孫の絵/日本モンキーパーク

孫の絵/日本モンキーパーク

★久しぶりに孫たちの絵です。上の娘はもう小学校の4年生です。下の娘は3歳になりました。
毎年、上の孫娘は犬山市のある「日本モンキーパーク」が主催する写生会に参加しているのですが、今年は下の孫まで一人前に参加してきました。上の絵が4年生で下の絵が3歳です。

★自分の孫の絵を誉めるのもどうかと思いますが、4年生になると結構大人びた絵を描きます。リスザルの体の向きの変化や木の幹のタッチなど、それなりにモノになっている描き方のように思います。彼女の描き方を見ていると何か一気に描くので、私が『オイ、そこの形、チョット違っているだろう』というと『いいの、いいの』と言いながら、ドンドン先に描き進みます。一筆一筆に未練がないというか、立ち止まらないというか、そういう描き方です。
でも、だからこそ絵が新鮮に見えるのかもしれません。こねくり回す私の絵とは勢いが違うように思いますから…。
彼女たちは絵を描くとサッサと隣の遊園地に走っていきました。どうも、写生会よりもそっちの方が目的かも。

★ところで、この犬山市の「日本モンキーパーク」、世界のサル70種、約900頭を飼育展示する施設ですが、普通の動物園とは少々異なります。あの「京都大学霊長類研究所」は京都にあるのではなく、この「日本モンキーパーク」に隣接した敷地にあるのです。人類の歴史や人類の未来の安寧を研究するために「日本モンキーパーク」のサルくんたちは多いに寄与しているのです。

リスザルにポチッと!


絵描き競争/孫のデッサン

絵描き競争/孫のデッサン

★もう上の孫は2年生です。幼稚園の頃は毎週日曜日に私の家に来て、お絵かき教室に参加していたのですが、小学校に上がってからは彼女なりに忙しくて、遠ざかっています。でも、ときどきやってくると、先ず『砂糖のイッパイ入った紅茶をつくって!』次に『お昼は焼きうどんにしてね。』食べ終わると『おじいちゃん、絵かき競争するよ。』が、定番化しています。

★その「絵描き競争」なるものですが、彼女がその時々のテーマを言って、それに関する絵を描く競争を彼女と私がするのです。どちらがたくさん上手に描いたかを判定するのはいつも彼女です。毎回『おじいちゃんより私の方が上手い!』と、彼女は判定します。

★昨日もやって来て、バレンタインチョコを渡すや否や紅茶と焼きうどんに先んじて絵描き競争の挑戦をしてきました。『よし、きょうのテーマはなんじゃ?』と聞くと、『え~と、きょうのテーマはホテルね。』と言いました。どうも、彼女の家族で旅行をしたときに泊まったホテルのイメージがフッと浮かんだようです。

★彼女はホテルの外観や部屋の中やらを次々に鉛筆で描いていきましたが、その中の数点がこれです。私はそのデッサンに少なからず驚きました。
ソファに寝転がっている絵、ケーキか何かを食べている絵、自動按摩機からニュッと手が出てきて肩を揉んでいる絵、物と人物の絡みに奥行き感と立体感があって、小学校の2年生にしてはなかなか上手いデッサンだと、ジジ馬鹿ながら思ったのです。

★『すごく上手だぞ!』と誉めると、彼女は嬉しそうにして紅茶を飲み、焼きうどんをたらふく食べて、意気揚々と帰っていきました。

お絵描き、ポチッ!

