スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の色

冬の色

★先月の下旬、寒さギリギリまで外に置いていたシャコバサボテンを部屋に入れた。外にいたときに既に大きな蕾が出来ていたし、何輪かの花がついていたが、家の中で多くの蕾が開いた。毎年5月に坊主になるほど茎を掻いて、その茎を別の鉢に植えて増やしている。
最初に花屋で買ったときの一鉢程のたわわな花付きは難しいが、正月にはもう少し花が咲くだろう。この花、結構厄介な花で温度や環境の急激な変化に弱く、家の中に持ってきても下手すると花が咲く前に蕾が落ちてしまう。だから、私は外にギリギリまで置いて出来るだけ蕾も大きくして、出来るだけ花もつけさせてから家にいれる方法をとっている。

★さて、色のなくなったモノクロ世界の冬に艶やかな色があるというのは嬉しいものだ。今でこそ温室育ちの花が年中供給されていて、さまざまな花を手に入れることが出来るが、私が育った飛騨の田舎では、極彩色の紅葉が過ぎると一気にモノクロの風景になった。そんな初冬の風景の中に、柿の木の枝に一つ残った熟した柿の赤色がとても美しいと思ったことを思い出す。

★お正月の風物詩として年末によく報道されている飛騨高山の‘花餅飾り’も、色の無い冬を飾るために古人が考え出した花咲く草木の表現だと聞く。
モノクロ世界にいるから色を求め、極彩色に満たされるとモノクロの静けさが懐かしくなる。自然界の色の変化はその都度、人の心や感情を豊かにしてくれるのだろう。

★私事、ここ一週間、扁桃腺が腫れて悩まされた。年末には恒例の京都での忘年会が控えているので、まいにち耳鼻咽喉科に通ってようやく平常に戻った。
ことしもいい年末を迎えられる気配だ。皆さん、楽しい年末、明るい新年を!!

楽しい年末を!ポチッ
スポンサーサイト

「チョッと喫茶店バッグ・その2」 を作った

「チョッと喫茶店バッグ・その2」 を作った

★もう12月に入った。ついこの前まで暑い!暑い!と喘いでいたのに、もう師走だ、ホントに早い。

★寒くて家の中でジッとしていても手持ち無沙汰なので、「チョッと喫茶店バッグ・その2」を作った。前に見ていただいたやつは、手帳を入れるときにファスナー部分がひっかかって少々不都合を感じたので、今度は3カ所ともファスナーを長くして横のマチまで伸ばした。こうすると口が大きくなり、サッサとスムーズに物の出し入れができる。
どうでもいいことだが、ナンバーズカードも曲がらないでスッと入る。(まだ当たったことはないが…)

★小学校3年生の孫に『どうじゃ!いいだろう。』と自慢げにこのバッグを見せたら『なんか、カクカクすぎてカッコ悪い。』とダメ出しをくった。家内も『そんなにバッグばかりつくってどうするの!どうせ、少し使って飽きて、またヘンなバックを作り始めるのでしょう!』と言った、さすがご明察!。
私は『分かった、分かった、もう作らないから。』と言いながら、今度は入れ口が、ガバッと開くガマ口式の「チョッと喫茶店バッグ・その3」をそのうちに作ろうと思っている。

ポチッといただけば感謝感激です!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。