらも ジュディ・アンドリュースですネ。)
大人の方も、鼻歌出るくらいの余裕をキープしたいものです。

PS:
この絵と、この絵についての感想を私のブログでも紹介させてください。

夢に向かってまっしぐら。
夢の実現の為には人生も生活も犠牲にしてもいいや・・と20代に頃は思ってました。30代になると矢張りせめて人並みの生活がしたい、人並みの人生を送りたい、家庭も持って狭いながらも家も持って、そう願うようになりました。子供にもせめて人並みの事はしてやりたい。周りの子供達が持っているオモチャやゲームは与えてやりたい。だんだん夢から遠ざかって現在に至ります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/161-4a057db4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。