スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方向オンチ

方向オンチ

★この作品、先日見ていただいた作品「地図」の相棒作品です。春の某公募展のデザイン部門に2点出そうと思っています。

★この作品のテーマとは全く関係はありませんが、まあ、地図に近い話題として‘方向オンチ’の話題など如何でしょうか。
私は全くの方向オンチで、例えば知らない町の中に車で入ったとき、道を間違えて右折してしまい、右折してしまったのだから、今度は左折して、もう一つ左折すれば、元の道に出るはずだと思って運転すると、トンでもない田舎の狭い道に迷い込んでしまうというようなことがしょっちゅうでした。そんなわけで今はナビを付けているのですが、そのナビも、狭い変な道に導かれると、前もって聞いていた風景と違うのではないか、と信じられなくなって、ナビを無視して、また迷ったりするのです。

★ですからスイスイと未知の目的地に行くことの出来る人が羨ましくて仕方がありません。私の友人にも動物的な方向感を持った人がいます。以前、某美術館に出向勤務していたときの職場の友人ですが、企画展関係のいろんな作家や講師のお宅に彼と依頼訪問することがよくありました。殆どが県外の初めての土地にお住まいのお宅でしたが、彼は、住所だけを頼りにして、道々の案内標識や交差点にかかっている町名などをチラッと見ながら、ピタッとその目的のお宅の玄関前に車を停めるのです。まだナビも普及していない時代のことですから、この友人の確実な方向感は信じられませんでした。
世界中の海を泳いで、自分の生まれた川に戻ってくるサケ、目印のない大平原を餌を求めて何日もさまよってもちゃんと子どもの待つ岩陰に戻ってくるライオン。私たちはこの友人のことを『人間として進化していない、動物に近いカンの持ち主』と、冗談を言ったものです。

★さて、私の方向オンチ、どうも遺伝するようで、私の長男も方向オンチです。彼が中学校か高校の頃のことです。一度通ったことがある道を辿って目的地に行くとき、私もすっかり道を忘れていて、『オイ、この交差点、右だったかな、左だったかな』と聞くと、彼は『右!』と言います。『そうか、なら左へ行こうか』と、彼の反対に行くとだいたい目的地に近づくというセオリーが我が家にありました。
彼の逆ナビ、結構役に立ったのです。

ポチッとお願いします。!


コメント

boumamaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私もカラオケあまり好きではありません。ほろ酔い加減で自分から歌う気分になったときは良いのですが、そうでないときはオンチになります。よく、飲み屋にいくと、どこかの知らないオッチャンに無理にマイクを突きつけられて、せっかくの酒がまずくなることはありませんか?、『うるせ~!俺はいま飲んどるんじゃ!』と言ってやります。

逆ナビ

「方向オンチ」・・・ハイッ!私のことです。
男の人にもいらっしゃるとは聞いてましたがまさか玉さんもですか?
私は重度の方向オンチのようで、初めての道路どころか大きなデパートや量販店など行くと、元の位置の売り場などに戻れないこともしばしば。
ましてや、人に道など聞かれても東西南北つきの説明など到底出来ません。
アッそうそう、オンチといえば歌ったこともないほどの立派な文字通りの「音痴」です。・・・・そんなこといって威張ってるように聞こえてきましたね^^;

息子さんの逆ナビには笑わせていただきました。

nanbuyasさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★どこかに〈道に迷っているばかり~〉という歌がありましたが、私も、ドライブも人生も、その通りです。でも迷っているから、〈何かを探す〉という行動も起こるので、まあいいか、と無理矢理思いこませています。

空の赤がいっそう不安をかき立てるようですね。
私は今でもよく自分が何処にいるのかよくわからない夢を見ます。
あそこに行きたいのだけれど記憶が曖昧で、中々たどり着けない。焦れば焦るほど、判らなくなる。その心細さ、夢から覚めても不安の余韻が続いています。

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★その友人もそうでしたが、ぜんぜん知らない土地に立っても、すぐに東西南北が分かるのです。外道sさんもなんとなくそういう感じの人のように想像します。
★先日の桜島大根からのイメージイラスト、出来ましたので次回に載せようと思います。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★国の名前や国旗は不変のものと思っている私たちは平和な国に住んでいるのでしょうね。でも、よく考えて見ると、私たちの国も過去、多くの国々を植民地にしたことがあり、他国の不幸をつくり出した当事国であったことを忘れないで、今の平和を大切にしたですね。

玉清ワールド炸裂の作品ですね。
私は進化の遅れた(笑)人間なのか方向感覚にかなり自信が有ります。
そのせいか、ナビを使うと迷う事があります?地図の方が良いですね。

地図かあ。。
先日、息子の地図帳を眺めていたら、世界がずいぶんと変わってますね。
私のころは『ソビエト』だった所が、いろんな国になってるんですね。
合併の話で、『ふるさとの町の名前がなくなった。』なんて話も近頃あるな・・・。
なんだか 寂しいですよね。それぞれに歴史もあるのでしょうに。
(・・・と、思うのはトシなのでしょうか?

長くかけて作られた地図。。を文明のヨロイをつけた生き物が・・!
という感じの作品なのでしょうか。。迫力を感じます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/155-6cf774d3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。