スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やがて…

やがて…

◆きょうはスケッチをご覧ください。

◆国道ではないから、あまり広い道ではないが、郡上踊りで有名な郡上八幡町を通り抜けて、坂本峠を越え、飛騨高山に通じる道がある。最近は近くに富山につなぐ東海北陸道の完成が近い。既に、高山までは通じているので、この道はめっきり車が少なくなった。その分、ゆっくりと農村風景を堪能出来る。坂本峠の手前から脇道に入る。しばらく行くと懐かしい風景が開ける。段々畑、点在する農家、合掌造りの茅葺きの農家も何軒か見える。

◆そのうちの一軒をスケッチしようと近づく。近づくと人気は無い。でも、最近まで住居として使われていた気配もある。飛騨・美濃の脇道を辿ると、こういう茅葺きや藁葺きの家がまだある。しかし、殆ど住人は居ない。ここから、あまり遠くない世界遺産の白川村合掌づくり群の村の華やかさは、ここには微塵もない。

◆他人は言う『理にかなった建築工法、合掌造りは、まさに匠の技が息づいている』と、確かに、そうだろう。でも、そこに居を置き続けると言うこととは別問題だ。そういう家で少年時代を過ごした友人が居るが、彼は『修繕の繰り返しで、その管理たるや並大抵のものではなかった。そりゃ、現代の建築の住み心地には到底及ばない』と述懐していた。

◆ある人は近くに新築をするが、さらに、過疎が追い打ちをかける。屋根の葺き替えは少人数では不可能に近い。ある人はその家を離れ町にでる。古き伝統の家々は住人を失い、やがて朽ちる。日本の古き良き風景などという傍観者の感傷は、ここでは通用しないのだ。と思いながらスケッチをした。

ポチッと応援クリックお願いします。!

コメント

リガサキさん、おはようございます

★ありがとうございます。
★こちらは山国ですので、建築遺産は農家を中心としたものが多いのですが、リガサキさんの方は商家建築遺産などが多いのではありませんか。街並み保存も大変な苦労があるでしょうね。保存保存と言いながら、行政から十分は補助がなされるわけではありませんし、そこにお住まいの方々の意識に委ねられていることが多いと思います。そこを訪れる人々は、そういう人々の苦労も感じて見学しなくちゃね。

スケッチすごく素敵です!合掌造りとか茅葺きの家ってこちらでは見かけないのですごく新鮮です。
でも、古き良き…とか言うのは簡単ですけど、そんなに甘いものでは無いんですね。観光地からはずれた家の、悲しさが伝わってきます。私の町にも古い町並みを保存している地区があるんですが、改めて大変なことなんだなと思いました。現実は厳しいものですね…。

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★ここ数年CDばっかりでしたが、外でのスケッチも気持ちがいいですね。
★おっしゃるとおりですね。いつかは壊れて無くなるのは仕方ないにしても、せめて、周囲の者たちだけでも惜しんでくれるようなものを描いたり、作ったり、したいものですね。最近、使い捨て文化に慣れてしまって、《貴重なもの》と《100円ショップもの》との区別がつかない自分がいることにハッとします。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★そうですか、白川郷へ行かれたことおありなんですね。あそこは周囲の町村に追随しないで、高山市と合併しないと宣言するほど、観光でやっていけるところです。この絵の合掌造りも白川郷も構造的には同じです。一家族か、数世帯が一緒にいる大家族化の違いで規模が違うだけです。
★スケッチ、久しぶりにやってみると、やっぱり気持ちいいですね。外で、風が吹いて、コーラを飲みながら…。

なかなか・・・

何時もたくさんのコメント&真剣な話題で気後れしてしまい、コメントをするのが遅れてしまい、しないことが多いのですが・・・。
玉清さんの水彩画?スケッチ初めて見ました。
写風人さんのコメントで、こちらの方が本職?だと聞いた覚えが有りましたが・・・?
スケッチ、初めて見ましたが良いですね。

記事を見て思いました、貴重な物がどんどん無くなって行くのですが、今作られているいろいろな物の中で後世の人に惜しまれて行く物がどれだけ有るのでしょうか?物作りを生業としている者としては・・・人に惜しまれる物を作れるようになりたいものです。

!!!

玉清さん、説明、ありがとうございます。
なぞが解けて、「モヤモヤ」が、吹っ飛びました!
私の思い過ごしでした。(笑)

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★久しぶりにスケッチをしました。右端のギザギザはスケッチブックの綴じの部分です。絵の具は〈ニュートン〉というメーカーの水彩透明絵の具で一色一色が小さな皿に入っていて、筆を水に濡らして色を付けて描くヤツです。昔の〈皿絵の具〉と同じですが、このニュートンは実にきれいな色で、スケッチ専用の絵の具です。
★輪郭は箸ペンです。割り箸の先をとがらせて、墨汁をつけて描きました。線に変化が出て、ヘタでも上手く見えるものですから…。

昔々、白川郷に行きました。正月に、友人と大牧温泉に一泊、翌日白川郷へ、当時は真冬に行く馬鹿はいませんでした。白川郷に帰郷するグループにくっついて行きました。二人で行ったら遭難するところでした。今は完全に観光地で賑わっているようですね。飛騨の合掌作りは白川郷の合掌作りと同じものでしょうか?スケッチいいですね、しみじみ眺めました。

???