孫の絵・カニ

孫の絵・カニ
★久しぶりの孫の絵です。もう6歳、来年は小学校1年生です。

★幼稚園最後の遠足がありました。晴れた日と雨の日の場合の行く先が異なっていたのですが、彼女は当日雨が降って大喜びだったそうです。雨が降ったときの行く先はの水族館だったからです。彼女は水族館が大好きでこれまでもあちこちの水族館に連れて行ってもらっています。

★この絵もその遠足で水族館にいったときのことを描いたものです。なぜカニをモチーフにしたのか分かりませんが、水槽の中で動いているでっかいカニの姿がよほど印象に残ったのでしょう。

★彼女の絵の描き方というか、画面の作り方で、お絵かきを教えている私自身が教えられることはたくさんあります。最もうらやましいと思うのはイメージの展開の仕方です。
この絵でいうと、最初にとにかくでっかいカニを描く、その時はカニ以外のことは考えていないのです。先ず、カニを描いたら、別の水槽で見たヒトデを描き、さらに別の水槽のサカナを描く、途中で『観ている子たちは描かないの?』というと『アッ、そうか』と言いながら、人間を描き加える。さらに、色塗りの段階にいたっては、普通おとなたちは、カニの絵ですから、砂地っぽいバックを考えるのですが、彼女は躊躇なく広い海か川をイメージして青系統で塗りつぶします。カニの体の色付けはまるで模様感覚で彩色します。
かくして、無国籍カニの絵が出来ます。

そして、描き終えると、もう自分の絵を振り返ることはありません。『おじいちゃん、ホットケーキつくって!』と言いながら、私を台所に引っ張っていきます。私を絵の先生扱いするときとおじいちゃん扱いするときの区分けも明快です。

★さて、絵やイラストを描く私は往々にして最初に思い描いた画面全体のイメージ、作品設計図に固執し過ぎです。描いているうちに設計図よりステキな部品が思い浮かぶかもしれません。設計図がいいとは限らないのです。作品をつくりながらドンドンとイメージをつくり、イメージを変えていく、6歳の彼女の制作方法に学ぶこと大です。

ポチッといただけば感謝感激です!


やどかり

やどかり

◆また、孫ネタです。

◆私は、土曜日ごとに孫相手の「お絵描き教室」をやっています。一応その時々の出来事をテーマにして『〇〇をしたときの絵を描こうね』てな調子で始めるのですが、彼女が、気分が乗っているとき、乗っていないときでは、絵の様相が全然違います。(まあ、それは幼児の彼女に限らず、学童でも、大人でも同じことですが…)ましてや、テーマと描き手の気分がピタッと合うなんてことは、滅多にありません。

◆その点で、この絵は良く描けていると思います。
この怪獣のようなもの、じつはヤドカリなのですが、家族旅行をしたときに海辺で初めて出会ったヤドカリが、よほど珍しく、奇妙で、得体のしれない生き物に見えたのでしょう。
その記憶と印象の大きさが、墨汁の筆勢と構図に表現されていると思います。

◆ちなみに、この作品、国土交通省が所管する某関係団体主催の子どもの全国公募展で‘大賞’をいただき、過日、彼女と両親が表彰式に行ってきたところです。しかし、彼女はそれよりも、その帰りに連れて行って貰ったディズニーランドの方が、はるかに嬉しかったようです。

ポチッとお願いします。!


孫のサルの絵

孫のサルの絵

◆5月に愛知県犬山にある《日本モンキーセンター》の園内で写生大会があり、5歳の孫が参加しました。その作品が、なんと《園長賞》に選ばれて、この16日に表彰式がありました。私は行きませんでしたが、夕方、たくさんの賞品を抱えて一家で喜びの報告に来ました。

◆展示されていたのを親がデジカメで撮ってきたので、ここに載せました。見てやってください。

◆これまでも、2回ほど彼女の絵を見ていただきました。身内のことをほめるのもジジバカで申し訳ありませんが、彼女の得意技は筆に墨汁を付けて、いきなりザザァ~と輪郭を描いてしまうことです。だから、結構、力強く、ハッキリした絵になるようです。

