スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の中学生二人の展覧会

昔の中学生二人の展覧会

★この夏は猛暑の炎天下に飛び出す勇気もなくエアコンの室内でジッとしているだけの老体であった。最近朝夕の風が涼しくなり始めてようやく「こんなことではイカン!」と思っていたところに、名古屋で開催されるの展覧会案内が二通届いた。いけばなの展覧展とイラストの個展で、双方とも会場は別だが会期が重なっていて、しかも偶然にも二人とも私の大昔の教え子だった。
というわけで11日に早速行ってきた。

★名鉄百貨店で開催されていた「いけばな展」に出瓶しているIさんは私が30代後半の頃の中学生で頭の良い絵の上手い少女だった。現在は立花講師として活躍しこのいけばな展にも出瓶いるのだ。
上掲は彼女の作品である。見受けるところ流派の東海地区の指導者たちの作品が展示されているようで、その観客の多さに驚いた。

★「いけばな」に全く不案内な私なりに惹かれたのは、その表現方法の多彩さである。草むらの中に潜む楚々とした自然情景をイメージさせるようなものから、強烈な大自然のエネルギーをイメージさせるような、まるでオブジェのような作品まで、自然界の解釈と表現の幅の広さに驚かされた。さらにそれぞれの出瓶者が自分の表現をいっそうアピールするために花器、剣山、水張り等々「いけばな」に付随するさまざまにまで行き届いた神経が見えた。

★上掲下段のイラストは長年「中部経済新聞」連載小説の挿絵を描いてきたOさんの原画展である。名古屋市民ギャラリーで開催されていた。Oさんは私が20代の横着教師だった頃の中学生だが、当時「こんな上手い絵を描く中学生がいるのか…」と感心したものだ。イラストレーターの彼は特に江戸時代の風俗を描くのが得意のようで、衣類、髪型、持ち物等々その時代考証の見事さも評判である。彼の軽妙洒脱なイラストはどこか懐かしい感じもして惹かれる。

★Iさん、Oさんの作品を鑑賞した後、ぶらぶらと秋に向かう名古屋の街をしばらく歩いた。二人のおかげで久しぶりに外に出た。
私も秋の展覧会の準備を急がねば…
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。