スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜島大根から

桜島大根から

39sakurasimazzz.gif

★少し前のことですが、ブログ友人の外道sさんが桜島大根を真上から撮った写真を載せてみえました。私は桜島大根が地上に植わっている姿を実際に見たことがないせいもあって、実に不思議な姿の野菜でした。ジッと見ていると野菜であることも忘れて、不思議な光景にみえてくるのです。

★周囲のギザギザが必死で中心にある何か重要なものを覆い隠してガードしている…、そんな状況の光景に見えて来るのです。
そこで外道sさんの写真から、下のような絵を作ってみました。題して「未知へ!」

★私たちは「知らないこと」だらけの中で生活をしています。自分を取り巻く周囲のことぐらいはおおかた把握しているだろうと思っていても、実は知らないことだらけの私です。多分、自分に都合のいい情報だけを取捨選択して生きているのでしょう。(もちろんそれでもいいのですが…)

★例えば、このブログ、べつにやらなければ、やらないでいいのですが、やれば、そこに今まで知らなかった人との出会いやその人の生き方の世界が見えてきて、大変な刺激になります。見えてきた分だけ自分の幅が拡がったように思うのです。
思えば、十数年前までの私は職場でもアンチPCの権化のような男で、『PCばっかり文書を作っていると字が下手になるぞ』とか『PCばかりと向かい合っているから、職場の交流が希薄になる』とか、みんなに嫌われる言葉をしょっちゅう口にしていたものです。コロッとPC派に転身した今の自分が信じられません。
私はPCに限らずこの種の赤っ恥経験を結構たくさんしているように思います。「知らないこと」「未知のこと」の多くは、そのこと、その人、その物の良さや味を知ろうともしないで自分で勝手にバリアを張っていたというような…。

★知らないこと、未知のことへの挑戦は、結局、自分自身のガードを取り外すことへの挑戦である、とやっと最近にして思います。

ポチッとお願いします。!

コメント

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★外道sさんの桜島大根の写真からいろんな状況をイメージさせてもらいました。でもいずれも、周囲のギザギザがなにか行く手にある乗り越えなければならない‘壁'のようだ、というところは共通したイメージでした。
★ほんとにいろいろある日常です。でも外道sさんの‘根性'はそれを一つ一つクリアーしていかれることと思っています。

うれしいです!

私の写真からこの様な作品になるとは、流石です。

不思議なことに、今の私が感じている状態を絵にしたようでビックリしました。(今の状況の事はまたブログで書こう思いますが・・・)
人生は色々有りすぎて、急激な状況変化に戸惑い・悩み・葛藤しています。
この絵の様に綺麗な未来が見えれば、迷わず飛び込んで行くのですが・・・

bokkasaさん、こんばんは。

★清水の坂道の絵を気に入っていただいてありがとうございます。
京都は長い歴史があるせいか、そこかしこにいろんなイメージが湧く場所がありますね。京極の雑踏の中にポツンとある小さなお寺の光景なども作品にしたいと考えているところです。
★サクラ、この冷え込み、きっと桜祭りまで余裕で持ちこたえます。

さくら

昨日のサクラ・・・天気も良かったし、最高に綺麗でしたよ。
人出も多く、玉清さんの職場での駐車場も並んで待って・・・。
このサクラ、今日の雨でどうなるのでしょうね。
サクラ祭りのころまでもつと良いですね。

♪いつも春になると思い出します。
玉清さんの「清水の三年坂のさくら」・・・何年前だったのでしょう。
図書館での感動は、いまでも脳裏に焼きついております。
友人のKさんと二人でショックを受けたのもでした。

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★絵を描かれるartkazukoさんもそうだと思いますが、ある一つのものが出来上がったときの喜びは、いわば新しい世界を見つけた喜びで、が、しばらくするとそこに物足りなさを感じてきて、今度はこうしたい、ああしたい、と。絵を描いたり、物を創ったりする過程は未知を求める過程ですね。

bokkasaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★あそこのサクラ、いまいち早かったですかね。今週半ばか?
★SOさん、いつも親しくさせていただいています。彼にはいつも大きな刺激をもらっています。彼の歯に衣を着せぬ言いようがとっても魅力的です。

お久しぶりです。(PC関連のトラブルで遅くなりました・・。)
結晶のように美しい形ですね。
そして、玉さんの作品をじっと見つめていたら、なぜか傘を連想してしまいました。

差別は無知から生まれるとよく言われますし、
食わず嫌いという言葉もあります。
そして、同時に怖いもの見たさと言葉もあり・・

人間は未知なる物に対する恐怖と、憧れが同居してるのですね。

未知のものを知りたいという欲望が人間を駆り立て、
科学が発達してきたわけで・・。
勉強が楽しいのは、やはり未知のものを知る喜びですものね。

出会い

この年になってPCが出来るようになるとは思ってもおりませんでした。
おかげで、いろいろな方とお知り合いになれ、楽しい時を過ごせてルンルンです。
玉清さんに出会えたのもPCのおかげ・・・そして、また今日も玉清さんのお仲間の素敵な方に出会えました。

ご連絡いただいた桜情報に誘われて、出掛けてきました。
写真の好きな同居人とBokkasaは、まず、図書館の写真展に・・・。
SO先生のサークルの展示会でした。
確か、玉清さんの展示会で見かけたことがありましたので声をかけさせていただきました。
SO先生に興味のあるお話をしていただき、次は撮影に・・・。
写真はイマイチでしたが、今日も素敵な出会いと綺麗なさくらと・・・嬉しい一日でした。

nabuyaさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★ホントにサカナ、ムシ、ハナ、等々は頭の中で考えて無茶苦茶な模様や形をつくって、自分独自の創作と思いきや、図鑑を見ているとよく似たものが必ずあります。あり得ない色や形、不思議ですね。

そう言えば不思議なことだらけですね。
何の為にそんな形をしているのだろう、立派な理由があるのでしょうけど。貝の形にしても魚の形にしても、神がいたずらに作ったとしか思えないような不思議な形のものがいっぱい有りますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/156-239dd6ca

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。