◆この年齢の子の対象のとらえ方は不思議です。対象の大きい小さいとか、遠い近いとか、物の位置関係などはどうでもいいようです。要は、そのときの印象が最優先した絵になるようです。小さな印象派です。
この絵の場合はこうです。最初、写生のポイントを探していたとき、遠くの猿山の上にかかる吊り橋の上で、いきなり『キィヤ~キィヤ~』と凄まじいボスサルの叫び声が辺りに響き渡りました。度肝を抜かれるほどビックリしました。結局、彼女の絵は、叫ぶボスザルと驚く自分をデッカク描くというものでした。

◆白い画用紙を前にして、なかなか最初の一筆が描けないという人がいます。やっと描けても小さな絵になってしまう…。この状態を画家や書家の中には《白の恐怖》と呼ぶ方もいるそうですが、彼女は墨でザザァ~と描くことを繰り返しているうちに、この《白の恐怖》はクリヤーしたようです。

ポチッと応援クリックお願いします。

こちらもポチッとお願いします。!

ホットケーキ

ホットケーキ

★「4歳孫のお絵描きの輪郭を頂戴するシリーズ」の第2弾です。
★以前、私がホットケーキをつくっていたのを興味深そうにそばで覗いていたのですが、それ以来、彼女はお絵描き教室の後、必ず、『ホットケーキをつくろ!』と言うのです。タマゴを割ったり、お砂糖を入れたり、粉を混ぜるのを手伝いたいのです。最初はキッチンが粉にまみれて大変でしたが、最近では要領を得て、放っておいても彼女なりに、その三つのお手伝いはほぼ出来ています。自分がお手伝いしたホットケーキは、やはり美味しいか、その食べっぷりのいいこと!
★この絵はまだやらせてもらえないフライパンの段階を絵にしたようです。きっと、フライパンの段階を自分でやりたいのでしょうね。
★ホットケーキ作りの指導はいつも私なのに、この絵ではどうも右端のオッさんが私のようです。台所はお母さんやおばあちゃん、というイメージが彼女の中にあるのでしょうか。

応援クリックお願いします。

もう一つクリック、嬉しいです!

トランプ

トランプ

★毎週土曜日に4歳の孫が、私の家に来て【お絵かき教室】をやっています。この絵は先週の教室で「トランプをしたよ」という絵を描いたとき、彼女の得意な‘墨汁の輪郭’を描いた段階でデジカメに撮り、そこへ私が色や形を差し込んだものです。いつかキラリンさんが言っていた孫とのコラボです。彼女自身の色つけは今週の教室です。
★彼女は正月に遊んだトランプにはまりこんでしまいました。もう2月なのに、いまだに家で母親を相手にトランプだそうです。母親は『もう~、どうにかしてよ~』と悲鳴をあげながらも「七ならべ」や「神経衰弱」を教えたようです。すると、どうでしょう!最近では自分の手のひらより大きなカードを何枚も扇型に広げて左手に持ち、右手でサッと抜いてパッと出すのです。4歳なのに、私たちより手際も、実力も、カンも上になったのです。
★私はフッと思いました…。『やっぱり、繰り返し活動や経験の積み上げが能力アップの最良の手だてか、そういえば、最近の小学校って、ドリル学習がめっきり減ったけど、だいじょうぶ?…』と。

孫の暗号?

孫の暗号?

4歳の孫が覚えた文字を懸命に書いていました。しかし周りで見ていた大人たちが『そこはこう書くの』『いや、そこんとこはまっすぐ下に突き抜けるの』などとギャーギャー言うものですから、彼女は『いいの!』と言って文字を書くのを止めて、今度はドンドン暗号か、記号のようなものを書き始めました。彼女曰く“秘密の字”だそうです。その一つ一つがあまりにも面白い形だったものですから、さっそくスキャナで撮り、イラストレーターの下に敷いてペジェでなぞらえ、こんな風に仕上げて見ました。幼児というのはとてつもない面白い形を創り出すものですね。とても大人には出来ない奔放形です。画面右のHPへのリンクバナーの顔のイラストも彼女の落書きを頂戴したものです。

FC2Ad