スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡墨桜☆ノア

淡墨桜☆ノア

41noa.gif

★この地方の今朝の新聞一面トップに載った記事です。岐阜県根尾の淡墨桜の種を宇宙に持っていくという記事です。その研究の詳細は私には分かりませんが、あの淡墨桜が宇宙とつながる、ということに果てしない意義を感じます。

★淡墨桜、1400年間の風雪に耐えて、今なお淡墨のような白灰色の花を咲かせているのです。何度も朽ちる危機に遭遇したのですが地元の方々の苦心に加えて、故宇野千代氏の名作「薄墨の桜」のモデルになったことで、淡墨桜の雄姿が一挙に全国に知れ渡ることとなりました。

★この記事で、今回の事業実現のための労をとったK氏は私と旧知の間柄ですし、この宇宙事業に携わってお見えの研究者Tさんも本県出身の方です。さらにブログ友人のきらりんさんがさまざまな地元関係者との繋ぎをとられたようです。私がこの事業のお話がまだ具体化していない段階でチラッと聞いたのは、まだ最近のことなのに、こんなに早い実現に驚きました。関係者の皆さんの絆の強さと関わった皆さんの淡墨桜への思い入れと愛情の深さに感服しながら、今朝の記事を読んだ次第です。

★さて、きょうの私の絵ですが、イメージの元の元は「ノアの方舟」です。マンガ風ですが…。神の怒りにふれて全世界が大洪水に巻き込まれた中を、自分の家族と一つがいの動物たちを自作の箱船に乗せて何年も漂流した「ノアの方舟」、このノアの勇気と辛抱のおかげで人類や生き物は絶滅を逃れたとは、旧約聖書の話です。遠い紀元前の聖典にある話なのに、なにか科学技術が必要の限界を越えてしまった近未来のことのようでゾッとしないでもありません。が、科学技術の進展は私たちの知らなかった地球の真実を次々に教えてくれています。どの天体よりも美しい星、青い地球を見せてくれたのも、砂漠化で森林限界線が移動しつつあるのを見せてくれたのも、宇宙からの映像でした。宇宙からのメッセージをどう受け止めるかは私たちにかかっています。

★今回、宇宙を旅する淡墨桜の種は、地上に戻ってどんな芽を出し、どんな花を咲かせてくれるでしょう、そして、どんなメッセージを私たちにくれるでしょうか。きっと、その樹齢1400年の生命力が、地上に再び命を育み、輝ける地球の未来を取り戻す勇気を私たちに与えてくれるに違いありません。淡墨桜、まるで地上のノアのようです。
今年も間もなく、淡墨桜は満開を迎えます。

ポチッとお願いします。!


コメント

水無月さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★この淡墨桜、長い枝にいっぱいの支え棒が施されていて、その全体の風貌がなかなか見事です。全国から、特に日本画家の皆さんが、スケッチに訪れています。でも、あの1400年の命のたくましさはなかなか紙上には表現出来ないのではないか、と思います。
★少林寺娘さん、もうすっかり‘大学生’をやっていますか?

玉さん、こんにちは。
淡墨桜・・・見頃の真っ最中でしょうか?
先日、春の嵐が吹き荒れたそうで、花吹雪となってしまったでしょうか。
1400年の長い月日の先に、宇宙旅行が待っていたとは、淡墨桜も驚いていることでしょうね。
宇宙を旅した種から、どんな研究がなされるのか興味がありますね。
現代版ノアの箱舟号のイラスト、色々な想像が膨らむ夢いっぱいのイラストですね♪
できることなら、私も乗って宇宙旅行をしたいです!

boumamaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★これからしばらくは、淡墨桜の周りは屋台や露店がたち、人の渦でしょう。私も花を咲かせている時に行ったのは2回しかありません。いつだったか、淡墨桜行きの車が数キロも渋滞して、気の短い私は戻ってきたこともあります。
★花が終わって静寂を取り戻したときの淡墨桜の大樹もすごくステキですよ。ホントに‘樹神’という気がします。

薄墨桜

薄墨桜のことは文中にも書かれてるように宇野千代さんの本で初めて知りました。それからこの桜のことがズッと頭から離れませんでしたが不思議なことにこのように玉さんのブログで再び思い出されてきました。これから淡墨桜は満開を迎えるのですね。
さくらの色の表現は難しく玉さんの表現の白灰色というのが合ってるように思いますが・・・どうでしょう?

夢と未来があって素敵な記事とイラストにポチッ。

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★従来のイラストから少し脱皮しようと思いながら意気込んで描き始めたのですが、描けば描くほど従来のイラストになってしまいました。難しいですね。殻をやぶるのは…。

「ノアの箱舟」ですか。
ノア一家は孤独ではなかったのでしょうか?

銀河系第4惑星竜宮城行き、亀タクシーという趣も・・。
浦島太郎のように、宇宙に行くと、
地球に戻ってきたら、一気に年をとるんですものね。
でも、この絵の人物は、幸せな年のとり方をしそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/158-a775ffcf

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。