ドウマル

ドウマル

◆この子が着ている綿入りの上っぱり、私たちの子どもの頃は冬の遊び着の定番でした。飛騨ではこの上っぱりのことを‘ドウマル’と呼んでいましたが、いま住んでいるところでは‘デンチ’と言っていたそうです。それぞれの土地で呼び名が違うみたいです。

◆まさか方言なので辞書には載っていないだろうと思いながら引いてみると‘デンチ’はありませんでしたが、‘ドウマル’は‘胴丸’でありました。読むと、「戦のときに着ける簡易な鎧」とありました。なるほど、ドウマルも寒さをしのぐための簡易な上っぱり、だから多分この‘胴丸’が語源なのでしょう。

◆これ、どの子も各家庭で母親の手作りでした。私が見ていた母の記憶では、布団の古くなった布をドウマルの形に前二枚、後ろ一枚、に二枚ずつ重ねて袋状に縫い、グルッと裏返しにして、綿を重ねて置き、その綿がずり落ちないように真綿で丁寧にくるんでから、布を元に戻す、といった具合だったと思います。

◆私のような古布団の表地の再生ドウマルもいれば、家の人の古着の再生ドウマル、中には古い毛布で作ったものだからカミシモのように肩の張ったドウマルを着ているヤツも居たりしました。当時、ドウマルはちょっとした子どものオシャレな遊び着だったのです。

◆今はダウンベストですが、味がありません。今でも、何処かでドウマルを着ている人を見かけたような気がして、数年前のことですが店を探したことがあります。ありました!。ディスカウントショップに。プリント地ですが、いかにもそれらしいカスリ模様で、合成綿ですがフカフカで、あのドウマルそのものでした。早速、家内と私の二枚を買いました。

◆家に帰って、羽織るとき気づいたのですが、ナント「中国製」の文字が!。『お前、とうとう俺の記憶の世界まで入りこんできたか…』と、思ったものです。でも、重宝していますが。

◆◆こちらは昨日今日、いきなりの真冬日です。『おかあさん、寒いから、あの中国製を出してよ』『どこに片付けたかしら、あの中国製…』と、方言の‘ドウマル’まで乗っ取られてしまいました。

ポチッとお願いします。!

コメント

artkazukoさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★よくやりましたね、昔の母親たちは。どの家の家計も、食費に足るか、足らないか、のカツカツでしたから、こうしなければしょうがなかったのかもしれないけど、それぞれのドウマルに家々の個性がでていて、子供心に面白いと感じたものです。
★でも、社会が安定して家計も余裕が出来はじめると、私の母親も躊躇なく、既製品を買っていました。しょうがないですね。

オシャレですね。
親御さんの子供に対する思いが1針1針縫いこまれた「思い」の暖かさと
実際の「機能」としての暖かさと・・・。
しかも、生地である素材に歴史(ドウマルになる以前の)も篭り・・
いろいろな匂いもしみこみ、その家庭の歴史を省みることさえできそうですね。

そりやあ、今の売らんかな主義のものとは・・・格が違うでは?

bokkasaさん、こんばんは。

★回答の検閲ありがとうございます。
★あっ、そうか‘青柳ういろ’があったか、提灯マークの‘大須ういろ’しか頭になかったものですから。
★ういろ、甘みが押さえられていて、美味しいですね。

正解です。

ピンポン~。
やっぱり、ご存知でしたね。

どんびきマークのういろう・・・青柳ういろうです。
柳に飛びつくカエルのマークが、付いています。
昔、名古屋に出掛ける人に、この「どんびきマーク」の「ういろう」をお土産にお願いしたそうです。
デパートで「どんびき」と云って通じなかったと・・・。私たちの仲間では、笑い話となっております。
子供の頃、お土産で頂く、「ういろう」美味しくて嬉しかったです。

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★全く中国製の波状攻撃にはかないません。段ボール肉まん事件以来、食品はもちろんのこと、日用品、衣類、全てに対して『中国製はヤバイのでは…』と若干の偏見を持っていますが、でも、欲しいものが日本製に無くて、中国製にいっぱいあるから何とも仕方がありません。今日も中国製のカッターシャツを買ってきました。なにぶんにも値段が安い!

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私の友人の方言研究家が以前【滅びゆく方言を尋ねて】という本を出版しましたが、それを見ると、自分の居住する地域の方言ですら分からないものがたくさんありました。情報網の発達で仕方ないにしても方言の消滅と共に地域の個性も失われていくのはさみしいですね。

bokkasaさん、こんばんは。

★懐かしい飛騨弁をありがとうございます。
★私の理解では
《どんびき》→かえる、それもデッカイとのさまがえるのようなヤツ。
《やわってからくるさ》→用意してから行くからね
《ささって》→あした~あさって~ささって
★でも、カエルのマークのウイロってのが…、自信ないなぁ。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★「ちゃんちゃんこ」は飛騨でも通用します。「還暦に赤いちゃんちゃんこを」などと言うので、メジャーな共通語ではないでしょうか。
★東北は方言の宝庫、いろいろ面白い言葉があるでしょうね。もういまは消えていくだけでしょうが…。

>◆◆こちらは昨日今日、いきなりの真冬日です。『おかあさん、寒いから、あの中国製を出してよ』『どこに片付けたかしら、あの中国製…』と、方言の‘ドウマル’まで乗っ取られてしまいました。

玉清さん、↑これ、大うけです。(笑)
こんなにも、特殊と思われるものでも中国製があるとは驚きました。
でも、ある意味、それだけ需要があるって事ですよね。。。

こんにちは。
この絵、懐かしいというより、記憶の奥の底の方に隠れていたものを、引っ張りだしていただいた感じです。飛騨地方では、ドウマルというのですね。私の記憶では、袖のないものをチャンチャンコと呼んでいたような・・。袖のあるのは、ネンネコと言って、子守があかちゃんをおんぶして、その上から羽織っていたような・・。すべて、曖昧です。旧いことですから・・。

飛騨弁

おはようございます。
寒くなってきましたね。上着が離せません。
懐かしい言葉・・・えっ、ちっと違う!!
同じ飛騨でも北と南では、違うのでしょうか?
私は、「どうまり」といっていました。嫁ぎ先の母は、「でんち」では無く「でんちこ」といっています。地域によって呼び名がいろいろで、面白いですね。
玉清さん、これはわかりますか?近くの飛騨出身の友人との会話です。
どんびきのマークのういろうを貰ったので、今、やわってからくるさ。
そして、私、いまだに「ささって」を使い、混乱しております。なるべく、日にちで言うようにしておりますが・・・。

♪冬ソナ通りの紅葉情報ありがとうございました。
 今年は、訪れる機会を逃しました。
 イルミネーションのときには、行きたいです。

私の故郷でもみんな着ておりましたね。飛騨周辺ではドウマルと言うんですね。東北では、何と呼ぶのか思い出せない。袖まで有るのはチャンチャンコといってた気がしますが。中学のころ同級生が女物の赤い柄の入ったチャンチャンコを着ているのを見て粋な感じがしてうらやましかったのを思い出します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/129-cecd0300

FC2Ad