スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜島大根から

桜島大根から

39sakurasimazzz.gif

★少し前のことですが、ブログ友人の外道sさんが桜島大根を真上から撮った写真を載せてみえました。私は桜島大根が地上に植わっている姿を実際に見たことがないせいもあって、実に不思議な姿の野菜でした。ジッと見ていると野菜であることも忘れて、不思議な光景にみえてくるのです。

★周囲のギザギザが必死で中心にある何か重要なものを覆い隠してガードしている…、そんな状況の光景に見えて来るのです。
そこで外道sさんの写真から、下のような絵を作ってみました。題して「未知へ!」

★私たちは「知らないこと」だらけの中で生活をしています。自分を取り巻く周囲のことぐらいはおおかた把握しているだろうと思っていても、実は知らないことだらけの私です。多分、自分に都合のいい情報だけを取捨選択して生きているのでしょう。(もちろんそれでもいいのですが…)

★例えば、このブログ、べつにやらなければ、やらないでいいのですが、やれば、そこに今まで知らなかった人との出会いやその人の生き方の世界が見えてきて、大変な刺激になります。見えてきた分だけ自分の幅が拡がったように思うのです。
思えば、十数年前までの私は職場でもアンチPCの権化のような男で、『PCばっかり文書を作っていると字が下手になるぞ』とか『PCばかりと向かい合っているから、職場の交流が希薄になる』とか、みんなに嫌われる言葉をしょっちゅう口にしていたものです。コロッとPC派に転身した今の自分が信じられません。
私はPCに限らずこの種の赤っ恥経験を結構たくさんしているように思います。「知らないこと」「未知のこと」の多くは、そのこと、その人、その物の良さや味を知ろうともしないで自分で勝手にバリアを張っていたというような…。

★知らないこと、未知のことへの挑戦は、結局、自分自身のガードを取り外すことへの挑戦である、とやっと最近にして思います。

ポチッとお願いします。!

スポンサーサイト

方向オンチ

方向オンチ

★この作品、先日見ていただいた作品「地図」の相棒作品です。春の某公募展のデザイン部門に2点出そうと思っています。

★この作品のテーマとは全く関係はありませんが、まあ、地図に近い話題として‘方向オンチ’の話題など如何でしょうか。
私は全くの方向オンチで、例えば知らない町の中に車で入ったとき、道を間違えて右折してしまい、右折してしまったのだから、今度は左折して、もう一つ左折すれば、元の道に出るはずだと思って運転すると、トンでもない田舎の狭い道に迷い込んでしまうというようなことがしょっちゅうでした。そんなわけで今はナビを付けているのですが、そのナビも、狭い変な道に導かれると、前もって聞いていた風景と違うのではないか、と信じられなくなって、ナビを無視して、また迷ったりするのです。

★ですからスイスイと未知の目的地に行くことの出来る人が羨ましくて仕方がありません。私の友人にも動物的な方向感を持った人がいます。以前、某美術館に出向勤務していたときの職場の友人ですが、企画展関係のいろんな作家や講師のお宅に彼と依頼訪問することがよくありました。殆どが県外の初めての土地にお住まいのお宅でしたが、彼は、住所だけを頼りにして、道々の案内標識や交差点にかかっている町名などをチラッと見ながら、ピタッとその目的のお宅の玄関前に車を停めるのです。まだナビも普及していない時代のことですから、この友人の確実な方向感は信じられませんでした。
世界中の海を泳いで、自分の生まれた川に戻ってくるサケ、目印のない大平原を餌を求めて何日もさまよってもちゃんと子どもの待つ岩陰に戻ってくるライオン。私たちはこの友人のことを『人間として進化していない、動物に近いカンの持ち主』と、冗談を言ったものです。

★さて、私の方向オンチ、どうも遺伝するようで、私の長男も方向オンチです。彼が中学校か高校の頃のことです。一度通ったことがある道を辿って目的地に行くとき、私もすっかり道を忘れていて、『オイ、この交差点、右だったかな、左だったかな』と聞くと、彼は『右!』と言います。『そうか、なら左へ行こうか』と、彼の反対に行くとだいたい目的地に近づくというセオリーが我が家にありました。
彼の逆ナビ、結構役に立ったのです。

ポチッとお願いします。!


