スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町内会の盆踊り

町内盆踊り

★私の住む地域の小学校区自治会連合会、というごく小さなエリアで開催される「盆踊り大会」のポスターと各戸に配布するチラシをつくりました。

★少し前まで、私も自治会長を仰せつかっていましたので、その期間はこういう類のことも、自分の普段のデザインという仕事柄、ボランティアで受け持たざるを得なかったのですが、役目を退いた後は、自治会から頼まれても『面倒なのでイヤです。』と言ってやりませんでした。しかし、今年度、私が親しくしていただいている方が自治会長になられたので、この手の仕事をすすんで協力することにしたのです。
でも、描いてみると、町内の掲示板や家庭に配られるチラシで校区の皆さんの目に触れていただけるのも楽しいことだと思っているのです。

★ところで、この盆踊り大会、中学生や小学生がけっこう参加しています。他の盆踊りに行くと、特に中学生なんかは、踊りの外でワイワイ騒いでいたり、露店の周囲でたむろしていたりして、踊りに参加したいのに、踊るのがカッコわるくてウロウロしているというような、シャイなのか、煮え切らないのか分からないようなヤツが多いのですが、ここの盆踊りはその点、多くの中学生や小学生が踊りの輪に加わっていて自慢できます。

★昨年のことですが、夏休みに入ると、町内の小学生の朝のラジオ体操のあとに、子供会の親に頼まれて、家内が簡単な盆踊りを教えていました。わずか2日間ほどでしたが、『少し教わっただけで、当日、踊りの輪に入れてよかったです。』とご近所の奥さん方に喜ばれました。少し踊りの手振りを知っているだけで自信が持てるのですね。

★私?、ダメです。さっき悪口を書いた「シャイなのか、煮え切らないのか分からないようなヤツ」と同じです。

ポチッといただけば感謝感激です!


スポンサーサイト

ディズニーランド

ディズニーランド
★「作品B」が出来上がる直前の今月4日~6日、息子の家族と嫁の両親と私たち夫婦の総勢8名でディズニーランドへ2泊3日の小旅行をしてきました。日程は上の孫娘の誕生日に合わせたのです。息子たちはよくここに行っているようですが、私たちは今回がまだ二度目です。私はテーマパークにあまり興味がありません、と言うよりもゴッタ返す人混みが苦手なのです。しかし、家族親戚が一堂に会する旅ということに意義がありますので、行ってきたのです。
案の定、ランドは混雑の極みでした。3日間とも、大昔に行ったあの大阪万博の混雑の覚えに勝るとも劣らないものでした。

★二日目、何とかいう名前の館で、ミッキーと一緒に誕生日記念の撮影をしてくれるとかで、朝7時にホテルで朝食を済ませ、8名がその館に走り撮ってもらいました。スタッフが私のカメラで撮ってくれたのがこの写真です。撮り終わって外に出ると、もう同じようにミッキーとの記念撮影を待つ親子ジジババが長蛇の列をつくっていました。何たる平和日本!アリガタイことだ!
ともあれ、ミッキーと一緒に写真におさまって満面の笑顔で喜ぶ孫たちの顔をみると、やっぱり来てよかったと思ったのです。

★それにしても、現在の子どもたちがDVDで見るディズニーアニメの多くは、私たちが子どもの頃に映画館で観たディズニーマンガ映画(当時はアニメとは言わなかったように思う)です。それに、私たちでさえ、ミッキーマウスの漫画などは、何時どこの紙面に掲載されていたかも知りません。それほど古くから現在に至るまで、世代を超えて子どもたちを惹きつけるウォルト・ディズニーという大天才には敬服以外にありません。その全てが、このランドに集約されているのですから、この大混雑もむべなるかな、と思います。

★が、喫煙者には辛いところです。ディズニーランドホテルは3階だけにアナグラのような喫煙室が一カ所あるだけです。ランドでもスタッフに『喫煙場所は何処?』と聞くと『この中にはありません』『いや、前に来たときには在ったのだけど…』『以前は在りましたが、現在は在りません』ということで、あきらめてトボトボ歩いていると木立の片隅に小さな喫煙場所があって、何人かの男たちが肩身が狭そうに喫煙していました。さっそく私も仲間入り!
結局、三日間で5本しか吸いませんでしたが、別にどうってことありませんでした。『よくタバコ我慢出来たね~』と家内たちが言うので『俺はタバコなんて止めようと思えば、いつでも止められるのだ。』と、みんなに一応見栄を切っておきました。

★以上、小旅行報告をタバコをくわえながらアップしているところです。

ポチッといただけば感謝感激です!

作品B

作品B

★ようやく「作品B」が、ほぼ完成に近づきましたので観ていただきます。

★キャッチコピーは「Surly,we can fly away !」(必ず、我々は飛び立つことが出来る!) と、書きました。

★可能性や未来に、希望を持てなくなったら人生お終いです。その時々に遭遇する障害を切り崩していったり、取り除いていくことこそが、人生そのものです。
そんな気持ちを、奇妙な飛行物体とコツコツ動く人物の光景に表現してみたのですが…。

★今回は、出来上がりにホッとしてしまって、うまくコメントが書けません。ご覧いただいた方々の感想をいただければ幸甚です。

奇妙な飛行物体にポチッといただけば感謝感激です!


咲き誇る

咲き誇る

★「作品B」が、まだ出来上がりません。つなぎの記事でご無礼を!

★一昨年、このクジャクサボテンは三鉢しかなかったのですが、株分けをして七鉢にしてその中から二鉢を、家内の知人に差し上げました。
昨年はまだ植え替えたばかりで花付きも良くなかったのですが、今春は、ご覧のとおりのビックリするほどの花付きです。華やかで明るくて、玄関先の彩りには申し分ありません。

★差し上げた友人の方は、全く花をつけていないそうです。『春先に家から出して、日当たりのいいところに置いて、毎日水やりも欠かさないのに…』と、おっしゃっているそうです。多分、それがマズイのだろうと私は思います。
私のところは三月に家から出して玄関先の軒下にほったらかしにしているだけです。適当に雨が吹き込んで、適当に陽が当たって、家の間を吹く強い風でときには鉢が倒れたりして、まあ、自然のままにされているのがクジャクサボテンくんの自立心を喚起したのだろうと、勝手に解釈しているのです。あまり大事にされることは嫌うのでしょう。

★ともあれ、この南国生まれのクジャクサボテン、一年中咲いていてくれてもケバケバしくてイヤになるでしょうが、この時期の数週間、玄関先を華やかにしてくれる有り難い花です。

★2年後ぐらいには、また植え替えをして分家をつくろうと思っています。

ど派手なクジャクサボテンくんにポチッと!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。