スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓会/声

同窓会/声

★先日、小学校6年のときのクラス同窓会がありました。クラス同窓会といっても、飛騨の山峡にあった私たちの小学校は2クラスあったのに、クラス替えが一度もなく、6年間同じメンバーという珍しい小学校でした。それだけに6年間のうちにクラスのメンバーの殆どの家に一度は遊びに訪れたことがあるというほどお互いに知りきった仲間だったのです。

★そんな仲間ですから、これまでも何回かクラス同窓会の案内をもらったのですが、私はずっと不義理をしてきました。今回、岐阜で開催との知らせが届き、何十年ぶりに参加したのです。飛騨の郷里に在住の者はクルマに分乗し、岐阜近在に居るものは自家用車で、遠く東京や神戸に住まいする者はJRで、長良川河畔のホテルに参集しました。
何年か前の高山市での中学校同窓会で会った顔もあったし、それこそ何十年ぶりに会った顔もありましたが、でも拍子抜けするほど‘久しぶり感’はなかったのです。少し誇張して言えば、つい昨日、あの小学校で『バイバイ』と言って別れて、次の日の今日また会った、という感覚でした。それほど、寸時にあの時に戻れるというのは、6年間一緒に生活をした仲間の絆が何十年を経てもなお生きているのでしょうか。

★もう一つ、ハッとしたことがあります。声です。声質、話っぷり、話の間の取り方、みんなあの時と全く変わっていませんでした。顔は面影だけを残しながら長い年月が変えていくものですが、声は変わらないものなのですね。少し控えめな優しい声、スポーツ少女だったときのメリハリのある話し方、いつもみんなを笑わせていたユーモア口調、それぞれにあの時とちっとも変わっていませんでした。酒を酌み交わしながら聞こえてくるその声が彼や彼女のあの時を彷彿とさせたのです。
いつも同窓会には不義理ばっかりの私でしたが、『同窓会もいいものだなぁ…』としきりに思った一夜でした。

「皆さん同窓会には参加しましょう!」ということでポチッ!


スポンサーサイト

アマテ紙に描く

アマテ紙に描く

★これはCGではありません。アマテ紙というメキシコの民芸紙にポスターカラーで描いたイラストです。

★以前、メキシコの日本人学校に2年間出向していた先輩が帰国したときにいただいた珍しい紙です。先輩の話によると休日を利用して彼方此方をドライブしていたときに、とある小さな村でこの紙を作っているところに遭遇したそうです。長時間煮詰めた樹皮を岩の上に置いてこん棒でひたすらたたいて伸ばし薄く平らにして乾かしただけのものですが、その風合いと生成の色がいかにも素朴なところに惹かれ、何枚か購入してきたとのことでした。

★このアマテ紙、私たちが知っている紙とはおよそほど遠いバリバリの硬さ、ザラザラ表面とこの色では文字を書くのも困難な代物ですが、そこがナンとも言えない魅力的な紙なのです。さて、このいただいたアマテ紙、どう利用させていただこうかと、長い間、カルトンにはさんでままにしていたのですが、フッと思いつき、こんなイラストを描きました。先輩が回ったであろうメキシコ奥地の村々に残るなんか民族的な風習をイメージしたのです。そうです、世界各地に残るトーテムポールのイメージです。

★トーテムポールならずとも、外敵を威圧したり、寄せ付けないという意図をもった偶像はたくさんあります。日本にも険しい憤怒の表情を持った仏像彫刻などは同じような意図を持っているのだろうと思います。でも、私見ですが、トーテムポールに彫られた神々の顔の表情はオドロオドロして気味が悪いのですが、どこかユーモアがあり楽しささえも感じられます。何故でしょうか?、災害、病、等々見えぬ外敵にあい対しながらも、どこかで自然の流れや運命を受け入れるという、当時の人々の寛容さが、そのトーテムポールに表現された偶像の表情にあらわれているように思えてなりません。

★では21世紀の現在はというと、科学技術や医療技術の進歩は、当時の人々が運命、宿命とあきらめていたことの殆どを克服しかねない勢いです。が、一方でその勢いが地球という、かけがえのない大地の寿命を縮めているのでないかという懸念をだれもが抱いています。当時の人々が恐れた外敵どころか、もっともっと大きく恐るべき敵を自らが作りつつあるのでしょうか、そんな運命なら、そう易々とは受け入れることは出来ないのですが…。

ポチッといただけば感謝感激です!

