スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敷居

敷居

◆今週いっぱい、銘刀‘関の孫六’で有名な町、関市の小さな画廊で細工物陶芸を得意とする先輩作家と私のCGとの二人展をやっています。

◆ちょっと話は変わりますが、以前、新しく出来た某県の某美術館に友と行ったことがあります。えらくシーンと静まりかえった会場に少し違和感を覚えましたが、ズラッと並んだアメリカを中心とする若い作家たちの現代美術に圧倒されました。その中で気に入った一つの作品の前に立って二人でその絵の感想を話し合っていたときのことです。近くの椅子に座っていた会場監視のコンパニオンが近づいて来て、『会場では静かに鑑賞してください』と言うのです。

◆そりゃ、会場を下駄で闊歩したり、子どもが走り回ったり、赤ちゃんが大声で泣いたり、と言うのなら、そう言う注意の言葉も当然でしょうが、むしろ小声で絵の感想や感動を鑑賞者が話しながら絵を見ると言うことは当たり前のことだと思うのですが…。

◆そのとき思いました。こういう訳の分からない輩がいるから、美術館や博物館の敷居を高くしてしまうのだと。せっかくみんなに開かれた文化施設を、ハイブロウなところと誤解させる輩は許せません!

◆美術館と画廊とでは質が違いますが、画廊にも敷居の高い、庶民を寄せ付けない雰囲気を持ったところもあります。その点、この小さなギャラリーは商店街の中にあるせいか、敷居がありません。
店に買い物にきたエプロン姿の奥さんが寄ってくれたり、ウォーキング途中の老夫婦がイップク代わりに立ち寄ってくれたり、してくれるのです。

◆毎年やるので顔なじみの方も多くいます。私のCGを見て『こりゃ、どうやってつくるのじゃ』と聞かれるものですから、簡単に説明すると『はぁ~、聞いてもわしゃ分からんワイ』と言います。(たしか、この人、昨年も、一昨年も、同じ会話をしたけど…)と、なんてこともあったりして、私はこの敷居のない画廊をこよなく愛しているのです。

ポチッとお願いします。!

コメント

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★そりゃホントに警戒のしすぎですよね。作品は貴重で、代え難いものには違いないけど、壊れりゃ壊れたで仕方のないものです。顔を近づけただけで警報がなるほど大事なものなら展示しなきゃいいと私は思います。
★そういう過敏な扱いが、妙な芸術ハイブロウ意識をつくっていくのでしょうね。

玉さん、ご無沙汰しておりましたm(_ _ )m

ワッショイの語源お調べくださいまして有難うございます。
言葉とは生き物ですね。いろんな説があるものですね。

以前某老舗デーパートの展覧会で展示されている彫刻作品を
立体的に側面からも鑑賞しようとして顔をちょっと近づけただけで
ブーと警報がしました。これでは作家も彫刻も浮かばれないナァっと感じました。

破壊する人がいるから警戒しているのでしょうね。
しかし、行き過ぎではないかと感じました。

水無月さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★そうですね。ジャンルの違ったものを並べるということの意義を、いつもこの二人展で思います。陶芸に興味を持って見に来られた方が、デザインの作品への感想を言ってくださる。それがまた新しい視点なので勉強になります。或いは、デザインを見に来られた方が陶芸への感想を、というように…。自分が思いつかなかった角度からの意見、アートの限らず人生全ての場面で大切ですね。

bokkasaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★きょうやっと二人展が終わって、ささやかな慰労会をやり、さっき帰ってきたところです。少々疲れました。今度は春の中部二科へ向けて頑張ります。その次は秋の全国二科です。
★そう、あの通りです。昨年は多くの人が集まるからと、向こうの事務局が気を遣ってくれて刃物祭りの日に我々の二人展を当ててくれました。が、みんな出店の方ばかりを向いて画廊の方のさみしいこと、画廊の方を向いているのは出店をのぞく人々のお尻ばかりでした。今年は普通の日でしたが、結構な入りでした。