きちんとした正確なデッサンですね!
・・・これって、画用紙に、鉛筆でデッサンして、描かれたんですよね?
それから、水彩絵の具で?
ても、玉清さんのことだから、これもPCで描かれたんですか?
・・・キャンバスの右のギザギザは?
解らなくなってます、教えてください。(笑)
すいません、変な質問ばかりで・・・。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。井上陽水、好きです。なんか彼自身が自分の青春時代への強い思い入れがあるようで、どれも詩が生きているように感じます。
★人間って、いや特に日本人かな、自分は文化的な利便生活を望んでいるのに、他で古いものが消滅していく社会を批判しすぎる傾向があると思います。日本のような木造文化はいつかは朽ち果てる運命だと思います。もちろんギリギリまで大事にする姿勢は大切ですが…。
★ご主人、こちら方面を訪ねられたことがあるのですね。北海道と違って、旅館の窓をあけると山が額に当たるようなところばかりですが、山の幸はイッパイですよ。是非、ご家族で!

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★万事にわたって利便、効率、が行きわたり、時間が短縮される現代では、もはや、《昔》の維持は不可能に思います。朽ち果てていく《昔》を見て、ただ『惜しいなあ』『なんとかならないものか』と思うだけ、現代人は結局、傍観者です。でも、それが時代の変化であり、文化の移ろいだと思います。こういうことが繰り返されて来たのだろうと、ただ、少々、移ろいが早すぎないか…、とも思いますが。

きらりんさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★そうですね。もはや、こうした建物は《観光》あるいは《文化財》としてしか、残り伝えられないのでしょうね。それでもいい、どこかに昔が伝えられれば、と思います。
★《昔》は、その形あるものに付随して、きらりんさんのおっしゃるように座敷童に代表される民話、方言、などの精神文化も付いています。それは、なくなってほしくないと思いますが、やがて…、です。

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私はこうした昔の木造建物が朽ちていくことも無理からぬことと思います。目の前に不便と快適を並べられれば、自分は躊躇なく《快適》を選びます。こうしてPCで寸時にいろんな人と交流できるのも、快適便利の恩恵に浴しています。《形あるもの必ず滅す》と言った古人は、単に《壊れる》という状況を言ったのではなく、こうした時代や文化の移ろいの中で消滅していくということまで予想していたのでしょうか。

コンニチハ。
この風景を眺めていると、井上陽水の『なつやすみ』が聴こえてきそうです。
合掌造りの茅葺き・・地域のコミュニティあってこその存在だったのですね。
なるほど・・・そうですよね。
そういう業者もなさそうですしね。
その地域で代々つながっていかなければ、終わりが来るということか。

その地域、主人が旅行で感動したといっていまして、
子育てが終わったら、旅行と思っていましたが、早くせねば?
朴歯味噌が絶品!だそうなので。

飛騨の職人さんたちも減ってきているんでしょうか?
いつか、自分の名前入りの包丁を持ちたいと子供の頃思ってたのに。

こんにちは。茅葺きの家は20年に1度は、葺き替えが必要。
村の人が共同で、毎年いくつかの家を葺き替えてゆく。同時に、消費する茅が得られるだけの規模の茅を育てている。こういった昔話を聞いたことがあります。自然界の共生関係にも似た合理性
の中でこういう家は生きてこられたのでしょう。生活の利便は、
意識の問題としても、こういう仕組みのない現代では、もう維持
して行けませんよね。一方、多くの文化が、合理性とか妥協とか
という言葉とは対極の中で生れてきたということも想われます。
ほんとに、難しい課題ですね。

ざしきわらし

この作品を見ていると まだこの家にざしきわらしがいて遊んでいるように見えますね。光の輪が 丁度小さな子どもの影でぴょんぴょんぴょんって階段を楽しそうに降りているように見えます。観光地などで見られる屋根の葺き替えは大勢で協力し合ってやっている姿が日本の伝統の誇るところのように思っていましたが、現実はそうじゃないのですねぇ。
遠くの山々にはなんてすてきなおうちなのでしょう~。
今、まだ残っているうちに私も足を運ばせて見ておきたいと思います。

玉さん
お久しぶりです。☆
外の人間からすると、昔ながらの伝統の家屋にあこがれますが、
居住者の方からすれば、現代の電気仕掛けの生活とはかけ離れていますし、その家屋が出来た当初の環境とも違うわけですものね。
ヨーロッパは外壁は何百年も大切に保存し、中は現代生活に合うように少しずつ改良されているそうですが。

快適な生活ばかりをすると、人間なまるから、自然に近い不便が環境を選ぶ方もいますよね。
何百年もの智恵の蓄積が、過酷な自然環境に耐えてきたともいえますし。
快適生活のために自然環境が破壊されて、結局住み辛い地球にしてしまっていますし・・・難しいところですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/100-cb7a29b7

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。