スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬ソナ通り

冬ソナ通り

◆いままでの小さな妖精から、少し成長した思春期妖精をたくさんつくりましたので、きょうはその何人かを登場させました。妖精といえども成長すればお色気も出てくるし、好奇心も旺盛です。人間界の奇妙な現象に興味津々なのです。

◆私の町には、市街地には珍しいほどのデッカイ自然公園があります。数年前、その公園内道路の両脇にメタセコイアを植樹し、石畳の散策道路にしました。メタセコイアの街路樹?、もうお気づきの方がお見えかもしれません。そうです、‘冬のソナタ’のシチュエーションです。私の町と連携都市となっている韓国の某市がそのドラマのロケ地になっていたとかで、こんな迷所、いや名所をつくるにいたったのでしょう。さらに、そこに木のベンチテーブルのようなものが置いてあるので『あれは?』と聞くと、なんでもドラマのさわりの場面に出てくる重要な小道具だとかで、それと寸分違わぬ物をつくって置いてあるそうです。あ~!。

◆恥ずかしながら、その通りの愛称が‘冬ソナ通り’です。(ちょっと、やめてよ…)と内心思ったのですが、なんと、新聞やテレビで報道されるやいなや、その通りが一挙に雑踏と化しました。噂が噂を呼んで他県からの多くの見学者を集めました。驚いたことに観光バスが乗り付けるまでになったのです。訪れるのは、おばさん軍団ばかりではありませんでした。細い銀縁メガネをかけて微笑みながら歩く、思いこみペくん、ふわふわのマフラーをゆったり巻いた、なりきりチェ嬢もいました。そのドラマを見たことがない私は時流に取り残された気さえしました。そういえば、その頃、私の友人の奥さんからの電話の第一声は『アニハセヨー』でした。(ちゃんと日本語で言え!)と思ったものです。

◆でも、織田信長ではありませんが、‘夢まぼろしの如く’です。当時の喧噪はすっかり消えて、いまは、落ち葉舞う静かな市民の散策の道です。ある意味、やっと、あのドラマの光景に近くなったのかもしれません。いまなら、あのベンチテーブルで語らう若い二人も絵になります。やがて落ち葉が石畳をおおい、雪が舞い、メタセコイアの上枝に少し積もります。最高の光景になります。まもなく、このメタセコイアにイルミネーションな掛けられ、年末から新年にかけて、通りをロマンチックに演出します。この‘冬ソナ通り’決して、冬損な通り(山田クン、座布団取って!)ではありません。町にはこういう情緒空間が不可欠なのです。

ポチッとお願いします。!

コメント

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★オリオさん、もう一度と言わず、何回でも出来ますよ(アブナイ!)
★もともとそこにあった歴史を感じさせるような所ではありませんが、でも、なかなか巧く出来た空間だと思います。利用もしない大きな建物をつくる町もありますが、それと比べれば余程いいと思います。

冬のソナタですか・・・。
私も、見たことがないので、内容はわかりませんが、この玉清さんのイラストの街路樹をみて、この物語の風景が目に浮かびました。(よく、宣伝してたので・笑)
こんな素敵な場所で、もう一度、恋人と愛をささやいてみたいですね・・・。(笑)

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★当時、アチラへのツアーが日本人のおばさまで満タンになったそうですが、平和というか、贅沢というか、はたまた無能というか…、まぁ勝手ですけどね。でも、あのドラマが両国の文化交流や相互理解を深める発端になった、という人もいますが、果たして…。本当の相互理解はお互いの過去の歴史をしっかり見つめることだと思うのですが。銀縁メガネの微笑みペくんを見つめることではなくて…。

こんばんは。
あのブームはすごかったですね。
私も2年前の年末に連続放送したのでそれでまとめてみましたが、
ウイークリーで見ていたら途中で投げ出したくなるほどの歯がゆさでした。

玉さんのお住まいの町が、アノ町と姉妹提携ですか?
玉さんが、奥様とその通りを訪れる際には
クール宅急便でミニ雪だるまをお送りしますよ♪
ちゃんと、2体。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私も全く興味関心ゼロです。あまり周囲が騒ぐので最終のあたりのドラマを2回見てみました。観るべきものはありませんでした。まず、筋が冗長で耐えられません。と、私は思ったのです(ファンに悪いので柔らかく言いました)
★けど、この通りはなかなかのものです。ケガの功名か…。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★いや、nanbuyaさん、熟女の妖精まで行こうと思っています。そのときは‘妖精’じゃなくて‘妖性’にしようかと、実は、私、その辺りの方がアイディアが浮かびます。ちょっと、危なくてブログには載せれないかもしれませんが…。

