スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートバイ

オートバイ

◆これも以前アップした落選3部作のうちの1点です。まあ、それはいいとして、きょうはオートバイ乗り(カブみたいなやつじゃなくてでっかいヤツ)の話です。

◆私はオートバイに乗ったことがありませんので、オートバイのことは全く分かりませんが、オートバイ乗りの連中をみていると、その一種独特の感性というか、こだわりというか、そんなものに羨ましくおもうことがあります。

◆私が大垣の職場に勤務していたときのことです。若い友人が‘根尾の薄墨桜'を見に行く途中、私がここの3階に勤務していることを思い出し寄ってくれたのです。久しぶりの出会いに、懐かしい昔話は尽きませんでした。その話の途中で、彼がフッと窓から外に目をやり、いきなり『アッ、アイツが待っているので、もう行きます』と言うのです。
私は、連れの人を外で待たせていたのかと思い、窓から下を見ましたが、それらしき人は誰もいません。駐車場の端に、でっかいチョコレート色のオートバイが停まっているだけでした。彼の言うアイツとは、そのオートバイのことだったのです。

◆3階から見ていると、彼は後ろに積んだ箱のような物の中から革ジャンを出して着込み、ヘルメットをかぶり、オートバイにまたがり、発進する前に、オートバイの腹の辺りを『よしよし』と言うように、ポンポンとたたいているように見えました。

◆後から、オートバイに乗っている何人かににそのことを話すと『そりゃ当然でしょ』と言わんばかりの答えばかりが返ってきました。彼らにとってオートバイは、まるで命を持ったマシーンなのです。

◆自分を待っていてくれると感じるような‘物'ってありますか?
私は無いなぁ、羨ましいと思いました。

ポチッとお願いします。!

コメント

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★やんちゃ時代の外道sさんの姿がイメージできます。
〈一緒に走っていると会話をするわけでは無いのですが、相手の気持ちが解って・一体感を感じて良い感じでした〉と、おっしゃる気持ちも良く理解できます。
★あまりしゃべらなくても相手のことが理解できるというのが、仲の良い男連れのいいところですね。

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★オリオさんもやっぱり、なんか、元遊び人(失礼!)はみんなバイクに乗っていたようです。私はバイクに乗ったことがありません。
★バイクに乗っている私の連れも〈オートバイに対しての愛着は、他の乗り物とは、ちょっと違ったものがある)と、オリオさんと同じことを言います。

昔は・・・

私、学生の頃はやんちゃでしたから禁止になっていたバイクの免許を取り走りまくっていました。
今から思えば良い思い出です。
最近バイクにまた乗りたいと思っているのですが・・・経済的に・・・
その方の気持ち解りますね~
でも私の場賄、一緒に走った仲間の方がバイクより好きでした。
一緒に走っていると会話をするわけでは無いのですが、相手の気持ちが解って・一体感を感じて良い感じでした。
またバイクに乗って気持ちの良い時間をすごしたいな~。

この壮大な自然の中のオートバイの絵を見ていて、かっこいいバイクを描かれているので、てっきり、玉さんは、ライダーかと思いましたよ。(笑)
実は私もオートバイが好きで、16歳の時に免許を取ってから、10年間くらい経って、最後に「ナナハン」・・・・(古い言い方)に乗ってました。(もう26年前のこと・・・)
おっしゃるとおり、オートバイに対しての愛着は、他の乗り物とは、ちょっと違ったものがありまね。。。
また、いつか・・・と言う気持は常にあります。(笑)

nanbuyaさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★nanbuyaさんは、バイク乗りの過去がおありのようですね。
★私たちが運転免許を取ったときは免許証に「普通」と「自動二輪」と書かれていましたよね。でも、若いときは財政事情上、自動二輪は乗れず、ずっと乗らずじまいです。ナナハンなんかに乗っている人が羨ましかったなぁ~。

リガサキさん、こんにちは。

★ありがとうございます
★ほんとですね、私の近くも結構交通量の多い道路がはしっているのですが、土日の深夜になると、暴走族のバカどもがギュ~ンギュ~ンいわせてバイクを走らせます。あの子たち、とてもバイクを可愛がっているとは思えません。バイクに無理させていじめているって感じですよね。
★あっ、そうそう、二十歳のお誕生日おめでとうございます。就活、頑張ってください。

響さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★あ、そうか、響さんを待っててくれる‘物’、聴診器ですよね。疲れていても、きょうはちょっと休みたいと思っても、カレが待ちかまえているっていう感じですね。でも、カレを身につけるとピシッとする。『さあ、きょうも!』と。そういう一心同体の‘物’ってなかなかありませんよね。
★さあ、明日もカレとともに頑張ってください!

saraさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★そうですか、saraさんのお父さんはナナハンに乗っていらっしゃったのですか、それにモトクロスまで…。とても活動的な素晴らしい趣味をお持ちだったのですね。特に、ナナハンは私たちの憧れでした。
★saraさんをいつも待っててくれる‘物’、saraさんが想いを寄せる‘物’、それは‘駅’、素晴らしい‘物’をお持ちだと思います。

オートバイは車よりも乗る人にとっては可愛いらしいです。乗るときに、車と違って体重や体のバランスで乗るので、一体感が出るのでしょう。カラダの一部の様な感覚でしょうか?

お久しぶりです

バイク好きな人って本当に大好きですよね。バイクのことを相棒のように思って、愛情をそそいでいるんでしょうね。そんなバイクってカッコいいなとは思いますが、私は怖いので無理です…。あと、カッコ付けか知りませんが、必要以上と思われるエンジン音を(特に夜中に)出してるような人は嫌ですね。大きいエンジン音が鳴らなくても、カッコいいものはカッコいいと思うのですが…あの音が良いのでしょうけど。

こんばんは。
聴診器に『お仕事、お仕事。』って言われますね。
首にかけると ピシっとします。
いい相棒だと思っています。^^

玉さんは、どうですか?
筆?彫刻刀でしょうか?

素敵なイラストですね。実は、私の父はバイクが大好きで、カワサキの750(ナナハン)に乗っていました。父にとって、バイクは永遠の恋人のようなものだったみたいです。私が幼い頃には、モトクロスもやっていたのを覚えています。
今日の記事を拝見して、元気だった頃の父を思い出してしまいました。
私にとって待っていてくれるものは・・・・恥ずかしいけれど、駅です。(すみません・・変なことを書いてしまって・・。)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/119-d4a50333

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。