スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある作陶家の個展…‘鬼’の作品

ある作陶家の個展→‘鬼’の作品 
★今回は私の作品ではない。
私の尊敬する先輩の陶芸展の紹介である。このブログを訪れてくださった方のなかに、岐阜近辺にお住まいの方がお見えであれば、是非、お出かけいただくと嬉しい限りである。(きらりんさん、おちゃめさん、今年も是非!)
酒井氏については作年のブログの中で紹介したのでここでは省略する。

★今回も昨年同様、細工物を中心とした陶芸展である。最近では細工物陶芸作家の作品をほとんど見かけることがない中で、氏は一層その作品に緻密さを極め、またある時はユーモアやストーリー性をも付加し、細工物陶芸に新たな息吹きをふき込もうとしている。

★最近の氏の作品で眼を惹くのは‘鬼'の作品である。何故、鬼に着目したのか、そのきっかけは伺っていないが、氏は鬼の作品を創るにあたって、福知山の大江山をはじめ鬼伝説の残る全国各地を訪ね歩いている。これからも訪ね続けると言う。
以下、氏が各地の鬼伝説取材から得た‘鬼の真実'をごく短く要約するとこうなる。

★★‘鬼'の原型は地方の豪族たち 
☆群雄割拠のその昔、地方は中央政権やその傀儡たちの侵入や略奪に苦しめられる。それに立ち向かう地方を治めていた豪族たち、しかし、力の差は歴然としていた。やがて、地方の頭目である豪族たちは大きな権力の前に滅び去る。平定した勝ち組が「正義」、刃向かった者たちは「悪」という構図が出来上がるのは、古来からの常識であるが、鬼伝説もこうした中で生まれ伝承されていった。即ち、鬼の原型は大きな権力者に立ち向かったその地方の豪族たちなのである。
  「大江山酒呑童子」「桃太郎の鬼退治」も、しかりである。軍国主義への一直線をたどった明治以降、それらが一層誇張された昔話となっていったことも否めない。
  為政者の都合のいいように、その時代が次の時代に伝えられていくと言うことは、歴史にはままあることなのだ。


★さて、氏は、そんな鬼への愛情を作品に注いでいる。氏のつくる鬼は皆、好漢である。最近の子ども事情から「不登校に陥らないで元気に登校することを促す鬼」 「千客万来の活気を呼び戻す鬼」等々、いろいろ並んでいて、面白い。
もし、鬼伝説が残っている地方についての情報があれば、教えていただきたい。先輩に伝えようと思う。

ポチッとお願いします。!

コメント

Mikiさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★デザインのお仕事ますます頑張ってお見えの由、なによりです。
★いつもMikiさんのお父上の凄まじいばかりの創作姿勢に強い刺激を受けて私もどうにか活動を続けているのです。
★今回はまだ拝見していない作品もあるようで、パウゼも方、私も近々伺おうと思っています。

ありがとうございます!

いつも父がお世話になっております!
たまきよしさんの活動は父より聞いております!すごいですね!!!
今もそんな仲間が近くに居る父が羨ましく思います!
鬼の原型は大きな権力者に立ち向かったその地方の豪族たちという
お話は知りませんでした!そうだったんですね。。
ありがとうございます!!!

そうです、いろいろな鬼や、こちらまで自然とニッコリさせられる
弁天様などいろいろな作品がお待ちしております!
是非皆様、お近くへ行かれた際はお寄り下さい。




響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★先日、オーストラリアの政府が原住民のアボリジニに過去の過ちを詫びたという記事がありましたが、征服しておいて詫びりゃ良いってものじゃないと思いながら読みました。
★酒井氏が大江山酒呑童子伝説を伝える博物館に行かれたそうですが、そこにはかなり‘鬼の真実’を語る具体的な民族資料があるそうですよ。

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★そういえば、外道sさんとこのお近くは桃太郎伝説の発祥の地ですね。
★キラキラの羽織をはおった桃太郎もいいですが、自由に奔放に生きていた鬼のほうが我々に近いですね。
★「火の鳥」、一言でマンガとは言えない大変なマンガですね。キッと「火の鳥」のどこかを真似したに違いないと思われる映画やドラマがたくさんあると思われませんか?

『鬼の原型は大きな権力者に立ち向かったその地方の豪族たちなのである。』
そうなんですかー。
本当にどちら側から見るか・・という相対的名解釈なんですね。
USAのインディアンとかも、北海道のアイヌとかも・・そんな感じに
勝手に悪役にされたんでしょうね。
玉さんの文章といい、酒井さんの鬼といい、鬼と和解するのもいいのかもナア・・と思いますね。

お二人の話を読んで「手塚治虫」の「火の鳥」を思い出しました。
私は岡山ですから桃太郎は身近に感じていますが、私は鬼の方が好きですね人間らしくて・・・悪い事をして・楽をして・楽しんで・そして赤鬼青鬼の様に情に熱いのも「鬼」
そんな鬼がいっぱい居そうなギャラリーに行ってみたいが・・・遠いな~

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★歴史は余程気をつけて解釈しないと為政者サイドの視点のみを鵜呑みにしてしまいがちですね。
★例えば、東大寺を建てた、法隆寺を建てた、為政者の功績ばかりで、あの木造建築の技を伝承していった技術者の個人名はほとんど残っていないのと似ています。後々、そのときの為政者以上の名を残すおそれのある者は歴史から消していったのでしょうか。

西洋における魔女や悪魔も、キリスト教以前の多神教の神々だそうですし、征服者は被征服者を悪にしたいものなのですね。
桃太郎と鬼の話も、鉄の技術を欲しがった桃太郎の侵略行為ともいえますし。

それに比べて、青鬼、赤鬼の友情物語、鍾馗(しょうき)さんに踏みつかられる邪鬼のユーモラスで可愛いこと。

お酒を片手に笑う鬼、金棒を肩に乗せて口をあんぐりあけている鬼が可愛いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/146-0a944265

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。