警告

警告
★以前みていただいた「虚塔」から変異した作品である。今回の絵は「虚塔」というよりも「虚島」といったところか…。いま仕上げを急いでいるところだ。あと、左上に何か飛翔物を入れて、キャッチコピーを入れて、全体のコントラストをもう少し強くして完成。バックの白はこのままにしておこうと思っている。

★半年ほど前に、ドキュメント番組で、長崎半島の数キロ西の海上に浮かぶ、俗称「軍艦島」(正式名/端島)の映像を見てショックを受けた。そこには、よくSF映画で観る人類滅亡後の廃墟のビル街そのものが映されていた。
この島、周囲1キロほどの小さな島だが、明治後期に、島の直下に良質の石炭が多量に埋蔵されていることが発見され、爾来100年近く海底採掘が続けられた。困難な海底採掘事業を進めるために島の周囲をコンクリートで巻き固めて、海に浮かぶその姿が軍艦の勇姿に似ていたことから、いつからか軍艦島と呼ばれるようになったそうだ。
最盛期には5000人を越す住民が暮らし、全国に類のない人口密度の高い地区になった。土地が無いから学校、アパート、病院、全ての建造物は高層になった。学校も7階建て、10階を超す高層アパートは32棟も空に向かって伸びていたという。

★日本のエネルギーを、長きにわたって支え続けてきたこの島の石炭採掘も、国のエネルギー政策の転換で、1970年に採掘がストップされ、1974年に完全閉山となる。そして、島内の全ての人々は島を出た。
無人島になってからもうかなりの年月を経た。
今、島には崩落を待つ朽ち果てた高層ビルだけが林立している。映像で見る限り、海の浮かぶこの軍艦島、異様だが、朽廃美としての威容もあり、一方で寂寥感が胸を締め付ける。

★この島を世界遺産にという声もあるということを知り『ん?』と思ったが、関係者の言によれば、『人類が、二度とこの島のような轍を踏まないように、警告の意味をこめた重要な遺産なのだ』と聞いて、納得した。

★魯迅の言葉の中にこんなのがある、『地上にもともと道は無いのだ、そこを多くの人々が通れば、そこが道になるのだ』、が、人々が去った後どうなるのか?、あるいは、強引に人々を集めてしまった後のフォローはどうするのか?。
社会の出来事万端にわたって、さまざまな警告を発している軍艦島の映像であった。

ポチッといただけば感謝感激です!


友人3/なんじゃこりゃ!父子

友人3/なんじゃこりゃ!父子
★羨ましいほどのやる気と才能を持った人間がいます。それが音楽分野となると、音楽が、カラッキシ駄目な私にとっては羨望以外の何ものでもありません。

★私の尊敬する友人Iくん父子の多彩な能力とその生き方には『この父子、どうなっとるんじゃ』と、いつも思うのです。

先ず、JrIくんの方、彼がまだ小学生の時、父親についてよく職場に来ていたときは『小学生なのに折り目正しい、しっかりした子だなぁ』という印象しかなかったのですが、なんと、中学校で吹奏楽部に入り、アルト・サックスを始めるやいなや、メキメキと才能を発揮し、中三になると、各ソロコンテストを総なめにしてしまうほどの実力になってしまったのです。県一位、東海地区一位、全日本2位、と、とどまるところ知らない活躍でした。が、これだけなら音楽才能豊かな中学生で終わってしまうのですが、面白いのはこれからです。彼はサックスをやる一方、なぜか‘手品’に興味を持ち始めます。高校入試を控えているにもかかわらず、日一日と手品にはまり始め、とうとう名古屋の手品のプロの門をたたきます。もちろん、こちらの方も準プロ級の手品師の腕前になってしまいました。
いろんな大人の集まりでサックス演奏に招かれたときも、演奏をして、後で手品を披露し、大人たちはビールを彼はジュースをいただくということもあったそうです。
そうこうしながら、他が羨む進学校にも合格して、現在、サックスでは全国レベルの活躍、手品にもますます磨きが…。
さて、まもなく大学進学、これからどうなるか、彼から眼が離せません、興味津々です。

★次に、彼の父親、Iさんのこと、この彼がまた奇々怪々!。彼は、あの小澤征爾氏の指導を受けて某音大を出ています。卒業後少しの間、プロの指揮者として東京にいたのですが、『こんなヤクザな商売では将来が不安、やっぱり教職に就こう、でも、それも上手くいかなかったとき、どうしよう…』と考えました。そこでとった彼の行動は、仕事に役立つ資格取りでした。そこで取った彼の資格をご覧下さい。
「第三級総合無線通信士」「第二級陸上特殊無線技師」「航空無線通信士」「第一級アマチュア無線技師」「第二種電気技師」その他諸々です。何を考えているんでしょうか、この人。現在は彼が赴任する先々の中学校で指導する吹奏楽部を各コンクールで優勝させる一方、この地方の音楽文化の向上にも尽力してします。そして、彼の家には、以前に取得した数々の資格を生かした趣味が昂じて、屋根を被うほど高くてデッカイ、お化けのようなアンテナが建っています。

★音楽と手品、音楽と無線・電気、この一見ミスマッチの相乗作用が生き方の余裕と才能を伸ばしているという不思議で羨ましい父子なのです。

ポチッといただけば感謝感激です!

ナンジャモンジャとボス

ナンジャモンジャとボス
★ここ数週間、冊子の頼まれ仕事に忙殺される毎日、終日、家から一歩も出ないモヤシのような生活でした。やっと、その仕事も終わりに近づき、久しぶりに外に出ましたが、太陽の眩しいこと!

★で、この仕事に取りかかる前に訪れたナンジャモンジャ(学名/ヒトツバタゴ)の樹のことを、やっと今アップできます。

★私の家から、そんなに遠くない所に、少林寺という古刹があります。その境内のナンジャモンジャの樹が今年は、例年にないほどの素晴らしい白花を付けました。まるで、雪を被った大樹のようです。
このナンジャモンジャという不思議な樹、現在は、温暖化や植栽技術の進歩で各地に見られるようですが、もともとは、中部地方の木曽川下流域と対馬にしか自生していなかった貴重な樹なのだそうです。

★さて、下の絵は、ずっと以前、私の町の一区画の道路を拡幅し、道の両脇に街路樹としてナンジャモンジャを植えたいというボス(市長)の計画に沿って、その完成予想図を描いたときのものです。
このボスは、どこかで希有のお気に入り情報を得ると、すぐ実行したがるという性分だものですから、きっと、どこかで、この樹の面白さと珍しさに目をつけたのでしょう。このナンジャモンジャの苗木の取り寄せも随分な苦労があったと聞きます。が、何年か後に、この予想図のようなナンジャモンジャ街並みが出来てしまったのですから、立派なものです。
まだ、大樹にはなっていませんが、この街並み、今年、白い花がいっぱい光っていました。

★あまり目に触れることもなかった珍種の樹々が、今や市街地でいつも見ることが出来る。
目新しいものが普通になり、斬新な視点が、いつの間にか陳腐になる、世の中の流れは全てそうです。しかし、だからといって「新しいものなんか求めない」「普通が一番いいんじゃ」など言うリーダーには思いを託せない。ボスってのも大変ですね。

ポチッといただけば感謝感激です!


FC2Ad