だからロボットなのに

だからロボットなのに

某公共機関の受付ロボットのデザインを3種提示したときの話です。一応3種提示しましたが、私はA案に決めていてB案とC案は付け足しのようなものだったのですが、あに図らんや検討会議ではA案が真っ先に外されました。その理由は「頭から手が出ているのが気持ちが悪い」と言うことでした。生身の人間の五体とバランスや形を自由に変えて『アリャ?』と思わせるのがロボットの存在感なのに…。結局C案が採用されて、いま受付に立っています。まあいいか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/13-6bf91a9c

FC2Ad