春
★私の町の健康に関わるイベントのポスターのイラスト部分だけをみていただきます。そのイベントのテーマが「元気に長生きするために」ということで、どんな絵にしようかと考えたのですが、御神輿じいさんにしました。この二人、御神輿を煽って元気に動いている肉体的に頑丈な出しゃばりじいさんではありません。地域の行事や伝統文化を大切にして次代に引き継ぐという、年齢相応の役目を果たそうとしているじいさんです。

★いよいよ春です。今日などは背広を着ているのがつらいほどの陽気でした。桜もポッポッと開き始めた枝があちこちにあり、春到来が一気に加速しました。私の町の「桜祭り」は4月始めですが、この調子だと「葉桜祭り」になりかねません。先般、春の公募展に出したカニとエビの化け物のような、いつだったかブログで見ていただいた作品、あれが某スポンサー賞をいただき、今年もまずまずのお絵描きの出発が出来た春でした。

★さて、この3月末で役所でのデザインの仕事を辞めることにしました。アホらしい出来事もあって昨年の6月頃からその決意をしていたのでが、ちょっと長居をし過ぎたようにも思います。
実は私は最初からPCで仕事をしていたわけではなく、当初は依頼のポスターを手描きやコラージュでやっていたのですが、依頼の数の多さに、とても追いつかなくなり、『こりゃ、CGを覚えるしかないな…、でも俺は根っからのアナログ人間だし…』と悩んでいた頃、先ずブログ友人の写風人さんにフォトショップの手ほどきを受けました。さらに、役所にいたPCのさまざまなソフトの扱いなど、その道のプロの彼とめぐり会い、彼のおかげでCGづくりの手順を知り、イラストレーターの扱いにも慣れて、多くのポスターやリーフレットのイラストづくりをこなせるようになり、やがて仕事のついでにCGで公募展への出品にのめり込んでいったのです。そんなさまざまなきっかけを貰った彼との出会いもあったりして、私にとっては、この役所でのデザインの仕事、珠玉の経験でした。

★これからは拘束されることなくフリーでさまざまな作品づくりに向かっていこうと思っている希望の春なのです。
ところで、先に触れた「昨年6月のアホらしい出来事」、そのうちにブログネタが見あたらないときに‘立つ鳥跡を濁す’の一席として書きますので、乞うご期待!。

それぞれの春をそれぞれに感じてお見えの皆さん、ポチッといただけば感謝感激です!

虚塔

虚塔

★いま秋の公募展に出す作品を作りかけているのですが、これはその作品のバックに配置しようして作っている部分的なイラストです。まだ小さな人物群を入れなければならないし、いろいろ触り足らない途中ですが、アッ、この段階でブログネタにいいな、と思ったものですから載せました。

★さて、ことの始まりはキチッとした基礎を造らねばと思ったのに、いつの間にか見せかけを立派にすることだけに腐心して、より高く、より上へ、だけを目指してしまった建造物です。鉄骨パイプがあり得ない交錯を繰り返しながら上へ上へと伸びています。
誰も登って来られない揺らぐ最上階で『どんなもんだ、高いだろう!』地上を睥睨してご満悦なのは、少数の勘違い権力者だけです。
彼が在りし日に描いた、人々の声や気持ちを包括する‘巨塔’づくりの構想は、権力の年月を経て‘虚塔’づくりとなってしまったのです。

★そんな彼って、世界に、日本に、居ません?。

人々の声や気持ちを大切にして政治をしてくれるリーダーを切望して、ポチッ!

