スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終電車

終電車

◆先日、久しぶりに名古屋への往復、電車に乗りました。いつもは美術館に行く程度なので車なのですが、その日は終日、名古屋に居なければならない所用があり電車を利用したのです。理由は駐車料金が高いからです。都市の公共駐車場の料金というのは、そのあたりの地価で算出しているらしく、中心部と周辺部では大きく違います。私の用務先の近くのその公共駐車場、なんと10分で100円です!。地方から来た人が自分の地域の常識的な駐車料金が頭の中にあるものだから、10分を1時間と勘違いをして『さすが名古屋、公共駐車場は安い』と喜び、そこに駐車し、一日楽しく遊んで、いざ帰りの出車のとき、その高額料金に卒倒しそうになった、と言うウソのようなホントの話もあります。

◆あっ、余分な話を…、そんなわけで帰りの終電車の中です。
人物観察面白いですね~。私の前にお見えの4人様。仮に、役所の課長
補佐のおじさん、その両脇に、今年入社の新入社員とまじめな女子大
生、同窓会帰りのご婦人は立ったまま。4人とも名古屋からの乗車でした。

◆ご婦人はすぐ読書を始めました。間もなく、課長補佐が週刊誌を開きます。それにつられるように新入社員と女子大生がバッグから本を取り出しました。女子大生は一心不乱に読書ですが、新入社員はあまり読む気がありません。チラッチラッと課長補佐の週刊誌を横目でのぞいています。やがて、課長補佐に睡魔が襲ってきて、週刊誌を膝に広げたまま爆睡です。新入社員は、もう自分の本はそっちのけで課長補佐の週刊誌に釘付けです。きっと面白い芸能人のゴシップネタが書かれているのでしょう。
それにしても、ご婦人は席がいっぱい空いているのに何故すわらないのだろう、ブランドの洋服にシワが付くからでしょうか。

◆たまには、電車も退屈しなくていいなぁ~。

ポチッと応援お願いします。!

コメント

boumamaさん、こんばんは。

★お訪ねいただきありがとうございます。
★私は最近あまり電車を利用しませんが、ラッシュ時の通勤電車、お昼頃の遊びに行く電車、帰宅電車、終電車、それそれに人々の表情や仕草が異なっていて生活のドラマを感じますね。
★カタカタ、コトコト、という体に伝わる音もなにか温かい感じがして好きです。boumamaさんは、スケッチに出かけるときは電車ですか?、車ですか?、また素敵な水彩画を楽しみにしています。

人間観察

初めまして。
この終電車、雰囲気伝わりますね。
立ってる女性の揺れ具合がホント電車のそのものですよね。
寒くなって来たところで家族の待つ家に早く帰ろう・・っと。

何気ない表情の中から人間観察出来るなんて流石です。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★四国巡礼の旅、ご苦労様でした。また素敵な写真が楽しみです。
★ご婦人で前の二人が隠れるので、ご婦人を黒の半透明にして向こうの二人が見えるように工夫しました。その代わりに、ご婦人の顔を窓に映して登場していただきました。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★あっ、そうか、確かに私も酒臭いヤツの横や香水プンプンの横はちょっと遠慮しますね。
★終電に乗ったのは何年ぶりだったでしょうか、いろんな人を見るのも楽しいし、窓の外を走る家々の灯りも懐かしい気がしました。

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★ほんとにそうですね。私も印象の強い人物や風景はそのときにメモっぽいものでも何でもいいから、その場で残しておかないと忘れてしまいます。
★でも、最近はデジカメで…、そして家に帰ってから、それを見ながら思い出しながら描く、というインチキもやっています。

こんにちは。ちょっとご無沙汰しました。1週間、四国を歩いておりました。
電車の中の、人物観察、とってもおもしろいですね。さすが、玉さん流。立っている女性の顔が窓に映っているのが、いいですね。

こんばんは。
私も、電車では隣に座る人選ぶ・・というか・・
なんかいやなひとの隣に座るくらいなら立ってました。
あと、本を読んでしまいたい時とかね。
座ると、眠くなるほうだったので。

東京の山手線・・駅ごとに沢山の人がいて、
北海道生まれの私は 毎回新鮮に驚きました。

玉清さん、人間観察ですか~?

私もたまにやりますよ。

つい先日も、居酒屋で子連れで来ていた、女友達らしき2人組みの・・、3~4歳位の男の子があまりに可愛いので手帳を出してこそこそとスケッチしていたんですけど、妻にたしなめられました。(泣)
何故か、酒を飲むと絵を描きたくなるんですよ・・・不思議と。(笑)

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★終電車の乗客の人々いいですね。おっしゃるように、皆さんが‘満足感‘や‘充実感’や‘虚脱感’等々を背負ってお見えのようでドラマがあります。私のそのときは他人から見れば‘疲労感’だったでしょう。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私も‘終列車’の時代です。「赤いランプの終列車」の二番です。懐かしいではありませんか!!
  涙かくして 微笑みあって
  窓に残した 心のぬくみ
  あの人は あの人は
  いつまた逢える 旅路の人か
  赤いランプに 終列車

終電車に乗り合わせる人々は、仕事で遅くなった人もあれば、
お付き合いで飲み会に出た帰りの人、友人との楽しいひと時やデート帰り・・・それぞれいろんなドラマがあるのでしょうね。

この絵の女性は、運動不足解消の一つとして立ちっぱなしとか・・。
本を読みながらバランス感覚も鍛えているとか。

終電車、・・・私の記憶の中では終列車・・です。テールランプが闇の彼方に遠ざかる。子供の頃は東北本線は汽車でした。
停車場のホームから見送る終列車は侘びしいものでした。
春日八郎か三橋三智也の世界です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/121-94f6ab6b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。