スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四季

四季

◆これまでに仕事上で創ったポスターや自分の作品のためにつくったイラストのパーツを寄せ集めてつくった絵です。

◆「古今集」だったか「新古今集」だったか覚えていませんが、藤原ナントカさんの歌に秋来ぬと 眼にはさやかに見えねども 風の音にぞ驚かれぬる’という歌がありました。昭和庶民の名曲「小さい秋みつけた」の二番では、‘お部屋は北向きくもりのガラス うつろな目の色とかしたミルク わずかな隙から秋の風…と、サトウハチローさんは書いています。

◆平安の昔から、いまに至るまで、五感を澄まして季節の変わり目を感じ取ろうとした、我が日本人の繊細さを感じるのです。
特に、人々の季節への願いが集まるのは《暑い夏から爽やかな秋へ》《厳寒の冬から温かい春へ》でしょうか。

◆それもこれも、四季に恵まれた日本だからこそでしょう。日本文化の背景には四季の移ろいの美しさが大きく介在しているということは、言うまでもありません。

◆でも、でも、今年の猛暑は涼しい秋を期待するあまり、感性を大きく
狂わせました。九月に入って『オッ、今朝は涼しいな』と思いきや10時頃には33℃の急上昇、『やっと、風が出てきたな』と思いきや、台風の影響だったり…。きょう、9月9日、湿気と暑さのサウナ状態のなかで、こうしてアップ作業をしてます。お部屋は北向きですが秋の風は全く入ってきません。(=_=)

ポチッとお願いします。!


コメント

bokkasaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★今年の‘秋の始まりは雨’でしたね。ちょっとイヤですね。今年の紅葉はどうでしょうか、坂本峠へ今年も行こうと思います。
★ポスター、街角で目にとめていただいてありがとうございます。今、来年3月のシティマラソンのポスターをつくっています。もう冬を飛び越えているのです。気の早いことで…。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★この夏の連続猛暑日は私もなにか天変地異の不安さえ感じさせるものでした。
★人類の反省から若干の軌道修正が将来あるにしても、もう遅いと感じます。エコを標榜するリサイクル事業に要する石油燃料がこれまた膨大なものらしいですね。どうしようもありません。石油が枯渇しない限り、地球はきれいにならないと本当はみんなが思っているのではないでしょうか。

秋は、そこに・・・

やはり、秋はやってきますね。
玉清さんがUPされた日は、いつ秋が来るのだろうと思うくらい暑かったけれど、、昨夜は、とっても涼しく確実に秋が近づいていますね。
アニメの文字のように・・・「もうすぐ秋ですね。」

♪ 「サマーコンサート」ポスターから「2007スポーツレクレーション祭り」のポスターが目に留まりました。
やはり、秋ですね。
次は、「パッチワーク展」ですかね。

木の葉が一枚一枚落ちてゆく音が聞こえる、静かな秋を望んで妖精の子供達が笛を吹いているのですね。
過去の様々な文学に詠われた季節の移り変わりの感興は、夫々の季節の特徴ある良さが前提であり、近年のような酷暑の夏は、そういったものの心を崩壊させるようなものでは・・。気候変動が我々の無節操な利便追求の結果が齎したものであることが明らかとなった今、それ故に元に戻る有効な手段を持たない。恐ろしいことですね。どうしたらいいのでしょう。

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私の勤める某役所、このエコライフの時代なのに、ネクタイ着用なんてアホみたいなことを言っていたのですが、さすが今年の猛暑に負けて途中からネクタイ無しになりました。私はずっとネクタイ無しでしたが…。ホントは半ズボンかユカタで通いたいぐらいでした。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★nanbuyaさん、秋、好きですか。いいですね、秋の夜長。若山牧水の歌で 『秋の夜の 歯にしみとおる 白玉の 酒は静かに 飲むべかりける』 ってのがありましたね。私はあまり飲めませんが、焼酎なら少々、夏の水割りから、秋はお湯割りにかわります。

玉清さん、おっしゃるとおり、本当に、今年の陽気は以上ですね。
まだまだ、半そで、半ズボンでいけそうですね!(笑)

今年は特に秋のさわやかな風が待ち遠しい思いです。
以前は去りゆく夏に未練を感じたものですが、それだけ今年は酷暑だったのですね。秋の夜長、それに続く木枯らし、好きな季節です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/111-faa00a61

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。