スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月17日

1月17日

★これは数年前、私の町の各家庭に配布した「防災ハンドブック」の表紙のイラストです。役所内には図柄が暗いとか、重いとか、いろいろ言う奴がいましたが、当たり前です。このテーマが明るく、軽くなるはずがないのです。わざと暗く重くしたのです。あの阪神淡路大震災を忘れないために…。

★12年前の1月17日、明け方、関西から遠く離れた私たちの岐阜地方は「ドーン!」という音と振動で、飛び起きました。ホンの一瞬でした。『何の音だ!』と近所の人たちも外に出ましたが、もういつもどりの静かで澄んだ冬の朝に戻っていました。『まあ、ちょっとした地震だろうな』と言いながら、家に戻ったのです。

★そして朝食時、テレビにとんでもない惨状の映像がながれていたのです。どこのチャンネルを回しても大阪を中心とするM7の大地震の被害の報道でした。しかも、時間を経るごとに、日が過ぎるごとに、その被害の惨憺たる映像がますます惨憺たるものになっていくのです。
神戸市からその周辺都市、さらに淡路島、高速道路や近代ビルが至るところで崩壊している光景は全く信じられないものでした。併せて、至る所で火の手があがり、多くの古い庶民の街なみは焦土と化したのです。5000人を超す方々が災害の犠牲になられました。後「阪神淡路大震災」と名付けられた想像を絶する驚異の地震でした。私も関西地区には親戚も友人も多く、心配しましたが、幸いにも大事なく安堵したのです。

★このときを契機に、都市直下型地震の恐ろしさ、それに対する都市の無防備さ、防災都市への転換、等々、さまざまな視点から専門家が論じるようになりました。しかし、完全防災都市の構築は、もはや不可能です。ただ、私たちは縦横に走る活断層の上で生活しているのだから、いつか必ず大地震に襲われるという自覚と、その際の敏速な避難とそのための組織作りや協力体制を不断に確認していれば、最小の被害にとどめることは可能です。私たちの自治会でも、その防災組織の確認は毎年の自治会総会で行っているところです。
が、しかし、一方で『頼む、自分の地域だけは避けてくれ…』と、内心願っているのも偽らざる気持ちです。

★その後、中越地方にも、二度も大きな地震が襲ったことは記憶に新しいことです。いまだに仮説住宅にお住まいの方もお見えです。一日も早い地域の復興と被災された方々がくじけない強い気持ちを持ち続けていただくことを願うばかりです。

ポチッとお願いします。!

コメント

足袋ネコさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★昨年の能登地震の報道、テレビで見ていました。足袋ネコさんたち、恐ろしかったでしょうね。被災された方のご苦労はもちろんですが、伝統の輪島塗の漆器が、傷ついて散乱している光景が印象的でした。
★行政、「災害への備えはチャンとしてあるのだ」という紙の上でのアピールだけがが必要なのでしょうね。

昨年経験した能登の地震は,阪神のそれとは比べものになりませんが
非常に恐ろしく,震度7は想像することも出来ません。
こちら金沢でも細々と避難訓練やらをしておりますが
実際に大きな地震が来たら
何の役にたつの?とか
パニック状態でそんな事できる訳がない!
という内容があります。
それに地理的に危ない場所が避難所になっていたりします。
行政って・・・・おかしいですね。


水無月さん、こんばんは。

★〈人間は気持ちで分かっていても、実際に身近で起こったり、その状況を体験しなければ、悲惨さや苦しさを、本当に理解できないのかもしれません。〉確かに、私も、そのもどかしさをいろんな出来事に遭遇したときに感じます。
★御地の近くでの奥尻島の津波、遠い記事を思い出しました。一瞬に無くした肉親の命。島の方々には遠い出来事ではないのに…。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★早いですね、時間のスピードは。私の周辺も、ドンドン新たな出来事が起きては消え、消えては起きていきます。こうして、忘れてはならないことも忘れていくのでしょうね。

boumamaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★boumamaさんは当時、現地の近くにお見えだったのですね。
★被災された人々には言葉では言い尽くせないご苦労があったと、遠くから察するばかりですが、一方で、あの災害報道の中で、多くの若い人がボランティア活動に身を投じたというニュースにも感動を覚えました。

こんばんは。
13年・・・惨状のあった地と遠く離れている私にとっては、もう早13年・・と思ってしまいます。けれど当事者にとっては、やっと13年。まだ終わっていないと、おっしゃっていた方もニュースで見ました。
人間は気持ちで分かっていても、実際に身近で起こったり、その状況を体験しなければ、
悲惨さや苦しさを、本当に理解できないのかもしれません。

ただ、この日の朝、出かけるため早起きして、TVを点けた途端に目に飛び込んできた光景は、やはり忘れられません。
奥尻島の津波の後の地獄のような光景も、今だ目に焼きついています。

あれから13年だそうですね。衝撃の3年前、娘が小六か中一、息子が幼稚園か小一でした。その娘が昨年嫁に行きました。長いようで短い13年でした。

忘れられない日

あれから13年!
私にとってもこの日は生涯忘れられない日です。
直後3度現地に行きましたがその惨状は・・・語り尽せないほどでした。

一度配給された冷えたおにぎりが食べれなくて・・・こういったこともわがままだとか批判されましたが・・・着のみ着のままの状態で入れ歯もなく時間が経って固くなったおにぎりは確かに食べれないとも実感いたしました。
それから入れ歯や眼鏡を大至急補充したとか・・・。考えてみると身体の一部ですものね、ないと不自由極まりなかったことでしょうね。

この記事にTBさせていただきましたが2度もしたようですのでお手数ですが1つ削除していただけますでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/142-6093213d

あれから11年

今年は異常とも思われるくらい、全国規模で大雪による被害が拡がっています。 今朝は久し振りに快晴となりました。 今日は「防災とボランティァの日」です。 私にとっても11年前の1月17日は忘れられない日なのです。 そうです、悪夢のような阪神淡路大地震が発生した日で...

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。