スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花が咲いた

花が咲いた

★この子、アロエ。俗称‘医者いらず'です。それも最も古くからあり、どこの家でも一度は鉢に植えて並べたことのある、ごくありふれた種類のヤツです。この種のアロエ、またたく間に大きくなって、伸びると下の方がみっともなくアッパッパーになってしまいます。しょうがないから、枝を折って鉢に挿すと、そこでまたスクスクと成長します。そんなことを繰り返しているうちに、増えて増えて何ともなりません。

★そのうちに、この繰り返しにも飽きて、庭の隅に放ったらかしにします。そして、冬になって霜や雪にあたって、萎れて、この子は果ててしまいします。でも、また欲しくなったら、どこかで一枝貰ってこれば、何時でも育てられます。
この種のアロエは、だいたいそんな運命の植物です。
でも、私は‘医者いらず'という別名が気になって、どうも処分出来ないものですから、メチャメチャ増えてしまいました。なんともならないコイツらの鉢がゴロゴロしています。

★昨年の3月、冬の間、家の中に避難させておいたこの子たちを外に出したとき、今度こそ整理しようと、弱々しい小さないヤツを7~8本捨てようと思いました。が、待てよ、どうせ冬になったら果てるのだから、せめてそれまでは地植えしておいてやろう、と、その7~8本を鉢植えから抜いて地面に植えました。案の定、地植えした途端元気になり、春から秋にかけて伸び放題でした。11月になり冷たい時雨が降り、他の鉢は家に入れましたが、この子たちの寿命は間もなくでした。

★12月、なんと、その中の一本にポコッと花芽が膨らんだのです。私の長いコイツらとの付き合いで初めて‘医者いらず'の花芽です。驚きました。

★早速、この子の周りの土ごと掘って、また鉢に入れて家の中に避難させました。
そして、この正月、こんな見事な花を咲かせたのです!!。

★そとに残した連中はビニールで囲って防寒対策をしました。ホントに何をやっているんだか…。

ポチッとお願いします。!

コメント

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★暖かいうちは奔放に伸び放題で、いったん寒くなると霜や雪にいとも簡単に果てる、おかしな植物ですね。植物って、それぞれの原産地に民族性を反映しているように思います。そこの人々には失礼かも知れませんが…。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★おっしゃるとおり、放っておいたのがよかったようです。冬もこのままでは命にかかわるので、存在感を示すために、ここらで花でも付けてやろうか、と思ったのでしょう。
★シャガといいアロエといい、我が家のヤツはへそ曲がりが多いようで。

正しくアロエの花ですね。わが家でもアロエがあります。花に見覚えがあるのでわが家でも過去咲いたことが有るのでしょう。東京では冬の間も外に出しておいても無事に生き延びます。

適度に放っておかれたのが良かったのですね。
ぶちぶち葉っぱをちぎられているときは花どころではなかったのかな?

それにしても、アロエのお花とてもきれいですね。
情熱的な感じで。今年の夏は株を増やされてはどうですか?

玉さんちのお花は、自立心が高いものが多いようで。^^

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★えっ、アロエ水、アロエってそんな用途に開発されているのですか、‘医者いらず’っていうぐらいですから、きっと素人にも何か役立つ用途があるはずですよね。よし、ネットで研究してみよう。原料はたくさんありますから。

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★やっぱり南方原産の植物は生命力がすごいですね。植物に限らず人間も…、オリンピックの陸上のメダルは黒人が総なめにするのも分かります。
★カニシャボテン、冬の室内花として最高ですね。

水無月さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★生き物でも、植物でも、少しでも手をかけたものは、なかなか見捨てがたいですね。
★いま外でビニールで我慢している子が冬を乗りきったら、来年は全て地面に植え換えようと思っています。やっぱり、鉢植での過保護は良くない。

アロエ、大事に育てられてますね。その甲斐あって、立派な花が・・、おめでとうございます。私は、かなり前から髭剃り後(というか化粧)はアロエ水のみ、とお世話になってますが、何しろ狭いベランダだけの住いだから、育てたことがありません。うらやましい。

見事な花が咲きましたね!
やはり植物でも整理するのは忍びないですよね。
私の家(マンション)では今まさにカニシャボテンが満開です。
こいつも、アロエと同じで切った枝を刺すとすぐ根付いて新芽が出てきますよ。
なので鉢がいくつもあります。(売りに行こうかな・笑)

こんばんは。
玉さんのアロエとの奮闘振り?を拝見していて、とっても温かなものを感じました。
手がかからないようで、放っておくと尽きてしまう・・やっぱり見捨てられない・・・。
それは「命」だからなんですよね。
そんな玉さんの気持ちに、応えてくれたかのようですね。
私もアロエの花は初めて見ました!
「医者いらず」とのお付き合いは、ずっと続いていきそうですね。

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私も伊豆のアロエ園で見たことはありましたが、個人の家で見たのは私のとこのこれが初めてです。
★植木鉢で大事にしないで、地植でほったらかしにしておいた方が良いようですね。人間も同じでしょうか、世の教育ママたちに教えてあげたいですね。

初めてかも?

初めてアロエの花を観た気がします。
この花を観るとアロエを育てようか?と思いますが、冬に家の中に入れるスペースが限られているので・・・
玉清さんの普通の?写真のブログは久しぶりですね。
新鮮です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/140-b0618d57

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。