スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望/汽車

希望/汽車
★あの頃、岸洋子さんが歌う『希望』という歌が流行っていた。東大安田講堂事件で頂点に達するあの壮絶な学生運動が始まる直前のことである。私はノンポリだったのでせいぜい道一杯に手をつないで『安保反対!』のシュプレヒコールをしながら歩くフランスデモというやつに参加する程度だった。
しかし、主体性を無くして、ドヨ~ンと澱んでしまった日本を何とかしたいという仲間たちの熱気は私にも分かった。私たち画学生もダダイスムを気取った抽象画を描くヤツが多かったが、今思えば、せめてカンバスの中に体制への抵抗を表現していたのだろう。

★この歌は、そんな時代背景のなかで流行った。
『希望』というタイトルなのに、メロディーにも歌詞にも、ポジティブさはない。どこか倦怠感がただようデカタンス調の歌なのだが、そういう歌特有の叙情感にあふれていて、いまでもこの汽車をモチーフにした『希望』は大好きだ。

★その3番の歌詞
希望という名の あなたをたずねて
寒い夜更けに また汽車にのる
悲しみだけが あたしの道連れ
となりの席に あなたがいれば
涙ぐむとき そのとき聞こえる
希望という名の あなたのあの唄
そうよあなたに また逢うために
あたしの旅は いままた始まる

現実からの脱皮をめざし、進もうとするがなかなかままならない。でも、やっぱり進まなければ何も見えてこない、今度は路線を替えて進んでみようか…、どうなるか分からないけど…。
私にはそんな歌詞に思える。

★話は唐突に変わるが、私が過去仕事の中でかかわってきた‘不良'と世間から呼ばれる子たちの中の多くも、やっぱり、〈現実からの脱皮をめざし、進もうとするがなかなかままならない〉で苦しんでいた。自分を見つめようとする気持ちがあるという点で、悩みも苦しみもなく現状に安穏として過ごしている子よりは、彼らの方がはるかに将来の可能性を秘めていると常々思っている。

★汽車をモチーフにした歌はたくさんある。話はさらに唐突だが、大月みやこさんの少し前のヒット演歌「女の駅」はこうだ。
はかない さだめね あなた 髪が泣く
夜明けが憎いね あなた 夢が泣く
心悲しい 女の駅は
追って 追って 追って行きたい
汽車が二人を 引き離す

ここでは、自分は汽車に乗れないと、自分で自分を決めつけている。『ウジウジしてないで、あんたも汽車に乗ったら!』と応援したくなる。

★(う~ん、でも、大月みやこ、もいいなぁ…)

ポチッとお願いします。!


スポンサーサイト

アスター

アスターasusuta.jpg
★昨日、飛騨にある両親と先祖への墓参に行ってきた。
戦後、父の実家があった飛騨の山峡の町に大陸から引き揚げてきたときには実家は既に没落していて、家も一片の田地田畑もなく、ただ11基もの先祖の墓石だけが寂しく旧実家の敷地の片隅に林立していたという。外地で結構元気のよかった父は、まだ余力があったのでこの故郷を捨てて、都会に出て10人の大家族のために一から出直そうとも考えたそうだが、母に説得されて、飛騨に留まり先祖のお墓を守っていくことにしたそうだ。

★現在は、その墓石群に父母の墓石も加えて、父の故郷を見渡せるように小高い山の中腹に移転したが、道路からそこへ行くまで足下も悪く、夏は雑草が茂り、ハチや虫が乱舞し、冬は多分キツネの足跡らしきものが雪の上にあったりして、私の息子たちも子どもの頃はちょっと冒険気分で墓参を楽しみにしていた。

