キノ

キノ

◆何年か前、ある出版社が某小説の読書感想文ならぬ読書感想イラストを募集していたので、お遊びで暇を見つけて応募しようと思い、その本を買いに本屋に行った。結構なシリーズ本だった。その中の一巻を買い読んだ。何とも荒唐無稽な内容で、詳しい内容は全く覚えていない。

◆ただ、そのとき『こんな本は、そう誰もが読んでいるわけがない、イラストの応募だって、きっと少ないぞ、もしかしたら…』と、取らぬ狸の皮算用をはじいたことを覚えている。そして応募、そして見事に落選。このイラストはそのときの落選イラストである。データのままずっと、日の目を見なかったので、ここにアップした。
後で知ったが、この本、多くの若者の支持を受けていると聞いた。その後、アニメにもなっていると聞いてビックリした。
その本の内容が分からないと、このイラストの意味も分からないが、内容を書いていると長くなるので省く。まあ、こういう情景画としてご覧いただきたい。

◆やっぱり、もう少し、この本のことを書こう。主人公の無国籍スーパーマン、虚無的でニヒルな男、名をキノという。バイクに乗って町から町へ放浪の旅をしている。街々で遭遇する事件を冷徹に素早く解決というか、処理をしていく。その街々で遭遇する事件一つ一つが、現代社会の矛盾の縮図と作者は言いたげに見える。構成としては名作「ガリバー旅行記」や私の好きなアニメ「銀河鉄道999」に似ているようにも感じるが、バイクや拳銃などの何げな説明が妙に詳しくてオタクっぽい。

◆ただ、キノくんならずとも、「一人旅、放浪、知らない町、未知との出会い」っていうのは、そんな機会がある筈がないからこそ誰でも憧れる。

◆小説「キノの旅」、もし興味があったら。でも私のように一冊読みきらないうちに『つまらん…』と投げ出すかも。

ポチッとお願いします。!

コメント

ニンさん、こんにちは。

★ありゃ?、そうだったのですか!いい加減に読んでいるモノですから、てっきり男の子かと…。
★ありがとうございました。

ありゃ?

キノ君は女の子ですが・・・(ま、いっか)
イラスト上手いですね!
私も上手に書きたいですゎ!

bokkasaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★早速、その「ナルト死す」の予告編をHPを見せてもらいました。うまいこと描きますね、プロは。特に背景処理なんか最高ですね。出てくるヤツらのセリフがキザ過ぎすが…。今の子どもは、ああいう会話をかっこいいと思うのでしょうか。ディズニーや手塚治虫のマンガやアニメを今の子に見せたい!

キノ君

こんばんは。
私は、この本もアニメも全然わかりませんが、カッコイイ少年「キノ君」ですね。
現在、流行っているアニメ等・・・時代の流れに付いていけません・・・歳を感じています。
他のBlogで、「お孫さんと夏休みに映画を見に行った」・・・
私がよく見る画像Blogで・・・
「ナルト死す」ですって。 http://www.naruto.com/j/
アクセスしてみてください。今、これが人気あるのでしょうか?

玉清さん作成「キノ君」も・・・テレビや映画館で登場してきそうな感じです。

水無月さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★そうですか、少林寺娘さん、中学校の頃に「キノの旅」を手にしたことがお有りでしたか。確かに綺麗なイラストで、短い一話完結の短編が何話か載ってるので、あっという間に読破できて、当時の中学生には人気があったのでしょうね。
★私たちの子どもの頃にむさぼり読んだのも、無国籍、年齢不詳、のスーパーヒーロー物でしたよ。

こんばんは♪
「キノの旅」・・・少林寺娘が、中学生の時に友達から借りて読んでいたので、私もパラパラ・・・とめくってみました。
確か・・イラストは、結構可愛らしい少年だったような気がします。が、玉さんと同じで、お話の内容は全く覚えていません。
人情味に欠けるというのか・・・私の考えが古いのか・・・小説の中とはいえ、少年が銃で解決していく・・
という世界に、ちょっと空恐ろしいものを感じたからかもしれません。
旅・・・というのは、もっと人間との温かい関りがあってほしいですよね。

もし玉さんのイラストが入選なさっていたら・・・と考えると、今こうしてお話させていただいていることに、不思議な気持ちになりますね。
玉さんの描いた「キノ少年」は、好奇心旺盛で、とても生き生きとした瞳の持ち主・・・こちらの方が素敵です。

枯雑草さん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★よく冒険活劇のマンガみました。マンガを嫌う教育ママ、パパが今でもいますが、私は自分の経験からも、‘読書’への入り口はマンガだと今でも思っています。
★いま、手塚治虫氏のマンガで、あまり一般的に知られていないマイナーなヤツを集めています。

nanbuyaさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★いまは、ちょっと人気の出た読み物は全てマンガやアニメにしてしまうようです。また人気マンガが立派なドラマに焼き直し、ということも多いですね。
★私、よくあちこちによく応募しますが、うまくいくのは数少ないですね。でも、トレーニングのつもりでやっています。

響さん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★こちらの夜は急に涼しくなりました。まるで季節代わりのスイッチが入ったようです。
★自分の感性に合うか、合わないか、ホントにそうですね。意気込んで読んだ本や見た映画がガッカリしたり、逆に、時間つぶしに読んだ本や見た映画がメチャメチャ良かったり、ということは私もよくあります。

こんにちは。
もう、私には、まったく無縁になってしまったけれど、いつの
時代でも、無国籍で無人種で、カッコよくて、荒唐無稽と
言えばそう、こんな漫画ありましたよね。でもね、何だか、
若き日のはかない夢のようなもの感じて懐かしいですね。

玉清さんも落選することが有るんですね。漫画の世界はさっぱりです。今では世界に日本の漫画が輸出されて人気を博しているとか。不思議な気がします。輸出するには無国籍ものがいいんでしょうね。

こんばんは。
イケメンだ~、イケメンだ~♪
ちょっとワイルドな感じで、硬派(死語ですかね?)な感じもありカッコいいですね。

書物は 人それぞれの感性でとらえ方がありますからね。
いろんな感性があるんだと思います。
私も最近『女性の品格』を読んで、・・・・ふーん・・・で終わっちゃったので(汗。

オリオさん、こんばんは。

★お訪ねありがとうございます。
★いいえ~、どんな想像をしていただいても結構ですよ。私も全部読んだわけではありませんが、何でもアリの内容のようですから。
★こういうマンガ的な絵も小さいときから好きだったものですから…。

この物語はぜんぜん知りませんが・・・。
絵だけで判断すると、村人を蹴散らす悪がき!・・・って感じです。
玉清さん、変なこと言って、気分を害されたらごめんなさい。(あくまでも第一印象ですから・・笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/112-a2639852

キノの旅『キノの旅』(キノのたび)は、電撃文庫から刊行されている、時雨沢恵一のライトノベル。イラストレーター|イラストは黒星紅白。2000年3月に、『電撃hp』Vol.6に掲載され、読者アンケートで大きな人気を得る。その後、ファンの声にこたえる形で、文庫本化。大人気

FC2Ad