KEEP FOREST ! (その1)

KEEP FOREST ! (その1)
★100㎝×146㎝のデザイン画としては少し大きいサイズで、絵画的な表現の作品をつくった。が、表現方法にデザインとか、絵画とかいった区分けはない。画家ロートレックや竹久夢二の描いた絵がポスターや化粧品のラベルになったりしているのはご存じのとおりだ。若い頃私たちは北海道の観光ポスターで一世を風靡した栗谷川健一氏のイラストに憧れたものだが、氏のイラストはいつも油絵の具で描かれたものだと聞いたこともある。もともと平面表現にデザインとか絵画とか区分けするのが間違っているのかも知れない。

★今回2点つくったが、久しぶりの手描き作品なので、これまでのCG作品のようにデータをキチッと保存できず、もし作品を手離したり、処分したときに困ると思い、昨日、ブログ友人の写風人さんのスタジオでしっかりと撮影していただき、早速、きょうアップした。

★さて、今回の絵のテーマは「KEEP FOREST!」とした。
子どもの頃に育った飛騨の山々とそこにある深い森林、それは私の原風景の一つである。特に私の育った家は県道から坂を駆け上がった山の中腹にあったので、朝の森のざわめき、夜の静寂、森の奧から聞こえてくる鳥獣の声、等々、その森の神秘さに畏怖感を覚えたものだ。無数の生き物を育む森がそこにはあった。

★絵の中にセミの羽化のイラストを入れたが、樹肌に産み付けられたタマゴは孵化するまで、ほぼ1年かかる。幼虫は樹肌を下り根元から土に潜り6~7年を暗い土中で過ごす。再び夏に根元に近い地上に出て樹肌を登り、羽化してセミの成虫になり、わずか1週間の地上の生を満喫して命を絶える。セミに限らず全ての昆虫や鳥獣、生き物は森の樹や土壌にその命を育まれている。
森から下流に流れて作物の豊穣をもたらす土壌、森から吹き出す清浄な風、森は命の循環に欠くべかざるものだ。

★しかし、いつの日からか、人間だけが森との共生をおろそかにし始めた。都会では忙しなくブルドーザーが稼働し、街並みのメンテナンスに余念がないが、一方、地方に行くと、山は間伐の手も入れずほったらかしの荒れ放題で、樹々も土壌も痩せるに任せているところが全国いたるところにある。
だから今回は、命の森保全のメッセージを描いた。(少々、生意気で青臭く、しかも大仰なテーマだが…)

ポチッといただけば感謝感激です!



しばしのお休み

しばしのお休み

★今、シャカリキで春の公募展に出す作品をつくっています。私たちの会のデザイン部の春の方はサイズの制限がありませんので、ちょっとデカイのをつくっているのですが、思うようにいきません。今回はCGではなく、久しぶりに手描きでやっているのですが、まだ3分の1程度の進捗状況です。3月の搬入に間に合うかどうか焦っているところです。

★そんなわけで、仕上がるまでのしばらくブログの方が手につきません。2月いっぱいには出来る予定なのですが、しばしの間の更新のご容赦を!



FC2Ad