スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タバコ

タバコ

★多くの嫌煙家の皆さんごめんなさい。『何で今の時代にタバコの話題なんか!』お怒りの顔が画面の向こうに見えるようです。
正月に「タバコをなんとかしなければ」と書いたものですから…。
★以下、私の懺悔と反省?の一文です。

★平成の初め頃だったか、禁煙教育に取り組んでいた某高等学校の興味あるアンケート結果を見たことがあります。『あなたが最初にタバコを口にしたのはいつでしたか?』という設問に対して、どんな答えだったと思われますか?、なんとそのほとんどが『小学校のとき』と答えたのです。家族の者や親戚のおじさんたちが吸っているのを見て、自分も興味本位で一本口にしたけど、まだ小学生なので「おい、止めろ」と言われた程度で、そんなに叱られなかったのでしょう。

★実は、私もこのアンケート結果の高校生諸君と同じ道をたどりました。オヤジが煙突のような猛愛煙家だったものですから、中学校の頃、一本くすねて、隣の神社の境内に行き、一人で不良ぶって吸いながら、ゲッゲッと煙に咽せていたものです。ノドが煙りに慣れて、しっかり定着(?)したのは、高校生の頃でしょうか。

★加えて、煙の定着を一層早めたのが当時のフランス映画です。
当時、フランス映画が全盛でした。アメリカ映画の西部劇やスペクタクル映画のスケールのデカイのと違って、市井の人々の何気ない生活やその隣にある悪を描いた現実的なフランス映画が大好きでした。日常の生活が背景ですから、タバコをカッコよく燻らせる画面が至るところにありました。タバコが画面を繋ぐ陰の主役といった感があると思いました。また、たしか高一の頃見た、「芽生え」というジャクリーヌ・ササール主演の映画では、彼女が自転車に乗って恋人の彼の家の前に行き二階にいる彼に『タ・バ・コ!』と日本語で言いながらタバコの箱を投げてプレゼントするシーンを見て、後で調べたらタバコの語源はポルトガル語だったと知ったのもそのころです。

★かくして、私は仲間たちと午後の授業を失礼して、映画館に足しげく通い、みんなでタバコをプカプカやりながら『カッコエエ!』と騒ぎながら画面に見入ったものでした。
以後、学生時代もずっとお気に入りの銘柄は、あの時見た『タ・バ・コ!』のシーンにちなんで、真っ赤な箱の「AAA」でした。

★そして10年後、こんな私でも、二人の子どもが生まれる前後の4~5年間は完全に禁煙しました。ところが職場の旅行で一本もらって吸ったのがきっかけで再びタバコとの付き合いが始まりました。いつだったか職場検診のとき、タバコのことを聞かれたので、『4年間、禁煙したことがあります』と言うと、『惜しかったですね~、禁煙効果は5年目から始まるのですよ』と言われ、禁煙したことなど、言わなきゃよかった…、と思ったりしたこともありました。

★現在は家でも職場でも、ホタル族の仲間、職場では6階のベランダに共同灰皿が、一人二人とホタルが集まってきます。『寒いですね~』と先ず一声、『風で消えるな~』と言いながらライターをカチャカチャします。やっと火のついたタバコを吸い込みます。フ~ッと吐くと、煙は北風に乗ってはるか伊吹山の方向に消えていきます。
「そうまでして吸わなくてもいいのに…」と世間、その通りです。
懺悔にも反省にもならない私記でした。

ポチッとお願いします。!
<

コメント

名古屋グランパスさんこんばんは。

★ありがとうございます。おっしゃるとおりですね。
★私も現在は人のいるところでは喫煙をひかえています。
★名古屋グランパス、地元民として応援しています。

タバコ。。

私はどうしてもタバコの煙に耐えられません。
受動喫煙が恐ろしい汗

はじめまして、
タダと申します。
いろいろな人のブログを見ています。
参考にさせていただきます。



とにかく、楽しいです。

外道sさん、こんばんは。

★一服の安らぎをとるか、肺ガンの高確率をとるか、悩むところです。でも、まあいいか、オヤジも煙突のようなヘビースモーカーだったけど97歳まで生きたし、と、いろんないい訳をしながら吸い続けている私です。
★いまタバコ、一箱300円、これが500円を越えたら考えようか…、値段が上がるたびに禁煙基準額がズレていきます。

