外で冬越しが出来るか、月下美人

外で冬越しが出来るか、月下美人

★これは数日前の写真だが、今冬はこの辺りに二度も雪が来た。例年にない寒さの日が続いているので、もしかしたら失敗するかもしれないが、私は今冬試していることがある。それは「月下美人」の鉢を外で冬越しさせるということだ。

★毎年、真夏の深夜に妖しく咲き誇る彼女の美しい姿をこのブログにもアップしてきた。
元来、彼女はメキシコなどの亜熱帯地方が原産であるサボテンの仲間なので、四季のある日本では冬の間は家の中に避難させて寒枯れを防がなければならない。私のところでもそうしているのだが、毎年挿し葉をしていたら鉢が増え過ぎてしまって、冬期間の彼女の避難場所の確保が難しくなってきた。ちょうどそんな時、日本でも暖かい地方では冬でも外に出しっぱなしにしている所もあると聞いた。どうも私の居住地辺りは彼女が外で冬を越すことが出来るか出来ないかのボーダーラインらしい。
そんなわけで、我が家では今冬「月下美人」の幾鉢かを外で過ごさせることにした。
もちろん、寒枯れで全滅した場合も考慮し、昨年夏のうちに多くの差し葉をして子孫は残している。

★昨年の12月、彼女に直接冷たい冬雨や雪がかからないように大きな透明シートで周囲を養生した。さて、もうすぐ冬も終わるがどうだろうか?、上部の大きな葉は寒枯れているが、下部の小さな葉は鮮やかな緑を保ちながら頑張っているようにも見える。
鉢たちが蘇るか、このまま萎れてしまうか3月頃には結果がでる。

★が、『鉢の植物が冬越し出来るかどうかを心配している場合か!老体のお前がチャンと冬越し出来るかを考えろ!』と、どこからか聞こえてくる。たしかにそうかも…。

FC2Ad