水

★これは、過去公募展に出品した作品です。題名は「ひかる水」でした。

★私たちの町の地下は巨大な水瓶になっているそうです。長い地球の歴史の中で、木曽川の伏流水が地下に流れ込み岩盤層の上に巨大な水瓶を形成したと聞きました。渇水の時期が続いても水道水の使用制限などということはまず皆無だろうとのことです。街の水道水はこの地下から採っています。
自分の町のことなのに私はよく知らないので、上記の件、真偽のほどは分かりませんが、もし事実だとすれば、私たちは北の県境にある連なる山々の谷川を集めて流れ来る木曽川や、その水の幾ばくかを地下に貯めておくことの出来た地層、等々、とてつもなく大きな自然の恩恵を受けていることに、今更ながら驚くばかりです。

★フッと思ったのですが、自分はほとんど気づいていなかったのに、実は自分は、ある他人の大きな力で支えられていたことが分かって、自らの高慢を恥じることって、実生活の中でもありませんか?、私が、私の町の地下の水瓶のことを知ったときの気持ち、そんな感じです。

★猛スピードで地上に増えつつある廃棄物のさまざまな汚穢、或いは人間の不徳が、じょじょに地下に浸透して、せっかくの恵みを台無しにしてしまわないように…。

ポチッとお願いします。!


コメント

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★不思議ですね、地球は。こういう伏流水上の町って、結構たくさんあったようですが、ビルや地下鉄などの建設で地下をいじりすぎると、干上がったり、地下の流れが変わったりすると聞きました。自然の怒りでしょうか。

こういう神秘的な現象を聞くと、本当に大地とか地球とかに感謝しなくちゃと思いますね。
そのお水に触れてみたいですね。なんかパワーもありそうです。
癒しパワーとか。


オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★オリオさん、そうおっしゃらずにドンドンお立ち寄りください。
★なんか、私の地域はどでかい岩盤の上にあるとかで、それが木曽川の伏流水をため込んでいるとか聞きました。だれも地中にもぐって確かめたわけではありませんので分かりませんが…。
★★追伸/「酒蔵のえんとつ」、ありがとうございました。なるほど、と思いました。

boumamaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★まさか、boumamaさんから、揖斐川あたりのお話を伺おうとは思っていませんでしたのでビックリしました。全国、津々浦々をまわられたのですね。私、大垣に2年間勤務したことがあり、揖斐川筋の上流から下流の美しい風景が脳裏に焼き付いています。今でも、ときどきいきますが、昔からちっとも変わっていませんよ。いいところですね。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★京都の地下の水瓶、いつだったかテレビの旅番組か何かで見たことがあります。いまだに、その名残で、旧家では地下水くみ上げ専用の地下室が残っているところがあると…。
★そうですね、地下水は無限に供給されているわけではありませんものね。その上、この地下水を汚すようなことは断じてあってはなりません。

玉清さん、こんばんは。
最近、自分のブログもさぼり気味なので、ブログ友達のところへも足が遠のいてしまってます。(笑)
綺麗な水がめですね!。
私たちの普段飲んでいる水は、作り出したものではなく、自然の恵みですものね。
忘れがちですが、自然に感謝しなくてはいけませんね。

伏流水

全国をキャンプしながら周ってるとその土地の特徴みたいなものが段々分かってきますが、伊吹山の麓の揖斐川を前にして粕川キャンプ場では仰るように伏流水が溢れていて私たちも恩恵を授かりました。
空気もよく水もおいしく豊富にあるのでいつまでも停泊したかったのでよく覚えています。アッ!歯ブラシ忘れちゃった・・・(笑)

日本の多くの盆地では、その地下に豊かな水の流れを持っているようですね。京都でも北東から南西に流れる地下水の流れに沿って御所や重要な施設が建てられたと聞いたような気がします。人が多くなり、それでは足りなくなって、川の水を利用するようになったのでしょうね。地下水に頼れる街は幸せですね。天然の浄化装置を持っているのですから・・。それを維持してゆくのは、水を使う人の責任ですね。水は命の源ですから・・。

Bokkasaさん,こんばんは。

★ありがとうございます。
★余所からきた親戚が、ここの水道水はうまい、とみんないいます。でも、ときどき真夜中に飲むとカルキ臭がフッとすることがありますが、どんな良い水でも、そのまま使うことはできないので、殺菌消毒は仕方ないですかね。
★お暇があれば、6階にもお立ち寄りください。8階でコーヒーぐらいおごります。

nanbuyasさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★見ました、雑誌かなにかで、東京の浄水抜群の技術を導入して、水がうまくなったという記事。昨年は「東京水」という銘柄で東京駅などで売っていたそうですね。珍しがって田舎のうまい水を飲んでいるヤツまでが買っていくというから、笑いました。

住みやすい町

私達の町の水道水は、地下水と聞いていましたが、本当なのですね。
この「ひかる水」・・・大切にしていかなければいけませんね。
東西に長い町だけど山も川もあり、JRも私鉄も走っていて住みやすい町です。

※PCボランティア活動は、今、中央ライフに移動しました。
東の私は、町の中央で近くなりましたが、西の玉清さんにはお会いする機会がなくなりました。

地下水に恵まれた土地なのですね。地下水が水道水とは羨ましい。もっとも東京も今では水道水がミネラルウオータと区別がつかないくらい美味くなったと水道局は自慢していますが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/143-cebce5bc

FC2Ad