スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行報告

旅行報告

◆海風に落ち葉の舞い上がる初冬の瀬戸内海界隈を旅行して、昨夜帰宅したところです。

◆自治会の仕事を通して知り合った気の合う十数人の地域の仲間たちと年に一度の旅行が恒例になりました。今年はなんかの拍子に姫路城の話になり、ほとんどのものが過去、旅行の行程の中で乗り物の中から見たり、近くまで行ったことはあるけど、天守閣に上がったことのある者は一人も居ない、ということが分かり、それならということで今回の旅行のメインは‘姫路城の天守閣に上がる’でした。

◆えてして、行ってみれば期待していたほどの感動がなかったというのが皮肉れ者の私の常だったのですが、今回の姫路城には度肝を抜かれるほど感動しました。高い丘の上に聳える巨大なお城の遠景の美しさもさることながら、天守閣の入り口に着くまでに見る巨大石の石垣の積み方、分厚い漆喰壁の見事さ、通路設計の緻密さに感嘆することしきりでした。

◆城は天守閣に上がるスペースしか開放されていないように見受けましたが、急な階段を登ると各階層の窓から急角度に反り上がった屋根が重なり、いにしえの瓦職人や大工職人の究極の技の跡を間近に見ることが出来ました。天守閣を貫く築城当時のままの二本の心柱に触れることが出来たのも幸せでした。
天守閣最上階からは、見晴るかす瀬戸内海まで眺望出来て、きっと、この風景を睥睨しながら、国盗りの遠謀術策を練ったのだろうと、当時の武将たちに思いを馳せました。

◆私は三十代の終わり頃、イギリスに行く機を得て、あちらの幾つかの古城を見ましたが、外観の華麗さ、美しさ、内部の細々にわたる機能的な工夫、そしてそんなところにまで施された造形的な細工のこだわり、等々において、西洋のそれとは比べるまでもなく我が姫路城のほうが勝っていると思ったのです。世界遺産にはなるべくしてなったのでしょう。

◆この後、山陽路の方へも足を伸ばしましたが、またいずれ。

◆最後に余談ながら…、帰りのバスでキムタクの「武士の一分」を鑑賞、前に見に行こうと思いながら見れなかった映画だったものですからラッキーでした。ジーンと胸を打ちました。厳しくて温かいいい映画ですね。この前、家内と「HERO」も見に行ったけど、いいなあ、キムタクくん。

ポチッとお願いします。!

コメント

田舎時遊人さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★田舎時遊人さんっちからは姫路城、わりとお近いのですね。
★ホントに古の日本人の技と壮大な夢の実現をさせたパワーに驚きました。いいものを鑑賞する機会を得たと喜んでいます。
★ホームステーの学生さんのこと、以前、ブログで拝見しました。家庭ぐるみで素晴らしい実践をなさってお見えですね。田舎時遊人さん宅にスティー出来た学生さんは幸せです。珠玉の印象を抱いて帰国されたでしょうね。

姫路城の感動…

私も10月に小学生の遠足以来の姫路城を訪れて、不思議な感動を覚えました。ホームステイに来ていた学生さんと一緒でしたから、ゆっくりと見てまわることが出来ました。
重機も何も無い時代に、これだけの城を築ける財力と人そして技術、今の私には何をとっても信じられない事ばかりです。真正面から見ても一寸の狂いもなく見えますし、現在まで昔のまま保存してきたことにも驚きを隠せません。私は歴史にはほんと疎い(興味もあまりない)のですが、昔のままの美しさについつい写真を何枚も撮っていました。
もちろん、玉さんのこのイラストと同じ場所でも…

nanbuyaさん,こんにちは。

★ありがとうございます。ここ数日、ゆっくりPCを触ることも出来ず、遅れてしまって申し訳ありません。
★秀吉が敵を欺くために一晩で造ったといわれるあの‘一夜城’は私の近くですが、多分、砦のような、とても城とは言えないものだったというのが定説なのに、そこに鉄筋の威風堂々の三層の城が出来ています。恥ずかしくて…。

枯雑草さん、こんにちは。

★ありがとうございました。2~3日旅行しただけなのに仕事がたまってしまって、ゆっくりPCに向かうことも出来ず遅れてすみませんでした。
★今回は枯雑草さんの足跡の近くまで行ったようです。姫路城にはビックリしました。小さなお城しか見たことがなかったものですから…。初めて、歴史小説の各場面をイメージ出来ました。

姫路城か、昔いきました。本物の城ですね。あの会津の城でさえ、コンクリート、中は合板で、ちょっとがっかりしたものです。
瀬戸内海を旅行されたのですね。枯雑草さんの縄張りですね。

こんばんは。
姫路城、感動されましたか。ほんとに素晴らしい建物で
しょうね。私は大昔、行ったことがあるような気がしますが、
もう忘れました。中国地方の国宝、重文建築、殆ど見たので、
こんどは、兵庫県まで足を延ばそうと思っています。

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★アッ、そうか外道sさんっちから、姫路城はそんなに遠くないですね。いいなぁ。姫路城、ホントにすごいですね。あんなすごい木造建築や石垣だったとは…、初めて知りました。
★姫路城の天守閣でホラ貝を吹くとは、さすが外道s兄弟ですね。まさに快挙です。前もって、その情報を知っていれば、私も真似したかったな。
★キムタクいいですね。タイプは全然違うけど、キムタクを初めて見たとき、昔、裕二郎を初めて見たときのような衝撃を受けました。あの子はおかしな歌なんかうたっていないで、役者の道を歩いたほうがいい。

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★過去、現職のときにも職場で毎年何処かに旅行したのですが、ほとんど覚えていません。職を辞して、気楽なお絵描き商売になって、気のあった仲間との旅行はやっぱり最高ですね。べつにどうってことない所にいっても楽しいものです。
★「武士の一分」ご覧になりましたか、あのベッピンさんの嫁さんがまたいい!

思い出しました。

玉清さんがキムタクのファンとは・・・以外です。
私も好きですが。

姫路城には思い出が有ります。
世界遺産になった年に、初めて天守閣に登りました。
私の兄が「ホラ貝」を買ってきて(大きな物)、笛を作りました(兄は器用です)。そのホラ貝を吹くなら・・・兄弟で考えた末・・・
「世界遺産になった姫路城の天守閣で吹いてみよう!」
悪のりする兄弟ですから・・・
天守閣まで「ホラ貝」を隠して持って上がり、おもいっきり吹きました。
他の観光客が笑っていましたが・・・
天守閣でホラ貝を吹いたのは、我が兄弟だけかも?

玉清さん、感動する良い旅になってよかったですね!
気の会う仲間との旅、楽しそうですね。

「武士の一分」・・・私も妻と見に行きました。
感動しました。
泣きました。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/131-feb2414c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。