fc2ブログ

春の庭/花暦

hanagoyumi.gif

★2023年になって、やっと2回目のアップである。ホントに全ての行動がノロノロで億劫で面倒になってしまった。しかし、今年のサクラはビックリするほど早く来て、瞬く間に北に旅立ってしまった。自然界では多少の早遅はあっても、毎年そこにその花が咲き、その辺りにその雑草が鬱陶しく広がっている。『さ~て、草取りをやるか…』としゃがみながら周囲を見ると、そこかしこに次の花の蕾らしきが見えて、こんな狭いスペースの庭の中でも自然界はキチッと規則正しく花暦を刻んでいることに気付く。

★春の庭/花暦
①しゃが=3月中旬
たびたびアップしているのでご存じ方もお見えだが、数十年前に私の故郷、南飛騨の町のシャガを毎年持ってきて移植を繰り返し、数年後にようやく根付いたものだ。現在、我が家の庭でドンドン増え続けている。遠い日の思い出と望郷の念とともに私の最も好きな野草である。

②すずらん=3月下旬
これも数十年前、故郷の象徴である御嶽山の飛騨側裾野に広がるS高原から移植した物が元株である。試行錯誤しながら狭い土地の彼方此方に植え変えていた。その間、雑草に囲まれたり、株が増えたり、絶滅寸前まで減ったり、を繰り返した。結局、今のところは、いくつかの鉢に分けて植えて、初春は日当たりの良い場所、夏は木陰に、という具合に鉢ごと移動することにしている。本当は地植えにしたいのだが…。

③卯の花=3月下旬
ずっと以前、家内が何処からか木の枝を持ってきて『この枝、土に挿しておくとすぐ根がついて花も咲くそうよ』と言って、庭に端に差し込んだのが最初である。生命力が強く放っておくと密集した枝が伸び放題になり通り道の邪魔になるので、今は秋口頃にバリバリに剪定し40㎝ぐらいの高さの裸の枯れ木のような状態にする。でも年が明けると無数の新芽から小枝が伸び、3月にはこのように真っ白な小花が光る。

④花名不明?=4月上旬
これは山野草ではないし、何処かでよく見かける花でもある。が花名を知らない。でも懐かしい花だ。ずっと以前のことだが、家内とウォーキングをするコースに、軒先の縁台に趣味の花の小鉢をいっぱい並べている老婦人がおみえで、目が合うと『こんにちは』『こんばんは』と交わして過ぎた。ある日老婦人が花鉢を持って私たちを待ち受けていて『毎日ご苦労さん、良かったらこの鉢をあなたの家の何処かに飾ってくれる?』と言いながら手渡された。もう十数年前のことである。その後、株も増え鉢も広い物に変えながら現在にいたる。老婦人は何年か前に他界されて、花鉢が置かれていない縁台だけが今もある。

⑤せっこく?=4月中旬
確か(せっこく)と聞いたように記憶しているが自信はない。現役の頃、同僚が『実家の父が山から採取してきたもので、結構珍しい野生ランの一種だそうです』と言いながらいただいた花だ。自然界にとっても、マニアにとっても、貴重な植物であろうことは、その全体の姿や雰囲気からも、茎や葉や花のフォルムからも、素人の私でも納得できる。私は、この花には下手に人力を加えない方が良いのか、あるいは何か手入れの方法があるのか、ユーチューブなどで調べながらも、結局、樹と塀がつくる木陰あたりに一年中放ったらかしにしている。それでも少し茎や葉が増え、全体が大きくなっているように思う。この植物、美しさに加えて野生の頑強さもある。

シャガ

シャガ

★今年もシャガが咲いた。三十年程前の事だからもう時効だと思うが、飛騨の実家の近くの神社境内にシャガの群生地帯があって、そこから地下茎で繋がった数株を引っこ抜いて100キロほど南下したところにある我が家の庭に移植したのだが全く根付かない。毎年墓参で帰郷するたびにこのよろしくない行為を何年続けただろうか、ようやく根付いてくれたのは約10年後である。なぜこの野草が造成された我が家の土に根付いてくれたのか分からない。もしかしたらポツンとしていた我が家の周囲にも家やマンションが建ち並んだことで強い西日が遮られ土の乾燥を防いだこと、周囲の建物や木々の間から差す陽光がこのシャガの故郷である飛騨の木漏れ日の林に近くなったこと、等々があると思っている。