格好良く

以前職場の年配の人に「たばこは、カッコ良く吸わないとダメだ!」と、言われた事があります。
「格好を付けて吸い始めたのだから、格好付けて吸わないと意味がない!」
その言葉を玉清さんのブログで思い出しました。
煙草は日本・世界の文化、昔からの文化です。
今の世の中のように、禁煙ばかりを押しつけてはいけないと思うのは私だけでしょうか。
喫煙家・バンザ~イ!
(とは言ったが・・・身体に悪いのは・・・微妙な所です。)

水無月さん、こんばんは。

★再度、禁煙挑戦と思いつつ現在に至ります。
★家族の受動喫煙だけは最小にしたいと、家の中では二階の私の
アトリエでしか吸いません、が、資料によれば、煙は狭い隙間から出て家中に漂うそうですね。良くないことは十分わかっているのですが…。
★ご主人、えらい!

枯雑草さん、こんばんは。

★たしかに山に登りながら疲れて、さあ一服、というのが限りなく楽しいのですが、フッと、この一服がかえって体を疲れさせる要因を作っているに…、と思いながら、それでも吸うのですね。こまったものです。でも、吸い終わったあと、さぁて登るか!という意欲も出てくるから不思議です。

こんばんは。
名作映画には、タバコのあるシーンが、とてもカッコよく出てきますよね。
物憂げに煙をくゆらすシーン・・・、紫煙の向こうに見えるカット・・・
お年頃なら憧れて当然と思います。
そういう私も、ちょっとだけ試してみたことがありますが・・・父母は無煙の人。匂いに敏感なんですね。あっけなくバレて、また体にも合わないと直感しました。
夫は喫煙する人でしたが、子供が中学生の時に禁煙して以来続いていますよ~。
愛煙家には、肩身の狭い世の中にどんどんなっていますね。
玉さんも再度、禁煙にチャレンジしてみては?

歩いていて、「さあー、ここらで一服・・」と、ポケットを探る・・、今でもこういうことがあります。40年を超えるヘビースモーカ。ある時、峠道で歩けなくなりました。医者に行くと、肺気腫。怒られました。それから禁煙。脅かすわけではありません。息子達が喫っているのを見ても、止めろとは言えません。煙草とともにあったいろんな想いでが浮かんでくるからです。切なく、懐かしいですね。

bokkasaさん、おはようございます。

★そういえば、bokkasaさんの同居人さんとお知り合いになったのも、6階のベランダでした。皆さん、すごくご熱心なPCボランティアサークル活動をしていらっしゃいましたが、今は、どちらで活動をしていらっしゃいますか?
★私、一日の喫煙本数、あの頃と比べてだいぶん減らしました。

nabuyaさん、おはようございます。

★「いこい」なつかしいですね。いま、あんな両切りのヤツを吸うと、私は頭がクラッ~となってしまうでしょうね。
★あの頃はほとんどの連中が高校時代に吸い始め、その後、「続ける」、「止める」のどちらかを選択したようで。
★映画好きのnanbuyaさん、ジャクリーヌ・ササールのファンではありませんでしたか?

6階ベランダ

6階のベランダ・・・玉清さんをよく見かけました。
今は行くことがなくなりましたが、私達の仲間のスモーカーと共同灰皿を囲んでお話をしていたのですね。
そういえばベランダからは、伊吹山が綺麗に見えましたね。
一度、写真を撮るため出ましたが、日当たりの悪い寒い所ですね。
風邪には、お気をつけください!!

同じですね。私が本格的に吸い出したのは高校2年。初めて自分で買いました。当時は「いこい」50円でした。二十歳の頃まで「いこい」でした。その頃彼女ができて、彼女はフィルター付きのタバコ、さすがに「いこい」では恥ずかしくなって、それからハイライト、で、今でもハイライトです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/141-8c071269

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。