スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地図

地図

★私が続けている二科展は、秋の全国展ともう一つ中部地区を対象にした春の中部二科展というのがある。年に二回の応募作品をつくるのは結構忙しい。
この作品は、その春の方に出すために昨年秋頃からボツボツつくっていたヤツのうちの一点である。まだ、キャッチコピーを入れていないが、ブログネタの絵も途切れかけたので、つくっている途中でアップすることにした。

★テーマは何?、ここではご覧いただいた方が、いかようにもイメージしていただけば結構である。

★さて、私は二人の息子がいるが、彼らが幼稚園の頃から中学生の頃まで、我が家のトイレには、壁いっぱいのデッカイ世界地図を貼っておいた。これは結構、世界に思いを馳せる効果があったように思う。新聞や学校の授業や友人たちとの会話の中に出てくる世界の話題をトイレで用をたっしながら何気なく確認していたときもあった。、地図の限らず、この何気なくみているというのが良いと思う。

★先日、息子たちが小さいときに遊んだオモチャ「国旗パネル」が押入にあったので、孫にやろうとしていたら、息子が『オヤジ、それはもう使い物にならんよ。国旗も、国名も、当時とは違ってしまったものがあるし、増えた国も、無くなった国もあるし…』と言った。調べてみると、なるほど、その通りだった。ついでに、当時の地図と今の地図を比べてよく見ると、国境線が前と違っているところや、国境線が無くなっているところもある。
そういえば、私たちの身近なところでも、市町村の合併とかで、自治体の境界線が大きく様変わりをした。

★町村合併で境界線が変わることぐらいならいい、世界の中でも東西の雪解けでベルリンの壁が無くなったことは更にいい。しかし、新たに巨大な壁を建設して分断を推し進める国もある。独立を望む側とそれを許さない側の紛争が果てしなく続いている国もある。そこに乗じるテロや死の商人がいる。貧困や飢餓しかつくらない紛争で地図が塗り替えられていくのだけは許せない。

ポチッとお願いします。!

コメント

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★響さんご一家にはUターン出来る北海道という大きな懐があって幸せだったと思います。大地を大切にしなきゃ、と言う意識も本州と比べて旺盛だし。
★些細なことに怒ったり、クヨクヨしたり、気にしたり、すぐ欲得を考えたり、と言う自分の小ささに気づかせてくれるのも自然ですものね。

関東の都会暮らしに結局なじみきれなくて北海道にUターンした私達夫婦です。
北海道に暮らしていると、大地や空や海や川も生き物である事がわかります。
人にたくさんの物を与えてくれてると思いますが、人はそれに感謝して生きる・・それがあっていいはずなのに、忘れていると思います。
病もうとしているなら、ケアが必要。地球を安静にしてあげたいですね。

在るがままを認める、畏敬をもつ、感謝する・・どんなものにも。
皆でそれを見直さなければと思います。

便利さや利潤の追求、力の法則・・そういうのは見るに耐えないですね。

水無月さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★一カ所に密生し過ぎると、お互いの毒素が影響しあって、自滅する植物の話を聞いたことがありますが、地球がCO2の排出でその植物のようにならないように願いたいものです。地図が変わる、国の境界線が変わるどころの話じゃありませんものね。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★おっしゃる通りのことを思います。その場所もその位置も、ずっと不変なのに、その場所もその位置に纏わる‘状況’はドンドン変わっていく、しかも、その‘状況’は、好ましくないものが多い。いつか、その場所もその位置も消えてしまわないかと心配です。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★国の出費を絞ろうと、ここ数年、彼方此方で市町村の大合併があり、地図作製業者は大変だったでしょうね。合併にともなって学校や施設の統合と廃止、さらに、そこに新たに歴史を無視した地名や学校名を付ける、等々、どれをとっても新たな出発と言い難い、合併です。

こんにちは。
私は世界地図も、日本地図も、限定された町の地図を見るのが好きです。
鉄道が好きなこともあって、どこに線路があるのか調べる為もあるのですが・・・。

最近、地球って、あとどのくらいの寿命があるのだろう?と思うようになりました。
地図を書き換え続けているのは、人間以外にはいないのですよね。一体この先何度、書き換わるのでしょうか。
戦争で国の名や国境線が変わるのも、悲しい話ですが、温暖化により消失する北極の氷、沈む島、消える海岸線・・・食い止めたいですね。

機械仕掛けの巨大な怪獣が、地図を切り裂いているところですか。象徴的ですね。
地図について思うこと。何千年もの人の歴史のなかで、地球上のその場所という位置は変ることがない。そこに人の行為が、思いが、絶え間なく積み重なってゆくだけ・・。この不思議。だから、やはりその場所は掛け替えの無いものなんですね。

市町村合併、いいような悪いような。
我が古里も昭和30年の合併で近隣の市に合併されました。それまでは村だったのですが。村の名前が付いた小学校、中学校が、○○市立第五小学校、○○市立南部中学校と味も素っ気もない名前になりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/147-3a6c4c58

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。