★今は飛騨の家も家族もなく離れた場所に墓石が残るだけだが、数年前、まだコロナがないときにその集落の神社にも立ち寄った。花の時期が過ぎていたこともあるが、あの濃い常緑のスーッとした葉が随分少なくなったように見えた。すぐ横を流れていた谷はコンクリートでガンガンに固められて、少し上流にでっかい砂防堤が出来ていた。環境の移り変わりに適応して、ここのシャガの地下茎がこれまでとは違った新しい方向に逞しく延びて行ってほしい、と願うばかりだ。

★飛騨から分家した我が家のシャガは増え続けている。敷地境のブロックに沿って地下茎が延び続けている、私は毎日、雑草取り、真夏の水やりをしながら見守っている。このあたりの街中では珍しいので近所の人が時々見に来てくれる。

★私が特にシャガに強い思い入れを持っている理由があるのだが、いずれ機会があれば聞いていただきたい。

君子蘭

君子蘭

★何処のどなただったか忘れてしまったが、いろんな方からいろいろな花の苗や株や種をいただきながら我が家の庭をいじってきた。猫の額ほどの狭庭なので植木鉢もそんなにたくさん置けないのだが、根っこの際から新芽が出て大きくなってくると折って捨てるわけにもいかず、別の鉢に植え替える。そんなことを何年も繰り返しているから、いろんな花種の鉢が増え過ぎて、それらを冬越しさせるのが大変である。
冬の家の中のほとんどは鉢で占められている、さらに近年は季節の変わり目がはっきりしないので鉢をいつ頃外に出したら良いのか迷う。

★今年の場合は寒さに弱い月下美人やクジャクサボテン等々の鉢をやっと3月1日に外に出した。
上掲の君子蘭も3月1日に出したものだ。ちょうど一ヶ月が過ぎた4月1日にほぼ満開状態になった。今春は堤防のサクラをじっくり、ゆっくり愛でるのも気が引ける。せめて玄関先の君子蘭の美しさを愛でよう。

★今はただ新型コロナウイルス蔓延の終息を祈るばかりである。

早いサクラ

早いサクラ

★今年の冬の寒さは特に厳しかった。老体はただ家にすくんでジッとして春の訪れを待つしかなかった。ところがどうだ!厳冬の冬から一気に気温が上昇し、いつもの年より10日以上早いサクラの満開になってしまった。この写真はそろそろ散り始めのサクラである。今年は早咲きすぎて沿道に屋台の店が一軒も出ていないから、カヤカヤとした喧噪もなくサクラが一層美しく清らかに見える。

★私の町は4月1日から「桜まつり」が始まるのだが「葉桜まつり」になりそうだ。ま、それもいいか。事程左様のサクラを迎える準備が全く出来ていないのにサクラはまもなく北へ旅立つ。

何はともあれ、春がきた、嬉しい!

ゆくサクラ

ゆくサクラ

★きのう今春最後の花見をした。この辺りは一昨日からずっと強風が続いていて私たちはサクラ吹雪の中を歩いた。この時期にしては少々冷たい強風だったが、その肌寒さがゆくサクラへの感慨を一層募らせた。

★強風が花びらを剥がして川面に運ぶ、ひっきりなしに水面を流れる花筏をエサと間違えたのか、あるいは花筏の水面に興奮したのか、鯉が浅瀬で暴れている。サクラはそのゆき際のギリギリまで、何かを見せてくれる。

★今春のこの地方のサクラは入学進級の6日~7日に晴天のなか満開を迎えた。その後低温の日が続いたためにしばらく堤防は満開のサクラが続いた。そして昨日のすごい花吹雪、申し分のない今春のサクラだった。

サクラ

サクラ

★そろそろサクラも三陸地方に到着した頃だろうか、今日は全国的に久しぶりの青空が広がったようで、サクラを見上げる三陸の皆さんの笑顔を想像している。

★この写真は4月に入ってたった一日だけ晴れたときの私の町のサクラ風景である。満開サクラと青空と子どもたちの入学式がしっかりと重なるのが理想だが、自然はそんな我々の勝手な希望に簡単には応えてくれない。

★今年のサクラ、天候にも、満開期間の短さにも若干の不満はあったが、それにしても、この時期は何処に行ってもサクラが咲いていて、街中にサクラ吹雪が舞う。日本人で良かったとしみじみ思う春でもある。