茶店

茶店

★先日、過去に描いたスケッチブックをめくっていたら、この絵が出てきました。

★もう何年前でしょうか、完全に10年は経っていると思います。そのとき奈良公園の片隅にあった売店の風景です。いや売店と言うよりも‘茶店'といったほうがいいようなたたずまいの店でした。
4月、歩き疲れた多くの観光客や修学旅行生たちが、この茶店の将棋椅子に座ってジュースを飲んだり、団子を頬ばったり、寄ってきたシカに餌をやったりしていました。
その光景がいかにも春らしくてスケッチブックを取り出したのを懐かしく思い出しています。

★この茶店、その頃すでにかなり老朽化していたように思いますが、まだ、そこに在るでしょうか。私の奈良公園のイメージは東大寺などの寺社は別にして、この茶店が奈良公園そのものなのです。
今度いつか訪れたときも、この茶店だけはあの時のまま、そこに居てほしい、と願っているのです。

★ところで、この3月の終わりに、なんと小学校の時のクラス同窓会をやる、という通知が来ました。私はいつも不義理をしているので、今回は出席しようと思っています。私が飛騨の郷里を離れてから数十年経ちますが、それ以来初めて会う顔も多分あります。こればっかりは奈良公園の茶店のように‘あの時のままで'というわけにはお互いにいきません。いや、むしろ‘あの時からどのように変わったか'を見るのが楽しみなのです。

ポチッといただけば感謝感激です!


サプリ

サプリ
★これは、私の町でやっているウオーキングイベントの参加者に配るスポーツタオルに印刷するイラストです。街のキャラクター‘ららら’を歩かせました。
実物は予算がないとかで一色刷りです。ほんとうは一色刷りで仕上がるイラストなんて描きたくなかったのですが、そんなヤンチャも言っておれないので、しぶしぶ単色イラストをつくりました。が、せめて、このブログにはちゃんと彩色をして動かす画面にして、見ていただくようにしたのです。

★さて、ウオーキング、皆さんやっておみえですか?、私は、土砂降りの日を除いて、ほぼ毎日夕暮れの街を40分間ブラブラと歩いています。車の排気ガスを思い切り吸い込みながらのブラブラですので、もしかしたら健康のためどころか寿命を縮めるウオーキングかもしれませんが…。

★近頃、人々の健康志向には凄まじいものがあります。各種サプリメント食品の通販カタログ、テレビや新聞雑誌のサプリメント食品の宣伝があきれるほど多いということは、それだけその需要の多さがただならぬものである、と言うことでしょう。
最近では特に‘ヒアルロン酸’なるものの摂取を勧めるサプリの宣伝がさかんです。テレビの画面では『この商品は一生手放せない私の恩人』『階段も上がれなかったのに飲み始めたら数ヶ月で楽に上がれるようになった』とか言う利用者の顔を映すものですから、多くの人はコロッとその商品の虜になってしまうのでしょう。画面の端に小さな字で〈これは利用者の声であって、効能ではありません〉とか〈効果はそれぞれに個人差があります〉などと逃げ口上が書いてあるのですが、そんなものは目に入りません。

★実は、私の家内もそのコロッと虜になってしまった一人です。踊りをやっているのですが、なんでも日本の踊りというのは腰を少し落とした中腰の状態を保つことが基本とかで、腰や膝にかなりの負担がかかるそうで、途中で辞めていく人も結構多いようです。そんなわけで、数年前から‘ヒアルロン酸’商品を飲み続けています。『飲んでいてホントに良かった』と言っていますが、別に飲まなくても踊りを続けていられたのか、飲んだから続けていられるのか、誰にも分かりません。サプリに絶大な信頼を寄せている家内は、この他に‘濃縮黒酢のカプセル’もやっています。
かく言う私も、実は‘サメ肝油’を飲んでいます。

★我が家は、あの「八千草薫さん」や「90歳でスキー現役のじいさん」や「バリバリの卓球ばあさん」の宣伝映像を見て『あんな風に年を取れるなら、今から飲もうか!』と、完全に通販サプリ食品の宣伝の罠にかかってしまっているのです。
まぁ、‘気分的な安心感’を通販で買っているということか…。

サプリ食品の宣伝なんかに乗せられるものか!でも、ホントに効くのかな?、迷ってポチッ!



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。