二科展

二科展

◆先刻、「二科展」展示作業を終えて帰ってきたところです。
二科展、先日まで東京六本木に新設された国立新美術館で開催されていましたが、明日からは名古屋に移動して愛知芸術文化センターの愛知県美術館で開催されます。

◆私、若い頃は「自由美術」という公募展に油絵の抽象画を出していたのですが、仕事も忙しくなり(いい訳ですが…)毎年でっかい絵を描くのがおっくうになり、しばらく公募展からは遠のいていました。

◆それが、二つ目に人生が近づいた頃、遅ればせながらCGを覚えたものですから、以前から憧れていた二科展のデザイン部への出品を始めたわけです。ラッキーなことに初出品以来、毎年入選をさせてもらっています。

◆おまけに、今年の作品は二科展全国巡回展作品の中にも選ばれ、名古屋をかわきりに来年の4月まで全国8都市を巡回するそうです。多くの人の眼にふれるのは嬉しいかぎりです。

◆二科のデザイン部の一般出品者の中では、多分、私は年長者の部類でしょうが、まだまだこれから、と気持ちを新たにしているところです。

◆ところで、写真にぼんやり見える私の作品、いつぞやのブログでアップしたやつです。出力サイズは103㎝×72.8㎝のB1サイズです。結構大きいでしょ。

ポチッとお願いします。!

コメント

Bokkasaさん,こんにちは。

★ありがとうございます。
★一遇会の件ですが、以前から、あの業務連絡通路のスペースを利用したような会場とその横に出来た、外から見えない入り口の穴蔵のような会場に疑問を持っていたのですが、あんな会場でやるのは止めよう、ということになり、今年は中止です。陶芸の先輩と関市でやっている二人展は今年も開催です。一遇会の写真の彼とはごこか良い会場をみつけて再開するつもりです。

名古屋へ出掛けて、二科展を見たいけれど、行けそうにありません。 m(__)m
今年も「一遇会展」を行われるのですよね。
そこで、玉清さんの作品を沢山見られるのを楽しみにしております。
でも、今回の二科展に出されている作品は、全国を回っているのだから、来年までお預けですね。

♪何年か前、友人のKさんと玉清さんの作品を見てすご~~く感動し、数回、足を運びました。
玉清さんの作品に出会ったとき、頭に走った稲妻が、今でも、思い出されます。
PC勉強中の二人を玉清さんが仕事部屋に~~。
ここでも、感動。 ・・・・・・。

一遇会展・・・是非、お知らせください。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★結構大きいサイズでしょ、公募展のデザイン作品はだいたいこのB1サイズと決められています。でも、こんなでかい作品を出力するプリンターは個人では誰も持っていないので、出力業者に出します。その出力費がまた高い!、公募展への出品は銭喰い虫です。
(ミミッチイことを!)

こんばんは。
いつぞや、ここで見せていただいた作品はサイズにすると、
あんなに大きなものなんですね~。
それにしても、入選しているなんてやはり玉さんはすごい。
エネルギッシュですね。^^

saraさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★二科の巡回日程ご覧いただいたそうでありがとうございます。よろしかったらお出かけください。出品作品のキャプションは、このブログんのハンドルネーム‘玉清’ではなく本名ですので、お分かりになるかどうか…。まぁ、作品の雰囲気でご判断いただければ。

展示作業、お疲れ様でした。
玉清さんの作品、二科展全国巡回展作品の中に選ばれたのですね。素晴らしいことですね。おめでとうございます。全国8都市を巡回・・・今、HPを見てみました。福岡では、平成20年02月26日~03月02日まで福岡市立美術館で開催されるそうですので、絵が大好きな娘と一緒に行きたいと思っています。

artkazukoさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★ポスターは二科の事務局でしょうし、壁面の一段掛けは昔から二科に出品している古参の作家たちです。私のような新参者は二段掛け要員です。あぁ~。
★いろんな公募展を見に行きますが、最近、ある刺激を受けています。やっぱり、油か水彩もいいなぁ~、と。

残念。玉さんの生作品、拝見したかったです。
展覧会用のポスターなども手がけられたのでしょうか?

団体展を拝見して思うのは、
作品を2段がけしているのが、出品者の方々には気の毒だなと。
一つ一つ並べての展示は難しいのだそうですね。

玉さんの作品は、ど~んと中央正面の壁に一点がけで展示するべきですよね!

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★いや~、私は外道sさんに、パワー+ガッツを感じますよ。いつも前向きで。
★私は現役時代と全く違った世界に生きることができてありがたいと感じています。新しい世界を知った子どものようなものです。二科に出すようになってから、また違った人間関係が出来たりして、新しい世界を知ることは楽しいことですね。

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★作品をつくるものにとって、公募展への出品が良いのかどうかは分かりませんが、私の場合は、自分にノルマを課さないとほんとに何もやらなくなってしまうので、二科を続けようと思っています。
★オリオさん、歳は関係なく夢を抱いて頑張りましょう。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★お兄さん、国展に出していらっしゃったのですか、大きな公募展ですよね。私も何回か見に行ったことがあります。ずっと以前見たときは伝統的な具象画が多かったように思いましたが、最近見に行ったときには現代美術的なものも多くあり、公募展の変遷を感じた国展でした。
★二科巡回、絵画・デザイン・彫刻・写真の各部門が一緒に動くのか、別々に動くのか分かりませんが、広島は県美で1月上旬とありました。私のは愚作ですが…。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★今年あたりから、各公募展の東京会場は上野から六本木の新美術館に移りつつあるようですね。先ずきれいだし、展示の配慮が行き届いているようです。
★公募展、自分を怠けさせないように、一年に必ずやってくるノルマとしてはいいかな、と思っています。

すごい!

玉清さんのパワーが凄い!
第二の人生での活躍にパワーを感じます。
そのパワーを西に向けて送っておいて下さい。(笑)

流石ですね!

玉清さんは、やっぱり流石ですね!
自分の夢を現実のものにしてるって凄い事ですよね。
私も若い頃に、油絵で地元の展覧会で入選した事があり・・・、次ぎは二科展だ・・・と、思ってるうちに時が流れ、その残像は捨てきれず、何十年の時が経ち、今に至っているって感じです。
でも、いつかは画家として花を咲かせようという夢は・・・。(笑)

こんにちは。
二科展にお出しになっておられるのですね。ちょっと、晴れがましくいいものでしょうね。実は、兄が国画会(洋画)に毎年出していたので、雰囲気わかります。広島でも開催されるのかな。開催されれば、見にゆきます。

二科展が東京で開催されていたとは知りませんでした。ましてや玉清さんの作品が出品されていたとは、知っていれば必ず行ったのですが、惜しいことをしました。それにしても羨ましい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/117-090c1643

FC2Ad