★さて、母が生前、いつの頃からだったか、お墓にアスターの花を飾りたいと言い出した。その頃、飛騨の田舎にも新しく入ってきたアスターが花屋の店頭に並びはじめ、この花が流行り始めた頃だと思う。
苗を買ってきて毎年春に植えていたようだがうまく成長しなかった、私がお盆に帰省すると庭を指さしながら『やっぱり今年もアスターは大きくならなかったわ、ここは周囲が木の陰のおおわれているから駄目なのかしら、下のお家はどこの庭にも、アスターが大きく育っているのに…』といつも嘆いていた。
私も、そんな母を喜ばせようと自分の家で毎年アスターの苗を育てたのだが、温暖で虫の多いこの地方では一層うまくいかなかった。先ず、苗の段階で虫が葉を喰う。やっかいなのは周囲の草取りをちょっとおろそかにすると雑草に埋まり、慌てて草を取ろうとすると根の浅いアスターを一緒に抜いてしまう。さらにやっと花をつけるとその花粉に小さなハムシがやってきて、肝心の花の中心部を黒く汚くしてしまう。数年は毎年アスターに挑戦したが、結局諦めてから数年後父母が逝った。

★全くの偶然だが、私の住む市内のあちこちの畑を借りてスーパーに卸す各種野菜をつくっている野菜づくりのプロがいる。そのご主人が私の家の前の畑でも野菜をつくっていて、よく立ち話をするのだが、フッと母とアスターのことや私のアスター失敗の顛末を話したら、なんと彼は野菜だけでなく花づくりの名人で、『先ず、温室で育てた苗をホームセンターで買ってくるようじゃ、アスターは地植えをしても駄目よ、苗が弱いからね、アスターほど虫がつきやすい花はないから、やっぱり種から苦労しなくちゃ』という第一声に始まり、延々アスター成功の秘訣を教えてくれた。数回にわたる植え替えのタイミング、地植えの時のマルチの敷きかた、そのときどきの除虫剤や殺虫剤の種類、肥料の種類、特になるほどと思ったのは『ハムシが花についたら、離れたところからジェットフマキラーをかければいいよ、ジェットフマキラーは蚊やゴキブリだけに使うものじゃないから』と。

★そんなわけで、この三月、彼の教えに忠実に種入れからアスターに取り組んだ。地植えのあともマルチのおかげで根元の草取りの手間が省けた。結果、こんな立派に成長し花をつけた。失敗の株は皆無だった。墓参用にバケツ一杯のアスターを手折ったが、まだたくさん残っているし、手折った下の枝の小さい蕾が秋にかけてどんどん伸びてくるだろう。

★昨日は母が好きだったアスターをどっさり供えてきた。向こうに設置されている花立てでは足りないと思ってので、こちらからも花立てを2本持っていて、墓石のまわりをアスターまるけにしてきた。
『アスターのこと、覚えていたのね』と、母は言っているだろうか…。

ポチッとお願いします。!



水
★せめてもの暑気払いに少し涼しそうな絵をご覧ください。

★私たちの地域は木曽川が市内を流れ、長良川からも近く、さらに大きな地下水の水瓶の上に出来ている町です。そんなわけで、数年前に水の恩恵を認識するためのイベントがありました。これは、その時につくったポスターのイラスト部分です。

★この背景部分、水の流れの冷たく澄みやかで、しかも神々しい感じを表現したいと思っていたところへ、写真家の友人が八ヶ岳山麓に分け入って撮ってきた素晴らしい写真を提供してくれましたので、その中から4枚の写真をフォトショップのツールで合成してつくった背景です。

★水に関しては、日本という国、本当に恵まれた国です。そりゃ毎年降雨量の不足から節水の事態が生じる地域もありますが、総じて生死に関わるほどの水不足はいまのところありません。全国ほとんどの山は、分け入ればきれいな谷水が流れていて、そこに涼の風景をつくっています。こんな幾筋もの谷川が集まって川になり、あるいは地下にしみこみ、下流の私たちの命をつないでいるのです。
水の蓄えがほとんどない大地を抱える国も多くあることを思えば、水と緑のこの大地をこれ以上汚すことは許されません。

★『エッ~!、ガソリンよりも、水の方が高価なの!、信じられない、そんな国…』と、私たちは中東の国々に対して言います。でも、タモリ氏がいいことを言っていました。『いまガソリン無茶苦茶高値で1リットル180円前後、自販機で売っている○○ウォーターとかいう水、以前から500ミリリットルで120円程だから1リットルにして約240円、日本だって、水の方がガソリンよりかなり高いよ』と…。
なるほど!、それほど水は貴重なものと解しておきましょう。

ポチッとお願いします。!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。