幻影

幻影

◆北アルプスの岐阜県側の麓に新穂高温泉群があります。その突き当たりの場所と穂高連峰の西の端の尾根を繋ぐ長い長いロープウエイに乗ることが出来ます。あまり長いためか、斜面が急なためか、あるいは危険防止の理由からか、このロープウエイは海抜1200メートルあたりの所でいったん降りて別のロープウエイに乗り換えるようになっています。
この中継場所一帯が広い高原状態になっているので、観光客はすぐに乗りかえないで、しばらくここを散策して自然を満喫することをおすすめします。

◆この場所、秋の日、運が良ければまさに紅葉天国です。白樺と赤や黄色のコントラストが映える林の中を歩くと命が洗われる気がします。
でも、この場所の紅葉はホンのいっときで、一週間ほど経ってから友人を連れて行くと違った場所に来たのかと思う程、色の褪せた林になっています。まるで、あのときの紅葉が林ごと麓に向かって移動したのかと思うほどです。美しいときは一瞬です。

◆さて、紅葉狩りに行ったとき、どうしても自分が過去に見た最も美しかった紅葉が頭の中に残っていて、他人が『きれいだなぁ』といっても自分としては、その紅葉の色合いに不満だったり、ということはありませんか。私は、そのロープウエイの中継場所の紅葉の美しさが頭にあるものですから、どうも、近在の紅葉名所にいっても納得がいきません。

◆でも、こういうこと‘人間’には禁物ですよね。過去は全て‘幻影’ですから…。あの時出来たから今でも出来るはず、とか、久しぶりに会った彼を、昔の彼を見た尺度で判断するとか、いったことはよくあることですが、いけません。と、自分に言い聞かせているのです。過去は二度と戻らないけど、そのときどきにに何か新しい可能性が芽生えて居るはずだ、と、信じなければ人間生きていく力が湧いてきません。

◆【追記】…この人物のイラスト、以前も使いましたが、ブログ友人の写風人さんのお嬢さんをがモデルです。数年前ですが。

ポチッとお願いします。!

コメント

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★もう何回も四国巡礼の旅をしてお見えの枯雑草さんが、その都度新しい感動や感激を味わっていらっしゃることは、ブログで拝見していてもよく分かります。
★人間の感受性っていいですね。その時々に、さまざまに受け入れる懐を持っていて。

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★物づくりをしていらっしゃる外道sさんのおっしゃる気持ちはよく分
かります。そのときは造った物の出来に満足していても、後から見
ると、どうも不満ということ、ありますね。
★やっぱり、満足は一時にとどめ、さらなる挑戦を、と言うことでしょ
うか

こんばんは。
何とも不思議なイラストですね。ピーターパンのような、軽快な
空飛ぶ少女と、足の生えた、白樺の枝。この、アンバランスが
不思議の原因なんでしょうか。
同じ場所、同じ季節であっても、同じ気持ちで接しれる風景って
ないですね。自分が変わっているからでしょうか。

そうですね~

私も今回行って来た森林公園で思い知りました、前回行った時はもの凄く綺麗で、「こんな所が身近に有ったのか?」と思いましたが、今回は余り感動しませんでした。
確かに過去に観た最高の物・出来事が自分の中に有って邪魔をしている部分はかなりあります。
でも、それが自信になっている事も事実です。
難しいものです。

水無月さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★いいですね、お家の周囲に白樺あるなんて、白樺の南限は長野県、岐阜県北部あたりと言われていますが、海抜1000メートル以上の所へ行かないとでないと見れません。
★ほとんどの樹皮は縦目なのに、なぜ、白樺だけ横目の樹皮で、しかも白いのだろうと不思議です。白樺林はまるで異次元の童話世界のようでロマンチックです。それほど、こちらでは貴重な風景です。

nanbuyasさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★長野県、安曇野一帯からみる山々も素晴らしいですね。岐阜県側からの眺望は幾重にも山が重なってその向こうにアルプスの稜線が見えるって感じですが、あちらから見ると平地の端にいきなりドッとアルプスの山々が聳えているって感じです。若い頃、あの辺りに就職して住みたいと憧れたこともあります。

玉さん、こんにちは♪
白樺は北国だけかと思っていましたが、標高の高い北アルプスにも自生しているのですね。
今年は夏の気温が高かったため、我が家の裏庭の白樺も綺麗に紅葉しました。が、すでに7割は散ってしまいました。

仰るとおり、以前に見た素晴らしい光景が、頭の中に残っていて、再度訪れた時に、同じ感動がよみがえってこない・・ということがあります。
自然がくれる風景は、地球からの一期一会の贈り物なのかもしれませんね。
だから私は常に、カメラとスケッチブックを持ち歩いているのですが・・・なかなか最近はスケッチする時間はないのですけど。

写風人さんのお嬢様、お父様ゆずりのワイルド系?キリリとして素敵ですね。
私もイラストのように、楓の葉に乗って紅葉の山を駆け抜けてみたいです。

芽吹きに始まった山々も最後に紅葉で輝き、やがて葉を落とし、深い眠りに付く。何千年、何万年同じサイクルを繰り返すのですね。
穂高、懐かしい、長野県側の穂高には、わが江戸川区の保養所があり、二十数年前行きました。そうか、向こう側は岐阜県なんですね。

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★新穂高ロープウエイ、ご存じでしたか。ありゃ、すごいですね。運が悪いと頂上は深い霧で何も見えません。夏でも寒いし。実は、私はそんな日に遭遇することが多くて、早く、降りて温泉に!と叫びます。

新穂高のロープウェイに乗って、紅葉狩り・・・。
いいですね、新鮮な山の空気を胸いっぱいに吸込み、のんびりと、紅葉を楽しみたいです。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/124-0ad65147

FC2Ad