スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十月の山

十月の山

◆昨日、伊吹山に日帰り登山をしてきました。標高1377メートルの山です。滋賀県と岐阜県にまたがる平野部に近い山としては結構大きな山で、私の家からは日帰りギリギリです。
この山、夏に登ると、岐阜県側からの立派なドライブウエイがあるために、頂上はドライブで来たあんチャンやねえチャンと登山姿がごちゃ混ぜの妙な山でもあります。
私はいつも、滋賀県の米原市の端っこの奥伊吹まで車で行って、琵琶湖を背にしての登攀コースです。

◆山登りは、寄る年波をモロに感じるスポーツです。でも、いつだったかTVで間寛平チャンが言っていました。『マラソン前は喰うに限る、腹一杯食っておれば、何とかなる』と、以来、私も登る前は腹一杯に喰いだめをするのです。今年の24時間TVの欽ちゃんもこの寛平言に従ったそうです。
それが体に良いか悪いかはともかく、確かにこの方法は‘正解!’と実感しているところです。

◆1000メートル前後の十月の山は静かでいいですね。夏の賑わいが去ってシーンとして、冬を迎える身構えのような風情があって…。

ポチッとお願いします。!


コメント

きらりんさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★伊吹山は、ほぼ毎年滋賀県側から登っています。滋賀県側からの登攀コースは木陰が全くないので夏はダメですが、10月は琵琶湖からの涼風が直射日光を吹き飛ばしてくれて、とってもいいコースです。
★私のような、せっかち性分には、一歩一歩の山登りはとってもいい精神リハビリです。

伊吹山

私の住む岐阜市からは伊吹山はちょうど真西。サンセットの山です。きれいな夕焼け空は伊吹山のシルエットを浮き出してくれています。
私も時々、伊吹山の頂上へいきます。去年はオチャメさんとドライブコースで行きました。8月の末でちょうど滋賀県側からの耐久?伊吹山マラソンがあり、頂上でゴールする人たちを応援しました。すごいですね。歩いて登るだけでもちょっと私には体力的に無理だと思っているのにマラソン!!ってびっくりしました。完走された人の中に高齢の人もいました。
今年は残念ながら登っていませんが 玉清様が登られたのは12日だったのでしょうか?私も池田山の山麓に居てきょうは登山日和だなって伊吹山を眺めていたような気がします。
初夏、夏はお花畑。秋は紅葉が楽しめますね。

オリオさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★高年齢になると、いっぱい‘食いだめ’をしても、消化が遅いのか横っ腹も痛くなりません。喜ぶべきか、悲しむべきか…。
★写真、そう見えますか?、よし、下から見上げるように撮ってもらったのが成功したな!

saraさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★若いときは何日も山に入っていましたが、年齢とともに行く山の標高も低くなり、いつの間にか日帰り登山になりました。でも、来年こそは3000メートルに、と毎年思っているのですが…。
★運動前の‘食いだめ論’、若い人は横っ腹が痛くなるのでは…。

山登り、いいですね!

「腹が減っては戦が出来ぬ」・・・。
私も玉さんと同じく、この方針です。

玉清さんのシルエットを見た印象では・・・。
中肉中背、がっしりとした骨格、筋肉質。
○○シンドロームなんて、関係なさそうですね!(笑)

山登りをされたのですね。
山頂は空に近いですね・・とても気持ちよさそう・・・。眺めもいいですね。
山に登る前にはたくさん食べるとよいのですね。走る前にも・・。
(子供にも話しておきます。)( ^ ^ )
山登りには昭和スタイル・・・私もそう思っていました。

足袋ネコさん、こんばんは。

★ありがとうございます。足袋ネコさんはきっと登っていると思っていました。
★〈神社の横を通り、スキー場を黙々と登り、急斜面を喘ぎながら
登ったのに山頂に着いたら、すぐそこに駐車場が見えて・・・力がぬけました。〉 あのコースから始めて登った人が皆さん同じことをおっしゃいますね。ほんとにその通りです。あのドライブウエイの観光開発、犯人は我が岐阜県側です。<(_ _)>
★頂上の食堂小屋、相変わらずです。ヘトヘト空腹のときに限り美味いソバを高価で売っています。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★寄る年波とともに登る山も標高も低くなります。でも、1000メートルを越すと雲が下に見えたりして、それなりの気分も味わえます。
★響さん、専門家の視点から、あの寛平チャン論は如何なものなのでしょうか?

nannbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★『明日、天気が良かったら登ってこよう』 と、多少の気構えで登れる山ですね。でも、やっぱり1~2泊して入る山のほうがいいですね。来年は、と思っているのですが。

違う方のブログに来てしまったのかと思いました。
伊吹山・・・昨日名古屋に行ったおり、バスから眺める事ができました。
西斜面のえぐられた様な所にはだいぶん植物が生えてきたのか
緑色っぽくなっていましたね。
私が登った時は(何年前か忘れてしまいました)、土色をしていました。
あの時はお天気が最高によく、パラグライダーも飛んでいましたよ。
神社の横を通り、スキー場を黙々と登り、急斜面を喘ぎながら登ったのに
山頂に着いたら、すぐそこに駐車場が見えて・・・力がぬけました。
山頂のあの無粋な建物(失礼!)はまだあるんでしょうか?
金沢からは高速を使うと、余裕で日帰りができます。

ああ、山神様。

深い自然に抱かれると ”神”を感じますよね。
最近自分の足では山に登っていないな・・。(結構花粉症でもあるし)
すすきの原、遠くに見える琵琶湖。
それより、玉サンの勇士に感動します(^^

伊吹山、聞いたことが有りますが、その程度、1000メートル、丁度いい高さですね。それなりに登山気分も味わえる。もう私にはその元気も有りませんが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/120-6d6c5201

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。