スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンポポ

タンポポ

★以前の絵です。これもその都度の作品にイラストレーターでつくったパーツを寄せ集めて再生した作品です。

★タンポポ、堤防の土手や田んぼの畦に今真っ盛りです。小さな黄色の玉が彼方此方に点在している光景は春の風物詩の代表です。

★さて、このタンポポの葉、サラダの葉ものとしていれると美味しいことご存じですか?先日、家内が料理の得意な友人のつくったサラダをいただいてきたので食べたのですが、そのいかにも春の味がして美味しいこと!聞くところによれば、まだ花の咲かない小さな蕾をつけた頃の柔らかいタンポポの葉を摘んで、きれいに洗って、刻んで入れるそうです。

★でも、このタンポポ、庭には招かざる客です。特に、私のところのように周囲を家に囲まれて、あまり風通しの良くない小さな庭に、どこからか飛んできた種が落ちて一度花を咲かせると、次の年の春には庭のほうぼうに飛んだ種が花を咲かせて居着きます。大事にしているシャガやスズランの間から平気で黄色の花を咲かせるのです。葉を四方に思い切り広げてシャガやスズランを押しのけるように横柄な態度なのです。しかも、その根っ子の太くて深いこと、引き抜くのに一苦労です。落下傘の種をつけないうちに、一つ一つのタンポポを懸命に抜いているところです。

★土手や畦の足下に咲いているタンポポは実に味のある花のなのですが、庭の中では可愛そうですが、ただの邪魔な雑草です。やっぱりタンポポは野辺の花です。

★これが人間なら‘差別!’とヒンシュクをかいそうな春の話題でした。

ポチッとお願いします。!

コメント

nanbuyaさん,こんばんは。

★ありがとうございます。
★タンポポの落下傘種が月夜の空を飛んでいるなんて光景、いいですね。いつか描いてみます。
★タンポポ、明るく快活で、温かい人柄の若い女性の代名詞に使われているようですが、さて…。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★大草原にタンポポの黄色が無数に点在、その光景の美しさが眼に浮かびます。
★聞くところによれば、現在、私たちが眼にしているタンポポの多くは外来のタンポポだそうですね。どおりで根が頑丈すぎると思いました。

足袋ネコさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私のとこの庭は、ネコの額ほどのちいさな小さな地面なのに、これから雑草取りの時期がやってくると思うとイヤになります。もう、夏の半ばには暑くてどうしようもなく、雑草抜きは諦めてほったらかしです。秋になって雑草の中ならムシの声が聞こえて、雑草が枯れて、と、その繰り返しです。

あれ、私も偶然にもタンポポを載せました。
この絵、夕方か早朝の様に見えますが。タンポポはお日様がさんさんと降り注ぐ中に咲き誇る花だと固定観念がありますが、不思議な感じです。いっそ月夜とタンポポなんていかがでしょう。

たんぽぽと言えば、昔昔、北海道の6月。緑の草の上にコインを撒き散らしたようなたんぽぽの花の美しさを忘れることができません。懐かしい花です。そうですね。根がとっても深くて、丈夫そうな植物ですね。でも、ある外来植物のように、他の植物を押しのけてということもなさそうだし、案外しおらしい植物なのかもしれませんよ。

頑丈なタンポポと言えども、一面に苔むした所にはなかなか芽が出てこないようです。
思うに・・・苔が一番強い!?
でも、ちゃんと手入れをしていかないと雑草の方がやっぱり強い。
よく見れば、どのお花も可愛いんですけど
許可を得ないではびこられると・・・・やはり撤退していただかねば。
我が家は、名無しの(単に私が知らないだけ)草花が今ものすごい勢いで成長しております。

たけちゃん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★たけちゃん(今度は、でいいんですよね?)ホントにお久しぶりです。ときどきお邪魔していたのですが、あまりに活動ぶりがお忙しそうで、そのうちに、ついついご無沙汰になってしまいました。またよろしくお願いいたします。ステキなお話を聞かせてください。

しばらくぶりです玉さん!

ブログ界になれるまで雨後曲折がありましたが 自分のペースで また玉さんの美の世界にお邪魔したいと思います よろしくお願いしますです。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/160-9b516671

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。