水無月さん、こんばんは。

★ありがとうございます。(座布団までいただいて…)
★私も韓流ブームには全く関心も興味もありませんが、まあ、こうして市民がゆっくり散策する空間ができたことは有り難いことです。石畳に落ち葉ってのも結構いいですね。なんか異国情緒があって。
★その愛称は追って消えていくのでしょうね。それほどの名作とは思えないし。

きらりんさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★藤城清治氏の美術館、行きたいと思っていますが、まだ行っていません。私が中学生か高校のころ、姉が読んでいた雑誌【暮らしの手帖】で、氏の切り絵のイラストに感銘を受けたのが最初だったと思います。氏、まだお元気なんでしょう?
★切り絵作家の藤城清治氏と滝平二郎氏、憧れです。

Bokkasaさん,こんばんは。

★ありがとうございます。
★職場の6階のベランダからみるかぎりでは、例年より色づきが不満です。どうも、このまま落ち葉になるみたいな感じです。でも、それはそれで綺麗だとおもいますが…。
★イルミネーション、大都市のようにキラキラせず、少なめの光がいいですね。特に、人が途絶えた遅めが最高です。

こんばんは。
風に舞い散る葉っぱに乗った妖精のお嬢さんたち。
そう、よく見ると、お色気もちょっとありそうですね・・。
「冬ソナ」ねー、時代に乗り遅れているワッシにゃ雰囲気サッパ
わからんのですが・・、「冬損な通り」じゃないってことはよくわかりましたですよ。座布団3枚デンナー・・。

そうか、妖精も成長するのですね。無邪気で、清らかな妖精から、だんだん成長につれて色気が出てきて、邪心も出てきて、神通力も消えていく。塾女や中年おじさんの妖精なんて聞いたことがない。俗な方向に行っちゃいました。玉清さんの文章の巧みさにいつも読みふけっています。

こんばんは。
玉さんに座布団1枚!(笑)

思春期の妖精たち・・・成長しても、可愛らしさはそのままですね。
落ち葉のブランコに揺られ、物思う秋の雰囲気が出ていますね。
我が家の娘だったら、こんな素敵なブランコに揺られていたら、寝てしまいそう・・・
(そしてキノコ王国の夢を・・・^^;)

「冬ソナ通り」・・・ブームはいつか終わるものですが、果たして5年、10年過ぎると、愛称は語り継がれていくのでしょうか。
でも市民の散策や、憩いの場所が増えるのは、嬉しいことですね。
私の友人の九割は「冬ソナ」にはまりましたが、私はあまのじゃくなので、興味を持ちませんでした。その友人達も現在、いつの間にか違うものに興味が移っているようです。

あっ☆妖精たちのサーカス!

玉清さんの妖精シリーズは 心をほんわかにしてくれますね。
私は 耳をすませば 素敵な音が聴こえてくるようで 本当にうっとりしてしまいます。玉さんのこの動画 巨大スクリーンに映し出したら 全国からフアンが訪れること間違いなし!!きれいですもの!
皆、きれいなものには 心癒されてよ!
私が昔 オルゴール館や 藤城清治影絵美術館に何度も足を運んだように。。。

公園がいっぱいの街

今秋は、冬ソナ通りへ写真を撮りに行きそびれました。
まだ、紅葉は、綺麗でしょうか?
玉清さんの絵を見ているとイルミネーションを撮りに行きたくなります。
妖精、どこか「チェジュ」に似ているような気がします。
「冬ソナ」放映が終わった今でも、ペ・ヨンジュンを大好きな人が沢山いて、学生時代の友人、PC仲間・・・
夏の終わりに、大好き人間がここへ集まり、食事会があったとお聞きしました。
大病をした友人は、これが生きがい・・・元気になり「ヨンジュン」のことで楽しんでいる・・・こんな姿を見ていると、良かったと思います。
歳を重ねると、元気で楽しみがあるのが一番ですね。
私も「Blog」にはまっちゃっているし。
*韓国通ではないので名前が間違っていたら m(__)m 。

この街には、公園がいっぱいありますね、
順々に回っていると、撮影には事欠きません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/127-b35f3ec0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。