スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せせらぎ街道

せせらぎ街道

★今年第一号の作品だ。昨秋のスケッチを元にアレンジして描いた。

★今の時期、この辺りはすっかり雪に覆われていると思うが、私の家から100キロ少々北に行ったところに美濃地方と飛騨地方をつなぐ坂本峠という標高約1000メートルの深い峠がある。そこを越えて飛騨に入り数分行くと、小さいけど味わいのある山小屋風のカフェがポツンと佇んでいる。『こんな所に…』と思うが、秋の紅葉狩りや辺りの自然を愛でにくる人たちが結構訪れるようだ。
私も毎年、晩秋の頃にこの辺りの美しいカラ松の風景を見に行くが、必ずこの店で昼食をとることにしている。店に入ると、いかにも山好きとうかがわれる若いご夫婦の経営者が迎えてくれる。街では決して出会うことのないステキな店だ。

★どこの地方でも同じ経緯をたどって自然が少なくなりつつあると思うが、この標高約1000メートルの坂本峠を越える道は、トンネルが出来る以前はかなりの難所で、狭い道幅と絶壁の頂上付近にはいくつかのケルンも積んであった。多分、ここで事故や遭難した人たちのためのケルンではないかと思ったものだ。夜の一人ドライブでここを通る度胸はとても私にはないと思いながら、早く通り過ぎたかったことを思い出す。

★やがてバブル期に入り人の交流や物の流通が盛んになり1980年にやっとこの峠にトンネルが通った。以前とは比較にならないほど飛騨への旅が楽になった。それでも、この峠をはさんだ登り道も下りの道も道幅は狭く、トラックなどの大型車の進入は禁止されていた。峠の分水嶺から両地方に流れ下るせせらぎに沿って蛇行しながら長い時間をかけてゆっくり峠のトンネルに着き、峠を下りて飛騨に向かった。道々窓を開けるとせせらぎの音と木々の葉擦れの音が聞こえた。私はこの道が大好きで四季を問わずよく出かけた。

★まもなく、この狭い蛇行道路が改修されて広い国道472号線に生まれ変わった。急なカーブ部分は直線でつながれ、ダンプやトラックがジャンジャン走り抜ける高速まがいの道路になった。以前のせせらぎ沿いの道は今でもところどころに残骸のようになって残っている。
大自然の中に簡単に車で突っ込んで行ける便利さから、峠周辺には別荘地も多く出来たし、秋には車を停めることもままならないほど紅葉狩り客で混雑するようになった。
そりゃ地元の方々にとっても嬉しいことだろうし、私たちもその便利さを十分に享受しているのだが…。まぁ実に勝手な願いだが、開発もここまでにしてほしい。この美しい峠にこれ以上ブルドーザーのうなり声を響かせないでほしい、と思うのである。

Don't come Bulldozer ポチッ!

スポンサーサイト

2012年賀状展

2012年賀状展

★アッという間に正月が過ぎていきます。それが別にどうってこともないのですが、何か寂しい気もします。時の流れの早さを感じる切実感を最も思うのがこの時期だからでしょうか…。

★まだ新年の欠片がチョットだけ残っているうちに今年の年賀状展を開催します。
最近は干支や年賀状のイラスト素材集がネットや店にいくらでも出回っているので、昔のような文字だけ印刷の賀状も少なくなりましたが、ここに展示した作品は自分で描く、書く、撮る、というオリジナルにこだわっている仲間たちの賀状です。しかし、私も含めてその殆どの仲間たちは普段『年賀状なんか辞めたらどうか!』と言っています。それなのに、いざ年末になると結構凝った年賀状をつくってしまうというのが面白いところです。

★でも、ずっと会っていなかった仲間の健在を一枚の賀状で確認できたりして、やっぱり年賀状もいいのかな…。

ポチッ!

2012、元気にいこう!

2012、元気にいこう!

★2012年を迎えました。皆様おめでとうございます。

★昨年は、悲しみと祈りの年でした。それは2012年もまだまだ続きますが、三陸の方々のお気持ちを少しでも共有しながら自分の生活を創っていきたいと思っています。

★NHK「行く年来る年」で、0時の鐘が鳴ると同時に家内と家を出て、近くの神社に初詣をし、一寝入りをしてから10時頃、少し離れた手力雄神社にいきました。田舎町ですので、いつもの年は行列が参道内におさまっているのに、今年は境内の外を通る車道に沿って延々と詣でる人の列が続いていました。復興と平穏を願う人々の祈りを例年以上に感じた正月でした。

本年もよろしくブログお付き合いの程お願い申し上げます。

2012元気にいこう!ポチッ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。