エコライフ

エコライフ

★いまや、各自治体も、国も、そしてマスコミも環境問題への取り組みに必死のように見受けます。が、ただの掛け声だけのようにしか見えないのは私だけでしょうか。

★真偽のほどは分かりませんが、森林伐採の元凶は日本のパルプ材の膨大な消費という記事を読んだことがあります。そう言えば、毎朝、日本中で起ったニュースやそんなに必要とも思えない記事も集めて満載した数十面にわたるデッカイ新聞と数十枚の宣伝チラシが郵便受けからはみ出しています。ちなみに今朝の新聞は35面もあり、そのうち15面は企業の全面広告でしたし、58枚の宣伝チラシが挟み込まれていました。この量の紙が全家庭に毎朝夕のことですから、何%かの古紙再生をしたとしても、大変なパルプ材の消費でしょうね。でも、その新聞を隅から隅まで眼を通して、各地の出来事に感心したり文句を付けたり、次に宣伝チラシを一枚一枚見ては『オッ、○○店に安い靴が出てるな!』などと言ったりして、楽しい一時を過ごしている私がいることも事実です。

★テレビも、パソコンも、携帯もあるのだから、新聞なんかとらなくても世の中の情報は十分に獲得出来るのに…。いや、テレビを見なけりゃいい、携帯なんか無くてもいい…、でもなかなかそうはいかないのです。

★「その重大さは十分わかっている。分かりすぎるほど分かっている」「批判は出来るけど、その批判を自分にはなかなか向けれられない」、それがエコライフです。とりあえず、たいして不自由さを感じない程度のところからボチボチやってみようか、といったところでしょうか。もちろん私自身のことですが…。

★現在、私の家庭でやっているエコライフらしきものは、本質的なものではありません。物価高騰のおりから、家計が危機に陥らないようにやっている、いわゆる節約ライフです。でも、もしかしたら、ここしかエコライフへの入り口はないのかも…。

☆☆追伸/ここ1週間ほど、カゼを引いてPCに向かう気が湧きませんでした。スキーに行く前から何となく変調に気づいていたのですが、帰ってきて2~3日したら、一気におかしくなりました。疲れがカゼを一層こじらせたと医者に言われました。やっぱり体のエコライフこそ重要か。

ポチッとお願いします。!

春すぐそこ

春すぐそこ

★私は市民向けにさまざまなイベントのポスターをつくっていますが、そのときに自分自身に一つの決め事をしています。そこに描く光景やイラストは必ず具象表現にするということです。そのポスターのおよその内容が小さな子どもたちが見ても分かる、ということを第一条件にしているからです。その意味で、展覧会や個展に並べる個人的なイラストやポスター作品とは全く別物と考えています。

★これは、毎年開催される「市民の健康を考える」イベントのポスターです。昨年は映画「ウエストサイドストーリー」をダジャレて、「ウエストサイズストーリー」という惹句を書きましたが、今年はその‘パート2’と言うことでこんな絵にしました。バックに、この前行ったスキー場から撮った御嶽山の写真をなにげに貼ってみました。

★一昨年のことですが、役所の連れと近くの山に行ったとき、尾根道で多分、父子とおぼしき二人とすれ違いました。これも多分ですが、メタボオヤジの運動不足を心配しているムスコがハイキングに誘ったのではないかと、そのとき思いました。とても暖かい光景でした。
昨日、今日と、冷たい風もおさまり、日中の日差しにぬくもりを感じます。まさに三寒四温を実感します。そんな日に、このポスターの依頼があったものですから、つい、こんな絵にしてしまったのです。
春はすぐそこです

ポチッとお願いします。!

スキー

★昨日は思い切りスキーを楽しんだ。高速出口から近い奥美濃地方のスキー場は県外の特に関西地方のスノーボード客で混み混みになるので、少し遠くなるが飛騨のモンデウススキー場まで足を伸ばした。私の家から約125キロだ。途中、郷里に寄って父母の墓参を済ませ、到着したのが午前10時過ぎ、快晴、おまけに風がない。運がいい!スキーは長短2台持参したので、どっちにしようか…。スキー

★なんと人影を探すのが難しいほどガラガラに空いている。
ontake.jpg

★早速、リフトで頂上へ。私の敬う御嶽山が眼前にせまる。あの麓に私の育った村がある。
kitaalupus.jpg

★北アルプス連峰の稜線が北西に向かって連なっている。
kage.jpg

★さっき、頂上付近を圧雪車が通って行ったが、その跡がクッキリある。きょうの新品の雪だ。
 さぁて、滑るぞ!
★まだ20代の初め、県境の平湯温泉の職場に新任した頃、平湯スキー場で毎日滑っているご年配のA氏がいた。旅館の経営を全て長男一家に委譲して、「やっとスキー三昧が出来る」とおっしゃっていた。「自分もあの年齢までスキーが続けられるといいなぁ」とリフトからA氏の滑りを羨ましく眺めていたものだ。そして、いつの間にか自分もその年齢になった。
こうしてスキーを続けることが出来ることを有り難く思う。
ski.jpg

★昼頃になってもゲレンデはガラガラ、リフト待ち時間なし、一日券2500円の安さ、ピストン状態で滑りまくった。ヒュッテのレストランでカツカレー、スキー場の食堂にしてはなかなか美味い。
午後から、食堂で知り合ったボーダーくんと一緒に滑る。彼に一枚撮ってもらった。
sayonara.jpg

★午後2時頃、雪も緩んできたし、帰り道の凍結も心配なので森林コースから乗鞍嶽を撮って終了。今シーズンあと一回でいいから、ここへ来たいと、念じつつ車にスキーをしまう。

ポチッとお願いします。!





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。