少女の言葉

少女の言葉

★今年になってからずっと、CGから離れて手描きのこの作品に取りかかっていました。そして名古屋博物館で開催されていた展覧会に出品し、先日搬出してきたところです。それをデジカメで撮ってからジフで動かしてアップしました。

★このタイミングでの展覧会イベントは微妙です。エスカレーター節電停止のなかでの開催でした。
私自身も三陸地方の同胞の現状を見るにつけ普段の創作やこの期間ブログ更新の意欲が少々萎えたことは否めません。
でもこんな報道画面に接しました。家が津波に流されて父親の所在がまだ分からない中学生少女が避難所で語った言葉です。
『いままでの私がいかに幸せの中で暮らしてきたかを今更ながら感じました。これからはこの気持ちを忘れないで…』と、インタビュアーに気丈に応えているのです。家内と一緒に涙を禁じ得ませんでした。私は少女の言葉を聞いて、この歳になって初めて自分たちの環境の幸せを心から実感しました。勝手放題に絵を描いていることが出来る環境にも感謝しました。三陸の子たちが今を乗り越えてたくましい大人に育ってくれることを願っています。

★さて、この絵ですが、私が飛騨で育った子どもの頃から山や林で感じている「自然への畏敬」イメージを描いたつもりです。
山に入り、一人で鬱蒼とした森や林の中を行くと、重なる木立の向こうに何か得体の知れない気配を感じ、風が揺する樹々の音がその得体の知れないものの鼓動ではないかなどと思うことが私はよくあります。その‘気配’の出所が森のなかの何処にあるのか分かりません。でも‘気配’こそが人間を奥深くまで立ち入らせない‘気配’であり、森という宇宙を守っている得体の知れないものだと思うのです。


心中よりお見舞い申し上げます。

★昨日、私たちの地方でもユラユラと動いたのですが、直後、テレビで三陸沖地震による信じられない惨状を知りました。こんなことがあっていいいものだろうかと夫婦で涙しました。
言葉では言い尽くせませんが、被害に遭われた方々の悲しみは察するに余りあるものがあります。
ブログの皆様の中にもご親戚や友人が被害に遭われた方々がお見えになるのではないかと案じております。
★具体的に何をして差し上げることも出来ませんが、只々、亡くなられた方々の御霊に合掌することと、併せて、一日も早い復旧を願うことしかできません。

心からお見舞いを申し上げます。

FC2Ad