玄関先

玄関先

★サクラが行ってしまい少々さみしい気分になっていたのだが、心配しことはない。サクラの後の玄関先には様々な花鉢が置かれ各家々は春たけなわを満喫している。これから其処には鉢を換え、花を換え、その時々の花が秋口までまで続く。
四季のある日本は実にいい。

★我が家の玄関先もサクラ以来クンシランが陣取っていた。このクンシランは20年程前にいただいた一鉢を株分けしながら増やしたものだ。その都度彼方此方の知人に差し上げたが、それでも5鉢残っている。間もなくクンシランの時期も終わるが、次はクジャクサボテンがここを陣取る。その後は月下美人の鉢だ。

★私がブログでいろんな花の育てている話題をアップするので、昔の友人たちの中には『玉さんらしくない』『玉さんが花を愛でる筈がない』と言うヤツらがいるらしい。私が何をしようと余計なお世話だが、他人が私に抱いているイメージを裏切るのもまた楽しい。

サクラ

サクラ

★「冬が長く寒かったせいか今年ほどサクラを待ち焦がれたことがなかった」と感じるのだが、思えば、昨年も一昨年も同じ思いでサクラを待っていたことに気づく。
先日、テレビで見たのだが、羽田に降り立った東南アジアの国からの観光客が「まず日本のサクラが見たい」と言っていた。
毎年この時期に感じるのだが、美しいサクラの国に生まれ育ったことを幸せに思う。

★それにしても今年のサクラは短かった。強い風のせいもあるが一週間も経たないのに、もう花吹雪が始まった。
これからサクラ前線は北上するが、三陸地方に着いたらもっと長く留まって、まだ癒えない人々に希望のピンクを見せ続けてほしい。



球春甲子園/中林くんの選手宣誓

球春甲子園/中林くんの選手宣誓

★私はそれほど野球に興味があるわけではないが、甲子園に集う高校生たちの清々しさ格別である。今年の選抜の開会式に見る彼らも最高だった。

★各校チームに大きな声で行進曲の拍子掛け声を叫ぶ選手がいて、その掛け声に合わせてダッ、ダッ、ダッ、と行進していく。彼らはみんな腕を肩の高さにまで振りあげながら、ピシッと足並みの揃った行進である。
世間から何かと言われがちな若者世代を代表して『俺たちはヤルときはヤルんだ!』と叫んでいるように見えた。

★広島の中林くんの選手宣誓がまた素晴らしかった。『甲子園という最高の舞台に、最高の仲間たちと立っている。故郷の人々の支えられてここまで来れたことに感謝し、爽やかで、すがすがしい自分たちの姿が日本の人々の未来に光を与えるものと信じて…(後略)』私は胸にグッとくるものを押さえながら中林くんの宣誓を聞いた。

★それにしても恥ずかしいのは○○大臣をはじめ大人たち三人の挨拶であった。3人それぞれの内容かと思いきや3人とも同じ内容のありきたりで分かり切った凡庸な中味だった。しかも、3人とも原稿を読みながらの長々挨拶だった。原稿など無しで選手たちの面々をシッカリと見すえながら単純明快な励ましの祝辞を述べたほうが、どれだけ選手たちが喜んだことだろう、と思うのだ。
『アンタたちも中林くんのように、自分の言葉でしゃべれ!』と、私はテレビに向かった言った。

3月、やっと春

3月、やっと春

★それにしても今年は寒くて長い冬だった。私は少年時代を極寒の飛騨で育ったので少々の寒さなど、どうってことないと思っていたのだが、近年、ジジイになるにつれてやけに冬の寒さがしみる。

★少し気温が上がった先日、終日雨が降った。この時期の雨、‘芽出し雨’とも言うそうだ。次の朝、庭に出ると庭の枯れ雑草の根元に小さい緑の芽がいくつかみえた。

★その日以来、ずっと晴れの日が続き、一挙に春らしくなった。風はまだ冷たいが寒く感じない。外から戻ってきた家内も『堤防のサクラの花芽が少しふくらんだみたいね。』と言った。

★自然界の現象がそんなに急変する筈がないのに、ただ、2月から3月にカレンダーを一枚めくっただけで全てを春に結ぶ。美しい四季の恩恵を享受している日本人のDNAがそうさせるのか?。

★昨日、近くの公園を歩いた。3月になって急に、春を待つ人、春を見つける人がここにも増えたようだ。
このイラストは、そんな風景を描いた。

ポチッ!