スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おにはそと~

おにはそと~

★スーパーの一角には棚いっぱいに恵方巻き寿司が並んでいて、その中に「ドラえもん恵方巻き」というのがあったので、思わずそれを選んで買ってしまった。『そんなお子様向けを買って!』と家内に笑われながら、二人で南南東を向いてかじった。
ふざけた漫画イラストパッケージのお子様向けなのに、あにはからんや、なんとも美味しい恵方巻きだった。

★その後、節分豆まきをした。二人だけだしご近所に聞こえるような声をだすのも恥ずかしいので小さな声で『おにはそと~、ふくはうち~』とやった。

★そして立春も過ぎた。何処かの酒蔵では「立春しぼり」という一番酒を観光客にふるまったとニュースで言っていた。さらに、その観光客たちは酒のコップを南南東に向けて飲んでいた。「恵方飲み」と言うそうだ。

★ともあれ、今年も各所各地で春を迎える準備は万端である。

★で、フッと思う。毎年『おにはそと~』とやっているが、私にとって鬼とは何か?、強欲、妬み、意地悪、見栄、etc… ウン?、こうして見ると外圧的なものは一つも無い…、全て、自分の内のある鬼ばかり?。
もしかしたら、賢明な古びとは、自らの内なる鬼の存在を戒めるために、年に一度の『おにはそと~』の行事を暦の中に設定したのかも。

福はポチッ、鬼はポチッ!



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。