スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチンアリ

アルゼンチンアリ

★以前にもどこかで書いたことがあるが、私の町では昨年の夏、アルゼンチンアリ発生の話題で大変だった。いまはこの寒さで彼らもなりを潜めているが、暖かくなったらまた地上に出てきて世間を騒がすのだろうか。
南方からの輸入材とともに上陸したと言われるこのアリ、その生息が全国各地で確認されていて、主として外材荷揚げの行われる港周辺に多く見つかったのだが、材木の運搬とと共にその生息地は全国各地に拡散した。そして、とうとう内陸の私の町のとある公園周辺で彼らを確認するにいたった。
実際、花壇を荒らされたり、台所の食料や残飯に群がるアリに悲鳴をあげてお見えの周辺のお宅も多いらしい。中には昨夏、殺虫スプレーを4~5本使ったというお宅もあることをブログ友人のコメントに見た。

★体調2ミリそこそこの小さなこのギャング、獰猛きわまりないアリで、その上、一つのファミリーの中に複数の女王アリを有していて、次から次へと巣分けをしていくものだから、猛烈な繁殖力を持っている。彼らは、遭遇する在来種のアリを容赦なく駆逐して進軍する。専門家の話によれば、1年間でそのテリトリーを100~200メートル広げていくという。彼らの姿を確認したときには、既にその地下数10センチの世界は全て彼らのコロニーになっているかも知れないのだ。駆除剤の研究も進められているが、今のところ完全駆除は難しいらしい。昔、「黒い絨毯」というアリの脅威を描いた映画を観たが、私の町でその恐怖を想像させるような事態が起ころうとは思ってもいなかった。

★各地の湖沼で猛威をふるうバスやブルーギル、小川や田んぼの側溝を占拠するアメリカザリガニ、河原や野原を席巻するセイタカアワダチソウ、最近ではアライグマによる農作物の被害も近在の町で聞かれる。外来の動植物に日本中が席巻されて、その中で固有種が生まれ、長い時を経て、それが新たな在来種となるのだろうか、そう言えば、図鑑などを見ると、私たちがずっと慣れ親しんできた野辺の草花でも、下の方に(原産○○○)と外国の名前が書いてあるものが多い。もしかしたら、これまでも、そういう繰り返しの中で自然界は造られて来たのか…。

★まぁ、理屈はともあれ、日本の今の生態系を脅かす動植物は駆除するしかない、と、少々過激な私の意見である。
『そうしてしまったのは人間なのだから…』などと、反省ばかりしていないで、何とかしなければ…。

ポチッとお願いします。!

コメント

bokkasaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★大変でしたね。私もウイルスバスターソフトを毎年新しいバージョンに更新して防御していますが、敵も更に高度、いつ襲われるか…。
★それよりも私はカゼのウイルスにやられています。スキーに行く前からなんか体の調子が変だったのですが、案の定やられて、ジキニンシロップも今回はダメでした。先週の金曜日の午後から伏せって、月火と勤務をサボり、今日やっと正常に近づいたかな、という感じです。ウイルスは恐い!サボり癖もついてしまって。

襲われました。

暖かくなるとアルゼンチンアリが出没してきますね。
いつ、我が家にやって来るかハラハラしております。
1キロ先までは、確実に現れている・・・。
5月頃から危ない・・・との情報。
お願いだから近づいて来ませんように・・・。
襲われている方々、ごめんなさいね。

だが、MyPCにウイルスが襲ってきました。
「トロイの木馬」。感染はしないようですが、PCに入り込んでしまいました。
ウイルスソフトを入れていたので、見つけて隔離し、削除しました。
要した時間、1時間10分でした。

アルゼンチンアリも、何か駆除対策があると良いですね。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★自然の成り行きで生き物が混じっていくことは是認せざるをえないにしても、おっしゃるように、外来獣を飼っていて、手に負えなくなって捨てる輩は許せません。珍獣マニア連中の気持ちもちょっと理解できません。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★子どもが小さい頃、ドブでザリガニ取りをしていてもアメリカザリガニと日本ザリガニでは、その勢いが違いますね。在来ザリガニのひ弱なこと!。まさに狩猟民族と農耕民族の積極性の違いが生き物にまで現れています。

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★ザリガニについては私も結構詳しくて、家のタライに飼って脱皮させたこともあります。なんでもアレは最初食料用に持ち込んだものだそうですね。若いとき、キャンプで他のいろんなものに混じって食べたような記憶もあるのですが…。
★そのうちに各種類が混じり混じって日本の生き物として定着するのでしょうか。

確か、アルゼンチン蟻、去年夏、広島でも大繁殖で問題になってました。これだけ、世界中との流通が盛んになると、ある程度避けられないことなのかもしれませんが、在来種が絶滅に瀕したりすれば生態系自体の危機となりますね。少なくとも、海外の動植物を積極的に持ち込んだり、飼ったりは止めたいですね。人間のエゴですね。

アルゼンチンアリ、殺虫剤をまいてもまいても、家中アリだらけ、とテレビのニュースでやってました。あのゴマ粒のような小さいアリが体の大きい日本のアリを追いやるとは。外国からやって来た植物や動物が大繁殖の話はよく聞きます。それにしても日本の在来種は情けない。長年の平和な時代に慣れて闘争心が無くなったのか。黒船に右往左往する幕末の日本のようでは有りませんか。

私が子供頃はアメリカザリガニを釣り上げて喜んでいました。
大人に成ってからはブラックバス・ブルーギルを釣って楽しみました。
いろいろな問題は有るでしょうし、人間が悪いのも解っていますが受け入れて行かなければならない問題でしょうね。
在来種の保護が大切な事だと思います。
でも駆除は大変な事ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/151-72687d8e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。