こんばんは♪
気の会うお仲間と、違うジャンルの二人展。。。とっても素敵ですね。7年目を迎えられたのですね。おめでとうございます。
玉さんの素敵なCGをいつもブログで拝見しておりますが、ネット上で公開されるのには、著作権の関係もあり、サイズに限度がありますよね。
もっと大きなサイズのイラストを拝見できたらなぁ・・いつも思っておりますが、
ご近所でしたら、ギャラリーに是非お邪魔したいです。(もちろん玉さんご自身にもお会いしたいです♪)

美術館はなかなか行く機会がないのですが、昨年、鑑真和上展が札幌で開催された時は、娘と鑑賞に行ってきました。
北海道という大らかな気質が、美術館の中にもあり、鑑賞されている皆さんは、穏やかな声で談笑されていて、
和やかな時間を過ごせたことが、印象深かったです。

残念です。
昨年は、体調が悪く見にいけなかった上、今年は、用があり伺うことが出来ません。本当に残念です。
Blogでいろいろ見せていただいていますので、あきらめて、また来年を楽しみにしております。

このギャラリーって、シャッター通りと言われている商店街でしょうか?
でも、刃物祭りなどでは、賑わうのですよね。

*「終電車」・・・ 私のお気に入りの一つです。
玉清さんのと違った物語をいろいろ想像しています。♪

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★いつの間にか7回目になりました。他でもやっいまますが、ここは、好きなギャラリーなので特に続けたいと思っています。
★商店街華やかな頃、盛り上がりの両サイドは歩道への車乗り入れの荷入れ場所だったそうです。だから、盛り上がった部分が正常の歩道の高さです。

こんばんは。
二人展、開催おめでとうございます。もう7回目ということは、
恒例ということですね。商店街にある開かれたギャラリーと
いうのもいいですね。皆さんの声が直接、聞こえてくるのが
楽しいですね。どうでもいいことですが、入口の歩道が盛り
あがったように見えるのが、気になります。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★敷居の高さをつくるのは美術館や博物館や画廊側にあるようなことを書きましたが、実は、私たち鑑賞者が自分で敷居を高くしていることもありますよね。私たち自身がアートは自分たちとは別世界のものだというように心を開いていないところが…。
★彫刻の森の感動、それは響さん自身が常にそういうものに心を開いているからだと思います。

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★ヘタでも、未熟でも、他人に見ていただくと言うことは、それなりに勉強になります。歯に衣を着せぬ言いたい放題の批評をしてくれるヤツに出会うと、チクショウ!と思うこともありますが、それが次のエネルギーになることは事実ですから…。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★無理をしてでも、こういう機会を持たなければ、私は怠けてしまうから、嫌々重い腰をあげているということも否めません。でも、やれば、何らかの得るものはありますので、やって良かったとは思います。

個展開催おめでとうございます。
ホントに、お近くに住んでいたら、フラワーアレンジメントでもお持ちするところです。
(ん・・と、あれは二科展でも出品していた作品カナ?)

『敷居のない画廊』を愛でていらっしゃるとは。
本当に玉さんの人柄をしのばせるというか、
本当にすばらしいと思います。

箱根彫刻の森で、初めて沢山の美術作品(主にオブジェ)を野外で見たとき、結構感動したのですよね。
室内で見るのとは違う・・やはり親しみやすさを感じたんだろうな。
玉さんのおっしゃるように、敷居を感じなかったから・・なのかもしれないですね。

「二人展」・・・7回目ですか?
近くに住んでいたら是非、玉清さんと先輩の陶芸をじっくり観賞したいですね。
個展、いいな~、羨ましいです。

画廊の敷居の高さは感じています。絵画教室の先生の個展などに行くことがありますが、緊張が走ります。楽しむどころでは在りません。ところで、玉清さんの作品を発表できる環境、行動力、うらやましいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/123-d1acd4c5

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。